☆ ユーザー車検体験 ☆


DRAG STAR 650でユーザー車検は4回受けました♪
ここでは2001年3月5日の2度目のユーザー車検と
2003年2月27日の3度目、2005年2月22日の4度目
のユーザー車検の体験談を紹介します。
2001年3月05日の車検費用 = ¥29,335円
2003年2月27日の車検費用 = ¥24,875円
2005年2月22日の車検費用 = ¥24,875円

コレは整備代を入れない車検場での費用と自賠責保険の合計金額です。
2003年からは自賠責保険が前回より値下げに成ったので安く済んだわけです♪
しかし2005年4月からは自賠責保険が値上げに成るとの事です。
と言う事は、2005年4月からは車検費用が
24,875円 より高くなると言う事です。


2001年3月のユーザー車検 は直ぐ下
書類の書き方 へジャンプ
2003年2月のユーザー車検 へジャンプ 2005年2月のユーザー車検 へジャンプ


2001年3月5日
DRAG STAR 650のユーザー車検を受けました♪
ユーザー車検は今回で2回目です。
ココでは自分の体験談を紹介します。
バイクのユーザー車検に興味が有る方の参考に成ると良いのですが!



今回私が車検を受けたのは名古屋市中川区に有る
中部運輸局、愛知陸運支局です。


先ず、費用ですが今回は最低の金額29,335円で済みました♪

内訳(2001年3月現在)

「自賠責保険」=¥22,900円(2年間)
「自動車重量税」=¥5,000円
「検査手数料」=¥1,400円
書類代=¥35円

合計=¥29,335円


必用な書類
1、自動車検査証(車検証) 現在使用中の車検証
2、軽自動車税納税証明証 前年度の納税証明書
3、自動車損害賠償責任保険証明書 現在使用中と新規の証明証
4、点検整備記録簿 6ヶ月もしくは12ヶ月点検(自分で点検でOK)
5、自動車検査票 車検場で購入
6、自動車重量税納付書 車検場で購入
7、継続車検申告書 車検場で購入


5、6、7、の書類の合計金額が 35円でした。

4、点検整備記録簿 は自分で点検整備した物で良いです。


=== 手順1 ===
先ずは、車検場に出向いて下見を兼ねて書類を購入しましょう。
ユーザー車検のコーナーで係りの人に聞くと丁寧の教えてくれます。
または案内で「ユーザー車検」をしたいのですがと訊ねましょう。

時間が有れば書類の記入例があるのでそれを参考にして
購入した書類に記入しておくと後が楽です。
当然、車検証を持っていくと良いでしょう。

注意:「検査手数料」「自動車重量税」の印紙は
当日購入して張り付ける事をお勧めします。
記入ミスや、紛失した時はもう一度購入する事になってしまいますよ。


=== 手順2 ===
電話で車検日の予約を取ります。
車検場で予約のとり方を書いた案内を貰いますので
希望日を電話で予約しましょう。
予約の受付は24時間受け付けてますので安心です。
また検査希望日の9日先まで(土曜、日曜、祭日を除く)予約出来ます。
予約は全て音声ガイダンスに沿ってプッシュボタンで予約します。
予約日、ラウンド、予約番号の控えをしっかり取りましょう。
後で記入が必用です。

予約を取った日が都合が悪くなったら
キャンセルや予約日の変更も出来ますので大丈夫ですよ。


=== 手順3 ===
車検当日は早めに到着するようにしましょう。
先ず「自動車重量税」の収入印紙5,000円
「検査手数料」の印紙1,400円買い、
それぞれ納付書、検査票に貼ってります。
次に「自賠責保険」22,900円を継続します。
(事前にバイク屋等で更新しておいても良いです。)

全ての書類が記入、そろったらユーザー車検の窓口で受付
受付が終わったら車検ラインへ・・・

係りの人探して、お願いしますして、イザ検査!
まず、スピード、40Kmに成ったらスイッチ踏んで。
次にブレーキ、前輪、後輪
次が問題の光軸(結構ココでひっかかり「X」が出ます)
次が方向指示器、右、左。ホーン鳴らして、ブレーキランプ
次にマズ締めの検査をして車検終了です!

