炊飯器レシピ第二段。

今度の事の発端はこれ。
パン焼きモードのある炊飯器


炊飯器でパン。
うわ。

しっかしこの手法、調べてみると「某家の食卓」で裏ワザとして紹介されたりしている。
ぢゃ、やってみようか(笑)


炊飯器で焼く炊くパン

<材料>

  
小麦粉(強力粉) 250g
ドライイースト 5g
砂糖 25g
4g
無塩バター 25g
ぬるま湯 130cc

<材料>
  


<作りかた>

  
1. ボールに小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れて、手で混ぜ合わせる
2. ぬるま湯、とき卵をまぜ、生地をまとめ、こねる
3. 耳たぶほどの硬さになったらバターをいれ、さらにこねる
4. 生地を一まとめにして乾燥防止にラップか濡れ布巾をかけて1時間ほど
一次発酵(生地が元の2倍ぐらいになるまで)
5. 生地を切り分け形を整え10分ほど置く(ベンチタイム)
6. 形を整えて2次発酵。(生地が2倍ぐらいの大きさになるまで)
7. 内側にバターかサラダ油を塗った炊飯器に入れ、炊く
すぐに保温になるので、必要に応じて再炊飯。
8. 途中で上下をひっくり返し、両面をこんがり焼く。



<一次発酵前>

<一次発酵後>

<ベンチタイム>




炊パン前

片面が焼けたようです。

ひっくり返してこんがり



完成。
ピーマンみたい(笑)

中はふっくらしていそう


作ってみて:
やっぱ何かに毒されてるなぁ。
電波の影響(笑)?

しっかし、炊飯器パンは面倒。
ケーキと同様すぐにスイッチが切れるし。
材料を今回の半量にすればもう少し楽かな。加熱時間は半分のはず。

一番の不満は、パンを焼くときのあの香ばしい香りがしない!!
普通のパンならオーブンのほうがいいな。
食べてみると結構もちもち感がある。
あと、「耳」の部分が結構おいしいかも
今度パウンド型を使ってミニ食パンを焼いてみるかなぁ・・・


戻る