################################################

蝶の館吉備路写真美術館

################################################

あなたはアクセスカウンター番目の訪問者です!


     キアゲハ  (岡山県哲多町)
 セリ、ニンジン、パセリなどの葉が幼虫の食草。
 山の頂上などに好んで飛翔する。   

     ダイセンシジミ  (岡山県哲多町)
  幼虫はクヌギ、カシワなどの葉を食べて成長する。
  ウラミスジシジミともいう。   

  ツマグロヒョウモン ♀ (1999.7 岡山市)
 ヒョウモンチョウ類は、羽の色模様が豹に似ているので
 その名がある。スミレを食草とするので家庭園芸等で
 栽培するスミレ類の周りで見かけることが多い。  

   ウラナミアカシジミ (岡山県哲多町)
 幼虫はクヌギ、アベマキなどを食べる。
 裏面の独特の波模様が本種の和名になっている。  

    クロシジミ  (1999.7岡山県川上村)
  幼虫はアブラムシの分泌液で育ち,3令になると
  クロオオアリの巣の中で育てられる。
  カシワの木のある草原に多い。

  ヒメシジミ   (1999.7 岡山県川上村)
 名前のとおり可憐なシジミチョウで,幼虫はアザミ類を
 食べる。 山地性の蝶。  

[解説]岡山昆虫談話会々員 若槻匡志

 INDEXに戻る