もし、どこかで「X」がでても悪い箇所改善して
再びラインに入って再検査出来ますので大丈夫です。

もし、自分で調整、改善が出来ない時は
車検場近くに民間のテストコースが有るので
そこで調整して貰うと良いでしょう。
費用はさほど掛からないとの事です。
光軸調整で2千円位と聞きましたが?(謎)
(自分はテストコースは行った事無いので)

車検ラインは当日は何度廻っても良いそうです。
費用も同じ追加料金は有りませんので
慌てず、焦らず再挑戦してくださいねぇ♪

では、皆さんの健闘を祈ります♪


☆★☆★☆ 書類の記入例 ☆★☆★☆

 === 自動車検査票 ===

○で囲ってある所を記入する。

全て、車検証の通りに記入
でOKです。

受験者名及び連絡先は
当日検査に来た人の氏名と
連絡先です。
(本人または代理人名)

予約は事前にTELで予約した
日、ラウンド、予約番号を
記入する。

印紙欄は
当日「検査手数料」の印紙
1,400円を購入して貼る。

==自動車重量税納付書==

○で囲ってある所を記入する。

全て、車検証の通りに記入
でOKです。

自動車重量税印紙貼り付け欄に
当日「自動車重量税」5,000円
収入印紙買って貼り付ける。


 === 継続車検申告書 ===

○で囲ってある所を記入する。

上の所は鉛筆で記入
業務種別=1 (継続)
有効期間=4 (二年車検)

自動車登録番号=
左○から
(例)
名古屋、あ、1234

台車番号は
車体番号の下7桁の記入
以前は下3桁のみの記入でした


下段はボールペン
住所、氏名を記入と印を押す。

 === 点検整備記録簿 ===

車検前に点検整備して
提出しましょう♪(12ヶ月点検)

後検査の場合は6ヶ月点検でOK
でも、車検前に点検した方か
確実です。

点検整備記録簿は検査終了時に
返してくれますよ。


自分で点検できない人は
12ヶ月点検だけお店で受けても
良いかもねぇ〜
点検だけならそれほど
お金掛からないと思いますが?



☆★☆★☆ 3回目のユーザー車検 ☆★☆★☆

2003年2月27日(木)

さぁ〜って今日はバイクのユーザー車検を陸運局に予約してます。
PM12:15からの第3ラウンドに予約して有ったのですが
大分早いですが早めに行ってみる事にしました。
今回はマフラーを純正に戻さず車外品のカットマフラーのままで受けるので少し不安が有るし
 
もしマフラーで車検が通らないのならば一度帰宅して純正に戻す手間が出来てしまうので
成るべく早めに受けたいと言うのも有るしねぇ〜

さて、はたして予約時間前に受付してくれるかも問題ですが取り合えず
書類の残りの部分の記入と重量税印紙(\5,000円)車検手数料印紙(\1,400円)を買い
あと、自賠責保険(\18,440円)の継続をしました。
おぉ!自賠責保険が安くなってますよ♪前回は \22,900円でしたから
\4,460円も安くなってました♪

印紙を貼って書類を揃えてユーザー車検受付の窓口へ行きました。
ラウンドや予約時間の事は言うのは止めてそのまま提出
書類のチェックをして予約のリストを確認してチェックしてましたが
何も言われませんでした♪

車検の受け方は分かりますか?
はい!と答えたら
では7のラインに入って一番奥まで行ってくださいねぇ〜って言われました♪
やはりラウンドや予約時間は一応の目安で当日に受ける分には関係ないみたいな感じですね♪

でぇ、後はいつものとおり!
もうバイクのユーザー車検は3回目ですから慣れたもん?
一番奥まで行った若い検査官が出てきて!
ユーザー車検はやった事ありますかぁ〜って聞かれ一応ハイ!と答え
ハイ!では、「ライト点けて」、「ウインカー」、ハイ反対のウインカー!
前輪のブレーキ掛けて、ハイ!次は後輪のブレーキ
ハイ!「ホーン」鳴らして

