http://studyhallweb.com/
プログラム学習室
[Home][フリーソフト]アタッシェケースの友

アタッシェケースの友

■ダウンロード

公開は終了しました
更新履歴

■概要

「アタッシェケースの友」は、ひばら みつひろ氏作のアタッシェケースを使って、指定のフォルダ以下にフォルダ構造を保ったまま暗号化ファイルを保管しやすくするためのプログラムです。

ソースフォルダとターゲットフォルダを指定し実行すれば、オリジナルのファイルとアタッシェケースで暗号化されたファイルの同期を取ります。

暗号化と複合化に対応していますので、会社と自宅でファイルをリムーパルメディアでやり取りしている場合、会社と自宅は普通のファイル、リムーバルメディアには暗号化ファイルを保存できます。

暗号化は個々のファイル毎に行いますので、特定のファイルのみの複合化も容易です。
万が一のファイル損傷の際も、被害を最小限に食い止められます。

■機能説明


[ファイル]メニュー
コピーの設定を読み込み/保存します。
ソースフォルダ
コピー元のフォルダを指定します。
ターゲットフォルダ
コピー先のフォルダを指定します。
コピーするファイル/削除するファイル
ここに表示されているファイルが処理の対象となります。
Deleteキーでリストから一時的に除外することが出来ます。


[実行]メニュー
 同期
ソースフォルダの内容にターゲットフォルダを合わせます。
詳細は「コピールール」の項を参照ください。
 最新の情報に更新
コピーするファイル/削除するファイルを更新します。
Deleteキーでリストから除外したものが再表示されます。


[アタッシェケース]メニュー
 暗号化/複合化
ソースフォルダとターゲットフォルダ間で元のファイルと暗号化されたファイルの同期をとります。
暗号化ファイルの拡張子はatcになります。
 暗号化
ソースフォルダのファイルをアタッシェケースで実行します。
ソースフォルダはファイルを復元する場所、ターゲットフォルダは暗号化ファイルの保存先として働きます。
ファイルの拡張子はアタッシェケースの設定に従います。
 複合化
ソースフォルダのファイルをアタッシェケースで実行します。
ソースフォルダは暗号化ファイルの保存先、ターゲットフォルダはファイルを復元する場所として働きます。
ファイルの拡張子はアタッシェケースの設定に従います。
 使用しない
アタッシェケースを使用せず、そのままコピーします。


[オプション]メニュー
 コピーしない拡張子
指定した拡張子のファイルはコピーしません。
拡張子の指定はドットからはじめてください。
 ソース/ターゲット入換
ソースフォルダとターゲットフォルダを入れ換えます

■コピールール

コピーするファイル
ソースフォルダのファイルがターゲットフォルダの同名ファイルより新しいときのみコピーします。


削除するファイル
ソースフォルダに存在しないターゲットフォルダのファイルは削除します。
ソースフォルダになく、ターゲットフォルダにあるフォルダは削除しません。
(アタッシェケースメニューの「暗号化/複合化」および「使用しない」のときのみ有効)


フォルダ構造の維持
ソースフォルダ以下のフォルダ構造を維持してターゲットフォルダにコピーします。
この時、ターゲットフォルダにないフォルダは作成します。


「暗号化/複合化」選択時
ソースフォルダが通常のファイルのとき、ターゲットフォルダにアタッシェケースで暗号化したファイルをコピーします。
ソースフォルダがアタッシェケースの暗号化ファイルのとき、ターゲットフォルダに複合化したファイルをコピーします。
アタッシェケースの暗号化ファイルのタイムスタンプは元のファイルと同じにします。
暗号化のファイル名は重複を避けるため元のファイルの拡張子を含んだ名前とします。

「暗号化」「複合化」選択時
ソースフォルダのファイルをアタッシェケースで実行します。
ファイルの拡張子はアタッシェケースの設定に従います。
(自己実行形式のときはexe、拡張子偽装のときは指定した拡張子になります)
暗号化されるか複合化されるかは、ファイルによってアタッシェケースが自動で判断します。
従って、アタッシェケースで拡張子を偽装したファイルを「暗号化」で指定しても、アタッシェケースの判断で複合化されます。
このとき、ソースフォルダ、ターゲットフォルダは、復元する場所、暗号化ファイルを保存する場所として機能しますので、ソースフォルダにファイルが復元されてしまいますのでご注意ください。


