**************************************************

岡山県の観光地−高梁・新見



*********************************************************************


 備中松山城 国指定史跡 高梁市内山下

臥牛山(がぎゅうざん)に築かれた山城で本丸にそびえる二重
二階の天守閣は国指定重要文化財で1683年水谷勝宗に
よって改築された。中世には、秋庭氏、高橋氏、上野氏、庄氏
、三村氏等が盛衰を繰り返した。特に1575年三村元親が
毛利、宇喜多の連合軍と籠城戦を展開した備中兵乱は有名。
関ヶ原の戦い以降は小堀氏、池田氏、水谷氏、安藤氏、石川
氏そして1744年に伊勢亀山から板倉勝澄が来城、7代続い
て明治維新を迎えた。途中まて゜車で上れるが、ハイキング
コースとして整備されている。モミ、アラカン、オベマキ、
ケヤキイロハカエデ、など植物の種類も多い。JR伯備線、
備中高梁駅から徒歩1時間20分    

********************************************************************************

頼久寺  国指定名勝
    高梁市頼久寺町

江戸時代はじめ、備中天領の総代官として松山にいた小堀遠州(政一)の
作と伝えられている。禅院式枯山水蓬莱庭園で一般には「鶴亀の庭」と
呼ばれている。書院から望む愛宕山を借景に、三尊の石組からなる鶴島と
亀島をすえ、白砂とサツキで大海原を表現。江戸初期の庭園としては日本
を代表する1つである。JR伯備線、備中高梁駅から徒歩15分、高梁駅前
から備北バス落合、砦部、吉川、川面、各行きで紺屋町下車徒歩5分      

********************************************************************************

城山公園   新見市新見

新見市街地の中央にあり、高さ50mの小山を利用した
公園。300本余りのサクラ、ツツジ、が植えられている。
花見時期には大勢の家族連れや観光客で賑わう。
芝生広場、遊戯施設を備えた児童公園、休憩所、花壇など
新見市が整備している。ここからは新見市街地が一望の
もとに見渡せる。JR新見駅から徒歩15分

********************************************************************************

井倉洞  新見市井倉 県指定天然記念物

(下の写真説明をクリックすると大きな写真がでます)

1998年8月9日に自家用車でXと
いっしょに大きな鍾乳洞の井倉洞へ
いきました。
昼食はアユ定食を食したがアユ1匹と
あとは山菜の漬け物と
コンニャクのサシミ、お吸い物、山菜ご飯
で2000円なり、
鍾乳洞の中は16度と涼しかったが
長い洞窟でやや疲れ気味
でも暑い夏にはいいよ。1度行って
みてはいかがでしょうか。
ちなみに入場料は大人1000円なり

* 上の井倉洞の写真と説明をクリックすると大きな写真がでてきます *

***************************************************

備中松山城
  国指定史跡
  高梁市内山下
写真と詳細は上記
臥牛山自然
   動物園

国指定天然記念物
  高梁市内山下 
   猿生息地
臥牛山(がきゅうざん)一帯に住んでいた野生の猿の餌付けに成功し国有林
約2haを自然動物園として昭和30年に開放した。ニホンザルで200頭余り
が生息している。ボス猿を中心に朝7−8時に餌場に現れ15−17時に
大松山、天神の丸、付近の寝所に帰る。備中高梁駅前から備北バス吹屋、
落合、砦部、各方面行きで動物園前下車すぐ
石火矢町
   ふるさと村

  
高梁市石火矢町
城下町備中松山の面影を色濃く残す一帯で岡山県が昭和49年に「ふるさと
村」に指定した。250mの道の両側には武家屋敷の土塀と門構えの家並み
が続き、中程に武士の屋敷と生活様式を再現した武家屋敷館がある。
伊賀川に沿って桜と柳並木の続く、紺屋町筋は高梁市の美観地区である。
県下最古の高梁基督教会堂、明治29年建設の順正寮跡(いずれも県指定
史跡)もあり、近くに頼久寺もある。高梁駅から地歩20分。駅前から備北バス
吹屋、落合、砦部、各方面行きで紺屋町下車、徒歩5分。
頼久寺
高梁市頼久寺町
写真と詳細は上記
松山踊り
  
  高梁市
毎年8月14−17日までの4日間、高梁市街地で踊られる盆踊りで数万人の
人出で賑わう。踊りには地踊りと仕組踊りの2種類がある。地踊りは元町人
が踊っていたもので、菅笠に浴衣、音頭の歌詞は即興的なもの。仕組踊りは
武士の間で踊られていたもので、赤穂義士、楠公訣別など出し物を選び
本衣装で三味線、太鼓なと゛に合わせて踊る。県下最大の盆踊りである。
備中神楽
 国指定重要無形
  民俗文化財