ココまでは順調に済みました♪

取り付けボルトやその他の外装周りを黙視して
でぇ、検査官がマフラーを見て・・・
ちょうとアクセルを検査官がひと噴かしして一言!
コレはちょっと音がどうかなぁ〜?
もう一度「測定」に行ってみてくれる?って言われて・・・
えぇ?コレでも通るような話を聞いてきたんですがねぇ〜
うぅ〜ん、チョット大きいかもしれないから後で良いから「測定」して来てください。
あれれ?やっぱヤバイのかなぁ〜っと思いつつ・・・

ハイ!ではラインに沿ってぇ〜、そこにタイヤ乗せて!
あれ?行き過ぎてしまった・・・(-_-;)
思うようにローラーの手前でタイヤが止まらなかった!
でぇ?なんだっけ?汗(^_^;)

アソコのモニターに指示が出ますからその通しにやって下さい!
あぁ!そうだ、床のペダルを踏んで放して下さいね♪

そういわれて踏んで直ぐに放してしまったら・・・
あぁ!未だ早いですよ!でぇモニターに「X」表示が・・・( ̄□ ̄;)!!
スピードメーターが40Kmに成ったら踏んでいたペダルを放して下さい
(゜o゜;;ギク あぁ!スピードメーターの検査か?
モニター見るタイミングが遅れてしまったので何だかサッパリ分からなかった(^_^;)
でぇ、もう一度やり直しで「○」

次は前輪のブレーキ「○」
後輪のブレーキ「○」
さぁ〜、次が光軸、ライトを上向きにして「○」
w(゚o゚)wすんなりOKに成ってしまって(^_^)v

では、そこの検査用紙を入れてって言われ!
ハイ!コレで全部OKですが「測定」へ行って排気音を測定して貰ってくださいね!

検査用紙には排気音の所だけチェックがされてました(>_<)
90ホーンまでなら大丈夫ですからねぇ〜って言われ
外周をもう一度回って隣の「測定」と言うラインへ
「測定ライン」は乗用車が4〜5台並んでました。
その一番後ろに付いてエンジンを切って待ってました。
10前後待ってようやく順番が来て、検査書類を提出して
「あぁ!排気音の測定ですか?」
「なら隣のラインに入ってぇ〜、車並んでないからそのまま入っていいよ」
って言われ隣へ
マフラーの後ろにゲージが付いた集音マイクと測定機材をセットして
「少し待ってくださいね」って言われ検査官は小屋の中へ
直ぐに測定するのかと思ったのですが・・・なかなか戻ってこない(-_-;)
凄く長かったが10分くらい待ったんかなぁ〜
検査書類が出てきて「これ逆車でしょ?
資料がここに見当たらないので向こうの2階で探してきますからチョット待っててくださいね」

「寒いですからそこの小屋の中で待ってても良いですよ」って・・・
でぇ、小屋の中に入ったら別の検査官が「あれ並行輸入車でしょ?いま資料探しに行ってますから・・・」
同じ事を言われました(^o^)
でぇ、しばらくしたらもう一人別の検査官が来て「あれ並行輸入車でしょ?いま・・・」
さっきの検査官が「あぁ!いま説明しました」って(^o^)
結構、検査官て愛想が良いんですねぇ〜って感じでした♪
しかし、資料が全然見つからないようで・・・
時間がかなり経ちましたよ!10分、20分、30分・・・

話を聞いてみると排気音を測定する為のエンジンの回転数を調べるのに資料がいるらしいです。
最高出力が出る何%だかの回転数での排気音を測定するとの事です。

検査官=「新車登録をココの陸運局でしてるのなら資料が有るはずなんだけど・・・」
σ(^.^)=「そこのレットバロンで買ってのでココで受けてるはずですよ」って言うと
検査官=「あぁ、アソコならココで取ってるから有るはずだねぇ〜、申し訳ないですが、もう少し待ってて」
σ(^.^)=「もし資料が無い場わいは?」と言う質問には
検査官=「そうだねぇ〜、同じような形式のエンジンで計算して出すしかないんだろうけどねぇ〜?」って

