歌詞対訳講座



3.スターバト・マーテル

 これも聖母マリアに関する曲です。「スターバト・マーテル」という歌詞ではじまる歌は2曲あり、もう1曲は幼児イエスの傍らに立つマリアへの賛歌で "Stabat mater speciosa(輝かしき御母は佇みたもう)" と続きますが、ここでとりあげるのは "Stabat mater dolorosa(悲しみに暮れる御母は佇みたもう)"の方です。一般的には、スターバト・マーテルというとこちらの方を指します。
 これはフランシスコ会修道士ヤコポ・ダ・トディ(1228頃〜1306)の作と伝えられる、悲しみの聖母に対する祈りで、「聖母マリア7つの悲しみの記念日(毎年日が変わる1級祝日)」と「聖母マリア7つの悲しみの祝日(毎年9月15日、2級大祝日)」のミサにおいて続唱(セクエンツィア)として用いられるものです。
 続唱(sequentia)というのは、もともとは音を続ける(sequor)うたい方で、特に「アレルヤ唱」の中で母音を長く続けてうたう歌唱法のことを指していました。が、10世紀頃から母音で長く伸ばすところに散文詩をつけるのが流行しだし、その詩も徐々にリズムや押韻の整ったものが表れてきました。しかし、1545年から1563年にかけて行われたトリエント公会議で、4つの続唱のみを公認し、あとは公認しない、という決定が下されます。トリエント公会議は、ルターの宗教改革に対応してカトリック教会が教会内の問題を解決し、教義を確定するために行われたものです。それから150年以上もたった1727年に、加えられた5番目の続唱、それがこの「スターバト・マーテル」です。

 「聖母マリアの7つの悲しみ」とは、マリアがイエスの母であるがゆえに受けた悲しみのことで、以下の7つであるとされています。

  1. イェルサレムでシメオンという人が幼児イエスを祝福したあと、イエスの受難を預言し、マリアの心も剣で貫かれると預言したとき
  2. ヘロデ王が出した「幼児皆殺し令」を逃れるために夫ヨセフともにエジプトへ避難したとき
  3. 12歳になったイエスをイェルサレムで3日間見失ったとき
  4. イエスが十字架を負ってゴルゴダの丘へ連れられていくのを見たとき
  5. 十字架にかけられたイエスの足元に立ったとき
  6. イエスが息絶え、十字架から降ろされたとき
  7. イエスが埋葬されたとき

 詩の大意は、マリアの悲しみをしのび、苦しみをともにすることを通して神の恩寵が得られるように祈る、というものです。
 歌詞は20節からなり、各節が8-8-7音節の3行詩になっています。この詩はマリアへの信仰の根強さや芸術性の高い優れた作品であるところから、さまざまな作曲家が曲をつけています。ジョスカン・デ・プレ、パレストリーナなど中世・ルネサンス期の大作曲家をはじめ、ペルゴレージ、ロッシーニなどの作品が有名です。ですが、筆者が個人的にいちばんの傑作と思うのはドヴォルジャークの作品です。重く長大な作品でCDの数も多くはありませんが、敬虔なクリスチャンであったドヴォルジャークが、息子と娘を次々に失った悲しみの中で書いたこの曲には、彼の深い祈りがこめられているといえます。一聴をおすすめします。

 

  Stabat Mater スターバト・マーテル
1 Stabat mater dolorosa
スターバ マーテル ドロローザ
juxta crucem lacrimosa
ユクスタ クルチェ ラクリモザ
dum pendebat fillius.
ドゥ ペンデバ フィリウス
御母は悲しみに暮れ

涙にむせびて御子のかかりし

十字架のもとに佇んでいた。
2 Cujus animam gementem
クユス アニマ ジェメンテ
contristatam et dolentem
コントリスタタ ドレンテ
pertransivit gladius.
ペルトランシヴィ グラディウス
嘆き、憂い、

悲しめるその魂を

剣が貫いた。
3 O quam tristis et afflicta
オ クア トリスティス エ アフリクタ
fuit illa benedicta
フイ イラ ベネディクタ
mater unigeniti.
マーテル ウニジェニティ
おお、神のひとり子の

祝されし御母の

悲しみと傷のほどはいかばかりか。
4 Quae maerebat et dolebat
クウェ メレーバ ドレーバ
pia mater dum videbat
ピア マーテル ドゥ ヴィデーバ
nati poenas incliti.
ナティ ペナス インクリティ
御子が罰を受けるのを

