リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 温度は、生物が生存するためには、極めて重要な環境要素ですが、鳥や哺乳類などの恒温動物は、温度に対する適応性を持っているので、体温をほぼ一定に保つことができます。

 しかし、リクガメなどの変温動物は、外界の温度変化に左右され易く、水生生物などは、異常気象による水温上昇によって、周辺の生態系が変わるほど、重大な影響をうける場合があります。

 動物が食物を摂取すると、食物は体の中でタンパク質、炭水化物、そして脂肪に変化しますが、その際に発生するのが「熱の産生」で、体から熱が出ていく現象を「熱の放散」といいます。

 体温は、この熱の産生と放散の関係で決まりますから、環境温度が変化しても、熱の産出と放散の調節によって、体温が一定範囲に保たれている動物を「恒温動物」といいます。

 哺乳類や鳥類は、代表的な恒温動物で、これに対して、環境温度によって体温が変化する生物を変温動物と呼んでいます。

 恒温動物は、体温調節の能力を持っているので、外界温度の変化に関わりなく、常にほぼ一定の体温を保つことができるので、定温動物や温血動物とも呼ばれる場合があります。

 恒温動物の特徴として、発達した心臓や肺を持っていることがあげられますが、末端組織にまで、十分な酸素含んだ血液を循環させることができるので、栄養素を分解して、大量の熱エネルギーを発生させることができます。

 また羽毛や体毛、脂肪層などによって体温の放散を防ぎ、汗腺によって体温の上昇を抑えることもでき、体温調節の中枢は間脳の視床下部にあるので、反射的に調節されます。

 変温動物は、外界の温度変化に伴い体温が変動する動物を指しますが、体温調節を行う能力がないので、全ての無脊椎動物、また脊椎動物の中では、魚類、両生類、爬虫類が該当します。

 変温動物が越冬する時は、冬眠する種が多いのですが、甲殻類や昆虫類などは、外界温度が低下すると、筋肉運動などによって代謝量を増やして体温を上昇させたりします。

 爬虫類は、外界温度を積極的に利用することで、体温調節を行う代表的な変温動物ですが、外温動物と表現した方が適切で、無脊椎動物のように、外温と全く同じ体温はしていません。

 日光浴によって体を温めて、体温を上昇させて活動し、暑ければ日陰に移動して体を冷ます、温度移動によって体温を調節していて、一定に保とうとする体温は選好温度と呼ばれています。

 爬虫類の特徴は、活動していない時は体温を下げて、体内の細胞を休ませるので、わずかなエネルギーでも活動することができ、少量の餌を摂取するだけでも生存できます。
リクガメ飼育において、温度と湿度は極めて重要な環境要因である。温湿計は個体が生活する高さに合わせて、ケージ内に幾つか設置するとよい。
デジタル式の最高最低温湿計は、飼育環境を確認する際、視認性に優れているだけでなく、精度が高いのも特徴である。
デジタル式の温湿計は精度が高く高性能であるばかりでなく、アナログ・タイプと大差ない価格で入手できるのも魅力である。
温度は生存に不可欠な重要な環境要素
最も冷え込む深夜から明け方にかけて、確実に保温されているどうかを確認するのに、最高最低温湿計は役立つ。
このようなデジタル式のタイプの中には、最高最低温度計と呼ばれている計器があり、一日の中で最も高い温度と、最も低い温度を記録して表示するタイプがあります。

 最高最低温度計の利点は視認性や精度の高さばかりではなく、温度を確認することが困難な深夜の実際の温度を記録してくれるので、これを基に保温器具の調整が行えることです。

 余裕を持った出力の保温器具を揃えたつもりでも、気候変化によっては現在の設備では不十分な場合もありえるので、最高値と最低値の表示は非常に便利な指標となります。

 また温度計と同時に湿度計を備えた計器も市販されているので、温度と同様に現在の湿度が表示され、一日の中で最高値と最低値の湿度を表示してくれる便利な計器も市販されています。