でぇ、結局30〜40分待ったのかなぁ〜?
やっと資料が見つかって♪
検査官二人が来て、さぁ〜っていよいよ測定です。
ドラックスターにはタコメーターが無いのでプラグ・ケーブルにブースター繋いで回転数の測定器へ
しかしアイドリング状態でも既に80ホーン以上出てるけどヤバイのかなぁ〜っと思いつつ・・・
3,250rpmで測定してって言ってました!
測定器を見ていると95ボーン前後出てますよぉ〜・・・(-_-;)
これはヤバイのかなぁ〜っと思いつつ見守ってました!
しかし検査官は無表情で!「ハイ、良いですよ、93ホーンでOKです」って♪
えぇ?そうなの?っと思いつつも聞いてみました!
σ(^.^)=「いくつまでOKなのですか?」
検査官=「99ホーンまでですよ、このバイクは低回転エンジンだから99ホーンまでOKなんです
高回転エンジンだと90ホーンなんですダメなんですがねぇ〜低回転エンジンで助かりましたね」って
ホォ♪(^o^)良かったぁ〜♪
こんだけ待たされてマフラー交換しに自宅まで戻るなんてウンザリですからねぇ〜!
検査官=「コレで全部OKですから隣の小屋に書類提出して新しい車検証もらって帰ってください」
検査官=「ご苦労様でした」と言われました!
ありがとうございました♪と答えて隣の小屋で新しい車検証もらって
もう一度「測定」の検査官にお礼を言って来ました♪
 
と言う事でこのカットマフラーは回転数が 3,250rpm で93ホーンの排気音だそうです!
99ホーンまでと言う事は結構きわどい数字ですよね^_^;
また2年後の車検もこんなに手間に成るのでしょかねぇ〜?(謎)

今回は自賠責保険が値下がりに成っていたので
自賠責保険
重量税印紙
車検手数料印紙
書類(用紙)
18,440円
5,000円
1,400円
35円
車検総費用は= 24,875円でした。
前回は= 29,335円だったので 4,460円安く上がり2万5千円未満でした\(^o^)/



☆★☆★☆ 4回目のユーザー車検 ☆★☆★☆

2005年2月22日(火


σ(^.^)の DRAG STAR 650 もコレで4回目のユーザー車検です。
今回も前以て書類だけは貰っていたので、当日少し早めの
AM10時前に車検場に着き書類記入の最終確認をして、
自賠責保険の継続申し込み(18,440円)、重量税印紙(5,000円)、車検手数料印紙(1,400円)を購入
申請書類に印紙を貼ってユーザー車検の受付窓口へ!
記入漏れ、修正箇所もなく受付は無事終了しました♪

2ラウンド目に開始時間は10:30からですから、しばらく待ってください。
と言われましたが、そのままバイクをバイクの車検ラインの7番へ
既に1台のバイクが やはりユーザー車検で待っていました。

その方と、しばらく話をしていたら 時間が来ました。

σ(^.^)は2番目だったので内心ホッっとしました♪
ユーザー車検は4度目ですが 2年に一度ですからねぇ〜
憶えてる様でも なかなか ハッキリとは憶えてなくて毎回戸惑います。
前の人が検査官に教えてもらいながら操作するのをσ(^.^)も確認しながら見てました。
しかし、バイクと検査機の設置位置が悪かったせいで
後輪のブレーキテストでバイクのタイヤは止まっているのですが
ローラーが空回りしてブレーキが利いてないと機会が判断して「X」が出てしまったようです(ーー;)
あぁ〜!あんな事も有るんだなぁ〜っと思いつつ、残念、可愛そうに(^_^;)
まぁ、しかし他の部分では合格だったようですから
もう一度ブレーキだけ再検査すれば「○」がでるだろうって感じでしたがねぇ〜

前の方がラインから出て車体のチェックを受けはじめたら

次の方!初心者ではありませんか?分かりますか?
って聞かれたので、
はい、多分大丈夫だと思います。
って言ってラインに乗ったら、検査官は立ち会ってくれないんですねぇ〜(^_^;)
チョット、不安でしたが! まぁ、電光板の指示どおりに操作すれば良いんだから
落ち着いてやれば良いんだけどさ…(ーー;)
1.先ずは速度計の検査!
前輪をローラーの上に乗せて前輪ブレーキを開放して
検査ラインに設置されてる足元のフットレバースイッチに左足の乗せ
速度計が40K/hmに成ったら足元のフットレバースイッチから足を離してって言う感じ!
σ(^.^)のバイクは逆輸入車なのでマイル表示されてて、
キロメーター表示は内側に小さく表示されてて少し見にくい感じ(^_^;)
でも、まぁ、この辺は成れたもんで難なくOKで「