見ていた慈愛深き御母の

悲しみと苦しみはいかばかりか。
  ※4節の2行目に、次の句が挿入されることがあります。その場合、前後を受けて、右のような意味になります。

et tremebat dum videbat
トレメバ ドゥ ヴィデバ
御子が罰を受けるのを見て

どれほど悲しみ、苦しみ、

おののいたことか。
5 Quis est homo qui non fleret
クウィス エス オモ クウィ ノン フレーレ
matrem christi si videret
マトレ クリスティ シ ヴィデレ
in tanto supplicio?
イン タント スプリチオ
かくも責め苦を負う

救い主の御母を見て、

嘆きをあげぬ人がいるだろうか?
6 Quis non posset contristari
クウィス ノン ポセ コントリスタリ
christi matrem contemplari
クリスティ マトレ コンテンプラリ
dolentem cum filio?
ドレンテ フィリオ
かくも御子とともに苦しめる

救い主の御母を見て、

悲しまぬ者があるだろうか?
7 Pro peccatis suae gentis
プロ ペカティス スエ ジェンティス
vidit Jesum in tormentis
ヴィディト イエズ イン トルメンティス
et flagellis subditum.
フラジェリス スブディトゥ
人々の罪のために

イエスが責められ

鞭打たれるのを見られた。
8 Vidit suum dulcem natum
ヴィディ スウ ドゥルチェ ナトゥ
moriendo desolatum
モリエンド デゾラトゥ
dum emisit spiritum
ドゥ エミジ スピリトゥ
愛しい御子が

苦悶の中に

息絶えるのを見られた。
9 Eia mater fons amoris
エヤ マーテル フォンス アモリス
me sentire vim doloris
メ センティレ ヴィ ドロリス
fac ut tecum lugeam.
ファク ウ テク ルジェア
さあ、御母、愛の泉よ、

私にもその悲しみを感じさせ、

ともに悼ませてください。
10 Fac ut ardeat cor meum
ファク ウ アルデア コル メウ
in amando Christum deum
イン アマンド クリストゥ デウ
ut sibi complaceam.
シビ コンプラチェア
私の心を

神なるキリストへの愛に燃やし

その御旨にかなうものとしてください。
11 Sancta mater istud agas
サンクタ マーテル イストゥ アガス
crucifixi fige plagas
クルチフィクシ フィジェ プラガス
cordi meo varide.
コルディ メオ ヴァリデ
聖母よ、

十字架にかかりし御子の傷を

私の心にも刻みつけてください。
12 Tui nati vulnerati
トゥイ ナティ ヴルネラティ
tam dignati pro me pati
ディニャティ プロ メ パティ
poenas mecum divide.
ペナス メク ディヴィデ
私のために傷つけられ

苦しみ耐えた御子の栄誉を

私にも分けてください。
13 Fac me vere tecum flere
ファク メ ヴェレ テク フレーレ
crucifixo condolere
クルチフィクソ コンドレーレ
donec ego vixero.
ドネク エゴ ヴィクセロ
私の命ある限り

あなたとともに嘆き、

磔刑を苦しませてください。
14 Juxta crucem tecum stare
ユクスタ クルチェ テク スターレ
te libenter sociare
テ リベンテル ソチアーレ
in planctu desidero.
イン プランクトゥ デジデロ
あなたとともに十字架のもとに立ち

ともに悲しみ悼むことを

真に願います。
15 Virgo virginum praeclara
ヴィルゴ ヴィルジヌム プレクララ
mihi jam non sis amara
ミキ ヤ ノン シス アマラ
fac me tecum plangere.
ファク メ テク プランジェーレ
乙女の中のいと清き乙女よ、

私を退けることなく

ともに嘆かせてください。
16 Fac ut portem christi mortem
ファク ウ ポルテ クリスティ モルテ
passionis fac ut consortem
パシオニス ファク ウ コンソルテ
Et plagas recolere.
プラガス レコレーレ
キリストの死と

受難を知らせ、ともに

その傷をしのばせてください。
17 Fac me plagis vulnerari
ファク メ プラジス ヴルネラリ
cruce hac inebriari
クルチェ アク イネブリアリ
ob amorem Filii.
アモレ フィリイ
私にも傷を負わせ

十字架と御子への愛に

私を酔わせてください。
18 In flammatus et accensus
イン フラマトゥス エ アッチェンスス
per te virgo sim defensus
ペル テ ヴィルゴ シ デフェンスス
in die judicii.
イン ディエ ユディチイ
審判の日の

