孟 子

                        人の和が一番

   天の時は地の利に及ばず、地の利は人の和に及ばない。

   例えば、周囲七里の外城を持つ三里の小さな本城を包囲しながら陥落できないのは、たとえ天の時を選んで攻撃しても、しょせん地の利に及ばないからである。

   堀深く、城壁高く、兵器、甲冑や食料の備えも万全なのに、城を捨てて退却してしまうのは、地の利が人の和に及ばないからである。

   これらの事から、人民を国境によって統治するのは困難であり、国家を山や川の険しさで守るのも又難しい。

   又、天下を兵器の多さやその精鋭さによって威圧するのも不可能だ。最も確かなのは人の和によることである。

   では、人の和を勝ちとるにはどうすればいいのだろうか。

   仁や徳にかなった行いには多くの人が集まり助け合い、仁と徳に背けば人は離れるのを観るに、仁と徳によるしっかりした社会規範にのっとった政治を行うことである。

{孟子 公孫丑下}より
     

戻る     トップに戻る