2.続いてそのまま前輪のブレーキ検査!
同じく前輪をローラーの上に乗せて前輪ブレーキを開放
電光板に「ブレーキを掛けてください」だっかかな?
とにかくそんな感じの指示が出たら前輪のブレーキを掛ける!
これも難なく「
」でOKぇ〜♪

3.今度はバイクを少し前に前進して後輪のブレーキ検査!
後輪をローラーの上に乗せて後輪ブレーキを開放
先程と同じように電光板に「ブレーキを掛けてください」みたいな表示が出たら
後輪のブレーキを踏みます!
これもスンナリ「


4.今度は光軸の検査!
コレが一番、引っかかる確立が高い検査です。
停止線までバイクを進めて電光板が「ヘッドライトを上向きにしてください」みたいな表示が出るので
ライトを上向きに点灯させます!
おぉ〜!これも1回で「
」です♪

これでライン上の機械による検査は終了!全て一発で「
」合格です。

あとは検査官による目視の検査!
車体の亀裂、アブラ漏れ、ボルト等の緩みが無いか 検査用のハンマーで軽く叩かれます!
その後、ヘッドライトを点灯させハイ、ロー、の切り替え
ウインカーの点灯検査、ブレーキランプの検査、などをしました!

最後にマフラー音の検査!
車外品なので音を聞きますって言われ検査官が軽くアクセルを吹かすと
ブ・ロ・ロォ〜ンっと言う大きな音!
検査官も少し違和感ありげにコチラをみる(^_^;)
前回はココで音が少し大きいかもしれないから測定に廻って下さいと言われたんですよねぇ〜
でも測定の結果はこのバイクは低回転エンジンなので
回転数 3,250rpmで 93ホーンの排気音でOKでした♪
その前回の検査結果の控えを一応メモっといたので、それを取り出して説明したら!
うん!そうだねぇ〜!99ホーンまでOKだから大丈夫だねぇ〜
って言われて測定に回されずにOKが出ました(^.^)

まぁ、常時この仕事してるんですから大体の排気音は勘で分かるんでしょうから
その数字をメモで見せればそんなもんだなぁ〜って感じで分かるんでしょうけどね!
でもね、前回の車検の時にも測定の後で次回、この結果を検査官に言っても
検査官の判断ですから音が うるさいかな?と感じたら回されるかも知れませんよ!
とは言われてたので少し心配でした!
だって回されて測定しても良いんですが、逆車で書類が見付からないとかで
前回は測定で1時間待たされましたからねぇ〜(>_<)

まぁ、でも今回は全て一発で合格で\(^o^)/でした♪
しかもラインは検査官に立ち会ってもらわずに出来たしねぇ〜♪

全てOKが出たら「自動車検査票」を機械に入れると結果がスタンプされ!
終了!
書類一式を直ぐ隣の交付の窓口へ提出すると
ものの1〜2分で新しい車検証と検査標章のステッカーが発行交付されます♪
これでユーザー車検は終了です(^.^)

実際ラインに乗って検査する時間は検査官による目視も入れて
計ってたわけでは無いので正確には分かりませんが
トラブルが無ければ10分程度って感じですねぇ〜

10:30の2ラウンド目の検査開始時間から
順番が2番目だったσ(^.^)の車検終了(車検証を貰った時間)が11時前でしたからね♪

費用は前回の2003年と同じ
事前に購入した検査書類(用紙)3点= 35円 (自動車検査票、自動車重量税納付書、継続車検申告書)
自賠責保険= 18,440円、重量税印紙= 5,000円、車検手数料印紙= 1,400円
車検総費用は= 24,875円でした♪

バイクの車検代行のしてくれるホリデー車検では
税込みで43,755円だと言ってましたので
やっぱユーザー車検の方が値段では断然安いですよね!
まぁ、バイク屋さんだったら7〜8万って言う事ですから…(^_^;)



Google