火焔と炎熱の中より、

乙女よ、御身によりて守ってください。
19 Fac me cruce custodiri
ファク メ クルチェ クストディリ
morte christi praemuniri
モルテ クリスティ プレムニリ
confoveri gratia.
コンフォヴェーリ グラツィア
十字架によりて私を守り

キリストの死によりて前を固め

恩寵によりて慈しんでください。
20 Quando corpus morietur
クヮンド コルプス モリエトゥール
fac ut anime donetur
ファク ウ アニメ ドネトゥール
paradisi gloria.
パラディジ グローリア
肉体が死するとき

魂に天国の栄光を

与えてください。

  

 CDの歌詞カードや楽譜によって、同じ単語でも i 、j 、y などの表記が異なる場合があります。たとえば"Eia"を"Eja"、"incliti"を"inclyti"と書いているものがありますが、教会ラテン語では発音上の明確な違いはありませんので、あまり気にしなくても良いでしょう。
 また、この歌詞には、多数のヴァリエーションが存在します。上記にあげたのはドヴォルジャークのスターバト・マーテルの例ですが、他の作曲家のスターバト・マーテルでは、歌詞が若干異なる場合があります。使用したテキストが違うのか、作曲者自身が曲にあわせて多少手直しを加えたのかは不明ですが、「どれが正解」というものはないようですので、演奏の際はそれぞれの楽譜を尊重するのが良いかと思います。
 以下に、異なる歌詞の例をあげます。

 パレストリーナのスターバト・マーテル

13 Fac me tecum pie flere
ファク メ テク ピエ フレーレ
crucifixo condolere
クルチフィクソ コンドレーレ
donec ego vixero.
ドネク エゴ ヴィクセロ

※pie(pius)…誠実な、敬虔な、愛情深い、神意にかなった
私の命ある限り

あなたとともに真に嘆き、

磔刑を苦しませてください。
14 Juxta crucem tecum stare
ユクスタ クルチェ テク スターレ
et me tibi sociare
メ ティビ ソチアーレ
in planctu desidero.
イン プランクトゥ デジデロ

※sociare(socio)…結びあわせる、共同にする
私はあなたとともに

十字架の下に立ち

ともに悲しみます。
17 Fac me plagis vulnerari
ファク メ プラジス ヴルネラリ
cruce fac inebriari
クルチェ ファク イネブリアリ
Et cruore Filii.
クルオーレ フィリイ
私にも傷を負わせ

十字架と御子の血にて

私を酔わせてください。


 プーランクのスターバト・マーテル

2 Cujus animam gementem
クユス アニマ ジェメンテ
contristatam ac dolentem
コントリスタタ アク ドレンテ
pertransivit gladius.
ペルトランシヴィ グラディウス


et のかわりに ac
(ac = atque 「その上」の意味)

8 Vidit suum dulcem natum
ヴィディト スウ ドゥルチェ ナトゥ
morientem desolatum
モリエンテ デゾラトゥ
dum emisit spiritum
ドゥ エミジ スピリトゥ


moriendo のかわりに morientem


 
12 Tui nati vulnerari
トゥイ ナティ ヴルネラリ
tam dignati pro me pati
ディニャティ プロ メ パティ
poenas mecum divide.
ペナス メク ディヴィデ
vulnerati → vulnerari
(2行目の"pati"との押韻からかvulneratiとしているテキストが多いようです)
19 Christe cum sit hunc exire
クリステ ク シ ウンク エクシーレ
Da per matrem me venire
ダ ペル マトレム メ ヴェニーレ
ad palmam victoriae
アド パルマ ヴィクトリエ

※hunc…hic(指示代名詞、「この」「この人」)の男性対格単数
exire…exeo(立ち去る、離れる)
キリストよ、この者が去る時に
      (私が死ぬ時に)

御母によりて 私が勝利の栄誉へ

達することを認めてください。
 

  

  • "afflicta"や"supplicio"の"ff","pp"など、同じ子音が続くところは促音になりますが、(曲調にもよりますが)極端に「アッフリクタ」「スップリチオ」の「ッ」を強調しすぎず、子音を丁寧に発音する結果として軽く詰まる、という程度に考えてください。
  • Stabatはsto(立つ)という動詞の未完了過去形です。stoはstandの語源と考えていいと思います。この曲のタイトルにはよく「悲しみの聖母」という邦訳が使われますが、stabatが「立っていた」materがmother「母」であることから、スターバト・マーテルという語は「母は立っていた」という意味になります。

 


 

Schola Musica   HOME   「マニフィカト」へ