the Surfside Stomp
- Profile -
宵闇迫るとどこからともなく某所に集まり、ご機嫌なディキシーランドジャズを奏でるアマチュア音楽集団。慶応義塾大学ディキシーランド・ジャズ・クラブのOBと湘南のミュージシャンにより構成されたゴキゲンなジャズユニット。それが、the Surfside Stompです!
Tp1 Tb2 Tb1 Cl1 Vo1 Bjo1 Bjo2
Pf1 Pf2 Pf3 Bs1 Bs2 Ds2 Ds1
 「えっ?こんなにたくさん?」
と、驚かれるかもしれませんが、the Surfside Stomp はビッグバンドではありません。標準編成6〜7人のコンボです。

メンバーはサラリーマンが多いため、急な出張などでライブに参加できない人がいます。そんな時に便利なのが「マルチ・キャスト・システム」です。同じ楽器のメンバーが複数いるので、ステージに穴を開けないですみます。

時には、連絡が悪いのか、はたまた、みんなヒマなのか、たくさん集まりすぎてお客様より関係者のほうが多いことも・・・アマチュアバンドならではのご愛敬です。

the Surfside Stomp 諸元
項目内容
バンド名称 The Surfside Stomp with K.D.J.C. Super OJIN Band
(略称)The Surfside Stomp
(愛称)Stomp(ストンプ)
結成時期 1991年7月
演奏ジャンル Dixieland Jazz, New Orleans Jazz, Swing Jazz, Latin(ちょっぴり), 童謡(時々), etc.
お仕事ジャンル ちんどん屋から結婚披露宴まで
(カンカン帽、蝶ネクタイ、吊りズボンで駆けつけます)
人数構成 4名〜(適宜調整、通常7〜8名)
活動地域 湘南地区、東京近郊並びにNew Orleans(!?)(その他地域遠征可)
聴衆心得 寛容な心とバンドよりも先に酔っ払うのが楽しむ秘訣。
客層 乳幼児から100歳を越える人生の大先輩まで。
代表曲 When The Saints Go Marchin' In, Ice Cream, Bourbon Street Parade, All Of Me, Down By The Riverside, High Society, As Long As I Live, 鈴懸の路, On The Sunny Side Of The Street, When You Are Smiling, その他多数

the Surfside Stomp 略歴】

the Surfside Stomp 発生!?

1991年7月24日。湘南地区在住の慶應ディキシ−ランド・ジャズ・クラブ(KDJC)OBの有志数名が、楽器を持って藤沢の小粋な居酒屋「ギャルソンズ」に集まった。 音を合わせてみれば・・・楽器は錆びついているかもしれないが、腕はまだまだ。 早速、足りないメンバ−集めと活動拠点となるライブスポットを探し始める。 1992年の年明けには、KDJCのOBに加え地元藤沢のミュ−ジシャンを迎え、ピアノやドラムが常設されている活動拠点も見つけた。 こうして、the Surfside Stomp が本格的に活動を開始した。

毎週演奏しよう!

藤沢の小さなJazz Barナイスに集まり、「毎週演奏しよう!」と気勢を上げたが、サラリ−マンが多いバンドゆえ、なかなかそうはいかない。 全員集合の練習などできるわけもない。 とは言え、92年春からは、コンスタントに月に2〜3回のライブをこなすようになった。 これがバンドとしての練習だったのかもしれない。 徐々に定例ライブ以外にも出演するようになった。

合宿はしたが・・・

ジャズってのはなかなか便利な音楽で、誰かがメロディーとコード進行を知っていれば、とりあえず演奏できてしまう。 (普通は)酒が入っているのとアマチュアの強みである「怖いもの知らず」の勢いで、なんとかなってしまうものだ。 そんなthe Surfside Stompでも、たまには真面目に練習して持ち曲も増やしたい!、と、メンバーの某氏の湯河原の別荘で何度か合宿をやってみた。 しかし場所が悪かった。 酒は旨いし、魚は美味いし、近くには温泉が売るほどある。 結果はご想像の通りだ。

時には放浪の旅も

the Surfside Stomp黎明期から馴染んでいたJazz Barナイスが閉鎖され、演奏する場を求めて藤沢・江ノ島界隈のジャズクラブを放浪したこともあった。 転々と場所を変えながらも、いつも盛り上げてくれたのは他ならぬ常連さん達である。 演奏は間違いだらけだけど、いつも同じ曲を聴かされるけど、狭い店だと立ち見の時もあるけど、毎回聴きに来てくれるお客様ほどありがたいものはない。

(つづく・・・)


the Surfside Stomp
- Web Session -
Homeライブ情報プロフィールトピックス写真館Jazzの歴史


Copyright (c) 1991-2017, the Surfside Stomp