   (備中地方)
荒神神楽、神代神楽、とも呼ばれ全国的に有名な、備中を代表する民俗芸能。
7年目、13年目、に行われる式年神楽は特に盛大である江戸時代後期に
成羽町の神官、西林国橋が「天岩戸開き」「すさのおの命の大蛇退治」
「大国主命の国ゆずり」3つの神話を演劇風にして盛んになった。成羽町、
美星町あたりが本場とされている。
吹屋ふるさと村
国指定重要伝統的
 建造物群保存地区

  (川上郡成羽町)
標高550mの吉備高原上にあり、塗込造にベンガラ格子、石州瓦の美しい
商家が軒を連ねる町並み。江戸から明治にかけて吉岡銅山の町として栄えた。
明治7年建築の商家を郷土館として公開し、銅山やベンガラの資料を展示。
坑道跡へも入れる。高梁駅前から備北バス吹屋行きで終点下車すぐ。
弥高山
 県指定名勝
川上郡川上町高山
吉備高原にひときわそびえ立つ標高654mの玄武岩でてきた、釣り鐘状の
山。山頂は自然の展望台で東西に吉備高原の山々北は中国山地から大山
まで、南は瀬戸内海から四国の山々初夏はレンゲ、ツツジ、でいっぱい、
夏はキャンプ場として賑わう。秋から冬にかけて、高原の雲海は格別見事。
高梁駅前から備北バス成羽行き終点下車。成羽から地頭方面行きで地頭
で高山行きに乗り換え弥高山入り口下車、登山口まで徒歩5分。
絹掛の滝
高梁川上流
 県立自然公園

  (新見市草間)
石灰岩台地、草間の断崖から落下する高さ50m、幅10mの滝。白絹を掛けた
ように水が落ちてくるところからこの名がついた。国道180号線や伯備線の
車窓から眺められる。新緑、紅葉が美しい。伯備線井倉駅から徒歩45分。
バス便はなし。
井倉洞
県指定天然記念物
   
  新見市井倉
写真と説明は上記参照
全長1.2kmの鍾乳洞。昭和33年発見、洞の内部はやや狭いが美しさは他の
追随を許さない。豊富な水が「地軸の滝」「音の滝」をつくり、「黄金の殿堂」
「月の回廊」と呼ばれる石室は圧巻。入り口付近にはヤマトレンギョウ、
キビナワシロイチゴなどの特産植物が見られる。伯備線井倉駅から徒歩5分。
羅生門
県指定天然記念物
 新見市草間
石灰岩の巨大なアーチで4つの石門がある。第一門は高さ38m幅17mで
上部は天然の橋となり、渡る事も出来る。末端部は洞穴となって続いている。
付近にはサガリヒツジゴケ、イギイチョウウロコゴケなど貴重な植物の宝庫。
新見駅前から備北バス豊永行きで羅生門下車、徒歩20分。
満奇洞
県指定天然記念物
 新見市豊永赤馬
最も古く発見された鍾乳洞。長さ400m以上の洞内は変化に富み世界でも
これほどの鍾乳洞は珍しい。石筍、鍾乳石、石柱、畦石、カーテン、小さな
洞穴サンゴ、曲がり石、とあらゆる要素が含まれていて洞穴博物館と言わ
れる。満奇洞(まきどう)の名は昭和5年に歌人の与謝野鉄幹・晶子夫妻が
来遊して命名した。新見駅前から備北バス豊永行きで満奇洞、下車すぐ。
城山公園
  新見市新見
写真と詳細は上記
鯉ヶ窪湿原
県指定天然記念物

阿哲郡哲西町矢田
標高550mの鯉ヶ窪池の奥にある湿原。湿生植物の大群落があり四季おり
おり美しい景観を見せる。主な植物は、ケハンノキ、アシ、ヌマガヤ、
ノハナショウブ、クサレダマ、サワオグルマ、リュウキンカ、エゾミソハギ、
トキソウ、サギソウ、ハンカイソウ、ミズオトギリ、ジュンサイ、ヒツジグサ、
モウセンゴケ、ミミカキグサ、サワヒヨドリ、アギナシ、珍しいのはオグラセンノウ
、ミコシギク、ビッチュウフウロ、ここではハッチョウトンボ、ヒメアカネ、ゴマシジミ
、などの珍しい昆虫類もいる。芸備線野馳駅から約5km。
大佐山
備作山地県立
 自然公園

阿哲郡大佐町阪部
標高988mの名山。山頂からの眺めは素晴らしい。頂上付近にはカシワ、
キハダ、コナラ、ミズナラ、ヤマボウシ、などの高木。下にはヒロハヘビノボラズ
、キビナワシロイチゴ、オオキヌタソウ、などの珍しい植物がある。昭和53年
から全国有数のハングライダー基地、6合目にキャンプ場、山頂にバンガロー
5戸、駐車場、レストハウス、テニスコート、ゴーカート場、宿泊施設がある。
姫新線刑部駅から7.5km。

*****************************************************************


観光館へ戻る                   TOPへ戻る


***********************************************