 日本の四季を何回か過ごし、環境に順化した個体は湿度に対して、ある程度の順応性を持ち合わせていますが、日本の冬季の湿度は多くのリクガメにとって低過ぎるのが実情です。

 多くのリクガメは呼吸器系疾患に弱い生物とも言えるので、極度に乾燥した空気によって鼻腔の粘膜を刺激され、軽症の鼻炎から時間の問題で深刻な肺炎を引き起こしても不思議ではありません。

 リクガメは呼吸することで鼻腔や気管支を経て、肺に空気を送り込むわけですから、飼育者はリクガメが「変温動物」であることを十分に理解し、如何に温度と湿度が重要かを知る必要があります。

 鼻炎は軽症の疾患とは言っても、肺炎に移行する可能性の高い危険な症状ですし、肺炎はリクガメにとって、時間の問題で生死に関わる深刻な疾患であることを忘れてはいけません。

 保温器具は電球タイプだけではなく、園芸用のヒーターなどもリクガメの保温器具として使用することができますが、何れの場合にも保温することで、より乾燥が助長してしまいます。

 このように冬季は、リクガメにとって問題が生じ易い季節でもあるので、保温設備を万全に整えて環境温度を保ち、同時に環境湿度にも注意して無事に越冬させなくてはなりません。

 冬季は環境温度を適切に保ち、さらに環境湿度を調整する必要があり、基本的には電気によって解決できる問題ですが、個体の様子を観察しながら微調整を必要とする場合もあります。
最も冷え込む深夜から明け方の数値を記録
 リクガメ飼育の基本要因には、適切な温度管理や適切な湿度管理、また繊維質が豊富で低タンパク低脂肪の給餌内容、そして紫外線を供給する照明設備などが特に重要となります。

 リクガメに適した飼育環境において、何か突出して重要だと言えるものはなく、上記の事々が総合バランスとして整っていることが理想的であり、現実的に再現する必要があります。

 しかし、リクガメが自ら体温調整を行うことができない「変温動物」であるということを考慮すると、飼育環境における温度管理は極めて重要であり、基本中の基本とも表現できるものです。

 事実、不適切な環境温度下で飼育されたリクガメは体調を崩す原因となることが多々あり、消化不十分による軟便や下痢だけでなく、深刻な肺炎を引き起こしてしまう場合さえあります。

 日中の飼育温度やホットスポット下の温度は確認し易いものですが、ホットスポットを消灯した後の深夜から明け方にかけた最も冷え込む時間帯の温度は、実生活においては確認し難いものです。

 特に飼育温度で問題が生じ易いのは、冬季の夜間から明け方にかけて適温が維持されているか否かであり、実際に目で見て確認することが困難なだけに問題も多く生じてしまうものです。

 風呂の湯加減を手の感覚で確認するのと異なり、保温設備を整えてケージ内の実際の温度を確認するには、温度計を使用するのが一般的ですが、この温度計にも様々な種類があります。

 一般に温度計と言えば、アナログ式のタイプが多く流通していますが、最近では精度の高い高性能なデジタル表示の温度計も市販されているので、リクガメ飼育に是非とも利用したいものです。

 
リクガメ飼育に役立つデジタル最高最低温湿計
the_tortoise018001.jpg
 
 
リクガメの飼育概論
リクガメという生物を理解する為、基本的な環境因子について考察することは大切です。気候的条件には、光因子や温度因子、また湿度因子や水分因子、あるいは空気的な因子などがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リクガメ科の分類
ワシントン条約
各地の平均日照時間
紫外線の効力と作用
光源の光色と色温度
体感温度と不快指数
最高最低温湿計
オゾン層の影響
地球の大気圏
室内の日照状況
 
 
ライトの分光分布図
植物の蒸散作用
 
蛍光ランプの黒変化
大気と地表の熱均衡
インフォメーション