「コピーしない拡張子」指定時
ソースフォルダからターゲットフォルダに指定された拡張子のファイルをコピーしません。
ターゲットフォルダに指定された拡張子のファイルがあるときは削除します。
拡張子の指定は大文字小文字を判別します。また、ワイルドカードの指定はできません

■アタッシェケースの設定一時変更

アタッシェケースの友は、アタッシェケースの設定を一時的に変更します。
パスワードの記憶
アタッシェケースの友の動作中に変更しても元の状態に戻します。
アタッシェケース単独のときは、パスワードを記憶せず、アタッシェケースの友から起動したときのみパスワードを記憶することをお奨めします。(アタッシェケースVersion1.30まで)

一時的に無効にする設定
・「同名ファイルがある場合は上書きの確認をする」
・「暗号/複合化した後、元ファイルを削除する」
・「複合化したファイルを関連付けられたソフトで開く」
・「フォルダの場合、複合後に開く」
・「タイムスタンプを複合化した日時にあわせる」
・「暗号化ファイルの拡張子を偽装する」(「暗号化/複合化」の時のみ)
・「常に自己実行形式で出力する」(「暗号化/複合化」の時のみ)

一時的に有効にする設定
・「処理後、アタッシェケースを終了する」
・「デスクトップで最前面にウィンドウを表示する」
・「暗号化ファイル名に拡張子を含める」

■インストール/アンインストール

含まれるファイル
ReadMe.txt‥リードミー
attomo.exe‥プログラム本体
setup.exe ‥セットアッププログラム
setup.ini ‥セットアップ設定

注意!! アタッシェケース本体は含まれていません
別途、入手してください
入手先:http://homepage2.nifty.com/hibara/software/index.htm

インストール
setup.exeを実行してください
アンインストール
コントロールパネルからプログラムの追加と削除を実行してください

■使い方事例

USBメモリーなどリムーバルメディアとの受け渡し
仕事のファイルを会社と自宅でやり取りする際、アタッシェケースで暗号化すれば、万が一メディアを紛失したときもファイルの中身をパスワードで守ることができます。
アタッシェケースの友ならばフォルダ間の同期もとれるので、やり取りがしやすいです。

共有フォルダにバックアップ
ファイルサーバーの共有フォルダにファイルをバックアップするとき、ファイルサーバー自身にパスワードがかかっていても何かと不安です。
アタッシェケースで暗号化して保存すれば、サーバー管理者からもファイルの中身を見られる恐れが少なくなります。
アタッシェケースの友を使えば、更新したファイルだけ暗号化してバックアップを取ることができます。

■動作確認

Windows XP / アタッシェケース Version 1.43
(Windows 98 ではファイルの更新日時比較が正常に行われません)

■免責

本プログラムの実行によって生じた障害等に関して、作者にその補償をする義務は無いものとさせていただきます。
特に本プログラムは本来単独で動作するアタッシェケースを無理やり制御していますので、アタッシェケースとのやり取りの間で制御しきれないこともあるかもしれません。
バックアップ用を意識して作成していますが、エラーチェックが不十分ですので重要なデータのバックアップにはお奨めできません。

御質問等あればできるだけ対応いたしますが、サポートの義務はないものとさせていただきます。

■謝辞

とてもすばらしいアタッシェケースを作成いただいた ひばら みつひろ さんに、この場を借りてお礼申し上げます。
アタッシェケースの友の都合によるリクエストにも答えていただきました。本当にありがとうございます。

また、インストールプログラムはTiny MouseさんのEZINSTを使わされていただきました。ありがとうございます。

そして、本ソフトに対する御要望や不具合を御連絡いただいた利用者の方、誠にありがとうございます。大変参考になっています。

■再配布

本ソフトウェアはフリーソフトウェアです。 内容を改変しなければ、転載・再配布とも自由です。

[Home][フリーソフト]アタッシェケースの友