嗚呼、歴代のシンセたち

もちろん、他〜に挙げたシンセしか使ってないワケじゃないです。ただ、音が気に
入らなかったり貧乏だったりお金がなかったり生活に困ったりして売っ払っちゃっ
たのもあるので、だんだん思い出しながらずらずら並べてきましょっか。    

FB-01(YAMAHA)

学校で昔使ってたらしい機材を放出した時にもらったモノです。(その時
System100も放出しててGet権も手に入れたのにモノの大きさ
に恐れをなしてキャンセルしてしまった。あの時無理して持って帰ってれ
ば使わないにしてもいいお金になったのに....ちっ。)      
その頃は今と違ってPCM最盛機で、今時FM音源があってもなぁ、と思
って何曲かで使って売っちゃいました。もらったモン売るなよ。<オレ 

DDD-1(KORG)

今ヒップホップ界で大人気(らしい)!友達から貰ったんですけど、当時
アウトボードを何も持ってなくて、これだけだと浮いちゃうからってんで
別の人にあげちゃいました。持ってれば....ちっ、なんてウソウソ。
サンプリングボードも装備なのでフル活用した曲聞かせてね〜>荘平くん

CMX100 II(YAMAHA)

シンセじゃなくってMTRなんですけどね、これは。FSKシンクも結構
サックリ決まったし、これ自体には別に不満はなかったんだけど、いかん
せん他の機材が貧弱すぎた、当時は。フル活用にはちょっと程遠かったか
なぁ。今買うならやっぱりHDRかadatだしね。         

GMega(KAWAI)

コレ、実はけっこう好きです。特に皮ものパーカッションなんて、今ナン
バー1シェアの某シンセよりも全然良い音がしてると思います。XBなん
とかってドラムモジュールも出してたし、ひょっとしてドラム関係に強い
のかな、カワイさん?手放したのは、込み入ったデータを再生してるとた
まに遅れる事があったので、泣く泣く手放したって感じかなぁ。もちろん
他の楽器でも光る音はあります。オルガンとか割と好み。       

SQ'R+32(Ensoniq)

実は僕、海外モノの音の方が好きかも。国内でもコルグみたいに存在感の
クッキリした音とか。コレはエンソニックらしい、ちょっと上品入った海
外モノの音がしてお気に入りだったんだけど、マルチで使った時にどうも
思い通りに使いこなせなくて。MRを使った時にも思ったんだけど、この
メーカーは内蔵エフェクトが難しい....U220と一緒に売却。  

U-220(Roland)

音は好き。PowerGtrとか。ただねぇ、この頃の機材のノイズの多
さは、今はちょっと許せないものがあるからさ。機材を整理した時に売却
しちゃいました。あと、とんでもないループ取ってる波形があるぞ。しか
もオプションのカード波形とかで。ちょっとそれはないんじゃない?  

SC-88(Roland)

あれ?SC−88持ってるじゃん?というアナタ!鋭いです。でも、今の
はVLです。確かに電源まわりでVLじゃない方が音がちょ〜っち良いよ
うな気はしますが、僕が持ってたのは初期生産分で、そのせいかどうかは
知らないけれど暴走しまくり。一曲まともに演奏するなんて珍しかったし
「ポヒーっ」なんて変な音出さなくても処理落ちはしてたし。あんまりム
カついたのでVLに買い替えちゃいました。あ〜ぁ。         

S-612(AKAI)

今「その独特の質感が良い!」とか静かなブームみたいですが、その手の
音楽はほとんどやらないし、やる時もEQやなんかで実現するので僕には
無縁の機材だった、って事でした。発売当時としては(たしか国産初?)
斬新で高嶺の花だったにしても、その頃僕は生楽器しか興味なかったので
思い入れも全然なし。よって速効で売却。コレ使って1曲も作らなかった
ので、買い値と売り値の差額を損した気分だけが残りました。たとえウン
千円程度にしたってね....今時クイックディスクなんて手に入んない
けど、手放してコレを必要とする人が入手できた方が世のためでしょ。 

X5D/X5DR(Korg)

最も好きで、最も使い込んでるシンセが、コレ。買ったきっかけはライブ
&練習用に持ち運ぶ軽いシンセ、ってだけだったんだけど、KORGのシンセ
は未だにコンビネーションモードがあるから、ライブには持ってこいだよ
ね〜。曲ごとに作って、ライブ直前に曲順にならべとけば楽だって。コレ
の音源版のX5DRもかなり使い込んでるけど、オケの打ち込み(オーケスト
ラ、って意味じゃなくてバッキングオケの事ね。)するのに、音響的じゃ
なくて「音楽的に」一番良い音がするのは、このクラスの音源の中では敵
なし、だと思ってます。使い方次第で、あんまり生オーケストラ知らない
人はコレ一台で作ったのが本物のオケだ!って騙せるし。(騙そうとして
るんじゃなくて、勝手に騙されるんだよぅ。も、ちっと耳育てようぜ。)
今はバンド活動をしていないので会社に引き取ってもらってますが、近々
ワンナイト復活ライブなんて話もあるし、どうなります事やら?(^^)

Proteus/1(E-mu)

とうとう手放してしまった。単純に置き場とMIDIポート数の問題だっ
たりするんですけど、高級機といえども必要な音はDTM音源に揃ってし
まって代用が効く時代になったって事ですね。シンセベースのためにとっ
ておこうかなとも思ったんですが、何故かプロテウス2にも存在感のハッ
キリしたシンベがいるので、この際思い切ってしまいました。あと、何度
かココで書いているように、ハイ落ち感のする波形なのが決定的でした。
音色としてはすごく使い易い楽器なだけに残念といえば残念なんですが。

HR-MP5(Sony)

ハーフラックのリバーブ専用機。R7の流れを組んだものなので、キャラ
クターは相当クリアです。特に、オーケストラの打ち込みをしてトータル
で掛けるには、この価格帯では未だに敵なしなんじゃないでしょうか? 
168RCを導入して、今の機材構成では活用しようがないので手放した
だけです。今度はV77かR7にするだろうし。           

S4plus(Alesis)

中古で買ったせいなのか、何故かadatアウトのデジタルシンクがうま
くいかない。ハテ?と思ってたんだけど、QS’Rで同じ設定で実験して
みたら、何の問題もなかったので、これは中古のせいだな、と思って処分
してしまったのでした。楽器としては何の文句もなかったのに。音も滅茶
苦茶良いし、何より特筆すべきなのは「SoundBridge」ていう
アプリケーション(アレシス提供、フリー)とPCMCIAのメモリカー
ドを使えば、サンプラーとして使える事です。adatアウトの使えるサ
ンプラーって、何かあったっけ?今すぐ思い出せないんだけど、コイツは
それができます。ちなみに転送するデータのフォーマットはサンプルセル
形式。サンプルセルにデジタルアウトが付いてればなー、と思う人は、デ
ジタルアウトのために導入するのもアリでしょう。音はやっぱりアメリカ
的な音がします。で、エフェクターも結構強力(Midiverbとか思
い出せば分かるかな)なので、自分で作る人にはオススメ。通信でデータ
をダウンロードして聴くだけの人は、選ばない方が良いです。