植物学において、葉は根や茎と共に植物体の主要な栄養器官であり、葉緑体によって光合成を営み、また蒸散作用を主体に行なう器官です。

 葉は茎の節につき、植物の部位によって、互生、対生、輪生など定まった配列を示し、種子植物では葉腋に必ず腋芽を伴い、本来の機能を営む葉は、普通葉、尋常葉、同化葉とも呼ばれます。

 大抵の葉は扁平で薄く、内部の細胞に光が到達するような形態をしていますが、植物によっては線状や棒状となるものもあり、葉に変態が生じて機能も変化する場合があります。

 葉は形態から種々に分類され、葉身、葉柄、託葉の3部が備わったものを完全葉、これらのうち、1つないし2つが欠けたものは、不完全葉と呼ばれています。

 また葉柄のかわりに、葉鞘を持つ植物もありますが、葉鞘は葉の基部で鞘が茎を包んでいる部分で、イネ科などの単子葉植物に多く見られるのが特徴です。

 葉身は、光合成などを営む主要部分で、1枚の
葉身からなる単葉、2枚以上の小葉からなる複
葉があります。

 大抵の葉身は緑色をしていますが、これは葉緑
素の影響で、葉緑素は水と二酸化炭素から、糖
分を合成する働きをしています。

 葉柄は、葉身と茎をつなぐ部分で、葉身を日の当
たる方向へ傾ける役割りをしています。

 また托葉は、 葉が育つと取れてしまい、残らない方が多いのですが、通常は、葉の基部に一対あり、これは新芽を保護する働きをしていると考えられている部位です。

 植物の葉は、葉身の形状から1枚の葉で構成された単葉と、シロツメクサの葉のように、葉身が何枚かの小葉に分かれたものを複葉と呼んでいます。

 複葉は配列によって、羽状複葉と掌状複葉に区別され、羽状複葉は、中央脈から左右に小葉がついている複葉を指し、奇数羽状複葉と偶数羽状複葉があります。

 掌状複葉は、扇状に小葉が広がった複葉を指し、小葉の枚数によって、3出掌状複葉、5出掌状複葉、多出掌状複葉などに分類されています。

 クズの葉やヘビイチゴの葉のように、小葉が3枚あるものは3出複葉と呼ばれ、3出複葉の葉が分かれて、両側に3出複葉がついた葉は2回3出複葉などと呼ばれています。
リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
葉の形や構造は植物の生育環境に適応している
植物の葉の形状や構造は、生育環境に適応したものなので、温帯で湿度がある地域の葉は、高温多湿の熱帯地域や、低温で乾燥した地域とは異なる。
植物学において、葉は根や茎と共に植物体の主要な栄養器官であり、葉緑体によって光合成を営み、また蒸散作用を主体に行なう器官である。
植物の葉は、葉身の形状から1枚の葉で構成された単葉と、シロツメクサの葉のように、葉身が何枚かの小葉に分かれたものを複葉と呼んでいる。
植物の葉には、形態学的な表裏があり、葉の表皮は通常一層で、表面を覆うクチクラによって保護され、光合成や呼吸作用、蒸散などに必要な作用は、裏面の気孔を通して行なわれる。
 植物の葉には、形態学的な表裏があり、葉の表皮は通常一層で、表面を覆うクチクラによって保護され、光合成や呼吸作用、蒸散などに必要な作用は、裏面の気孔を通して行なわれます。

 植物の生態には興味深いものが多く、例えば、多くのマメ科植物は、就眠運動を起すことで知られていますが、オジギソウは葉柄を関節として、明るさ以外の刺激にも敏感に反応します。

 葉の形状は、葉身の形から様々な呼び方がありますが、一般に針形、線形、皮針形、倒皮針形、楕円形、卵形、倒卵形、へら形、心臓形、倒心臓形、腎臓形、楯形などがあります。

 葉の周縁部は葉縁と呼ばれ、縁が滑らかな全縁、縁がノコギリの刃のような鋸歯、縁が波打っている波状、縁が手のひら状に裂けた掌状裂、鳥の羽のように裂けた羽状裂があります。

 葉脈は、光合成の原料である水を葉肉に送り、ここで合成された養分を運び去る通路ですが、厚膜組織や厚角組織などを伴い、葉の骨格としての役目も兼ねています。

 葉の基部から葉の先へ、1本の太い中央脈が通り、そこから細い葉脈が枝分かれしている網状脈や、その他にも羽状脈、掌状脈、平行脈、叉状脈などの分類の仕方があります。

 また花序に対して葉序とも呼ばれるように、葉の配列には様々な種類がありますが、普通は対生、互生、輪生、根生、束生などに分類されて用いられています。

 対生は、同じ高さの茎の部分に、2枚の葉が向かい合っているものを指し、互い違いに茎に葉がついていれば互生となり、同じ高さの茎の部分に3枚以上の葉がついていれば輪生と呼ばれます。

 束生は、1ヵ所から複数の葉が出ているように見えるもので、オオバコのように根際から葉が出ているものは根生と呼ばれ、これらの葉は根出葉、あるいは根生葉と呼ばれています。

 葉が地面を這うように、放射状に広がった状態をロゼットと呼び、タンポポ、ヒメジョオン、ナズナ、ノゲシなどは、代表的なロゼット植物に相当します。

 このように、植物の葉の形状や構造は、生育環境に適応したものなので、例えば、温帯で湿度がある地域の葉は、高温多湿の熱帯地域や、低温で乾燥した地域とは異なります。

 乾燥地域に生育する多肉植物は、葉が海綿状の構造をしているので、水分を多量に蓄えることが可能で、その反対に熱帯雨林の植物の葉は、余分な水分を葉先から排出することができます。
植物の識別特徴として役立つ葉や葉縁の形状
葉身
葉身
葉柄
葉柄
小葉
単葉
羽状複葉
掌状複葉
the_tortoise007001.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野草を給餌する
一般的な夏の野草
一般的な冬の野草
葉の形状と配列
野草と飼料作物
一般的な秋の野草
植物の色素体
豊富な食物繊維
栄養価の問題以外にも、繊維質が豊富な野草は、リクガメにとって非常に好ましい食餌として役立てることができ、繊維質に乏しい野菜だけを給餌した場合、 リクガメは軟便や便秘などの症状を示す傾向があります。
野草のスライド
有毒植物のスライド
 
一般的な春の野草
インフォメーション