タイトル
最終更新日[ 05/03/31 ]|home

 ■「iフォーメーション」    
【特徴】
 サーバーとネットプレーヤーがサービスセンターライン上に立つ陣形(右図参照)です。サーバーはセンター付近からサービスを打ち、センターにサービスを入れます。ネットプレーヤーはサービスのじゃまにならないように、上体を前かがみにして待ちます。
【長所】
  レシーバーは角度をつけてレシーブをすることができないので、レシーブがセンターに集まりやすくなります。そのため、ボレーを打ちやすくなります。また、あらかじめペア同士でポーチに出る方向を打ち合わせたり、サインプレーを用いたりすると、サーバーがスイッチしやすくなります。
【短所】
 サービスをサイドに入れてしまうと、レシーブがストレートに返ってきてしまいます。また、サービスの速度が遅くても同様です。
【備考】
  逆クロスからサービスを打つ場合は右図を左右対称にしてください。
 iフォーメーションは「アメリカン・フォーメーション」 とも呼ぶようです。
 
iフォーメーション図解
 >>オーストラリアン・フォーメーション

top
home

フッタ