リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 アジア中南部とインド亜大陸の大部分を占める共和国で、イギリス連邦に加盟し、ヒンディー語ではバーラトと称されています。

 北は中国、ネパール、ブータン、東はバングラデシュをはさんでミャンマー、南はポーク海峡を隔ててスリランカ、西はパキスタンに接し、東のベンガル湾に浮かぶアンダマン諸島、またニコバル諸島もインド領です。

 独立以前はイギリス領インドと、多数の藩王国でしたが、1947年にインドとパキスタンに分離してから自治領として独立し、共和国となりました。

 面積は帰属の決定していないカシミールを含めると316万5596uで、日本の約8.5倍。人口は、2006年の推計によると10億9535万2000人で、首都はニューデリーにあります。
植生が豊かなインド
インドは、アジア中南部とインド亜大陸の大部分を占める共和国で、イギリス連邦に加盟し、ヒンディー語では、バーラトと呼ばれている。
インドは植生が豊かで、気候の違いにより熱帯系、あるいは温帯系植物が、地域別に分布している。
インドは、典型的なモンスーン気候帯に属し、6月から10月は南西モンスーンによる雨季、11月から12月は冷涼な乾季、3月から5月は乾燥熱暑の夏となる。 
インドの国土の大半は、インド洋に突き出たインド半島にあり、東はベンガル湾、西はアラビア海に面し、地形はヒマラヤ山脈、ヒンドスタン平原、デカン高原、東西ガーツ山脈の4つに大別される。
インドの国土と気候
 国土の大半はインド洋に突き出たインド半島にあり、東はベンガル湾、西はアラビア海に面し、地形はヒマラヤ山脈、ヒンドスタン平原、デカン高原、東西ガーツ山脈の4つに大別されます。

 ヒマラヤ山脈は、インド北部の大山脈で、世界最高峰のチョモランマ、カンチェンジュンガ山、カシミールの主峰ナンガパルバット山などの高峰が連なっています。

 ヒマラヤ山脈の南には、ヒンドスタン平原が広がり、西にインダス川、中央部をガンガー、東をブラマプトラ川の三大河川が流れています。

 平原の東は、ダージリン付近の狭い地域を通ってバングラデシュ北部を越え、アッサムの丘陵部へと続いています。

 平原は東西に約2400km、南北に約280kmから400kmの幅で広がり、全体として低平な地形となっています。
 デカン高原は、インド半島の大部分を占める広大な台地で、西から東に向かって高度が低くなり、主要河川の大半は東に流れて、ベンガル湾に流れていきます。

 典型的なモンスーン気候帯に属し、6月から10月は南西モンスーンによる雨季、11月から12月は冷涼な乾季、3月から5月は乾燥熱暑の夏となります。 

 気温は12月から2月の冬季には、北部から南部へと高くなりますが、夏季には内陸部で酷暑となり、50℃近くにまで達します。

 気温の日較差は、北東部のコルカタで1月が13℃から27℃、7月が26℃から32℃、西部のボンベイで1月が19℃から30℃、7月が25℃から30℃、南東部のチェンナイでは、1月が19℃から29℃、7月が26℃から36℃です。

 降水量は地域差が大きく、アッサム丘陵、ヒマラヤ東部など北東部や、南西部のマラバル海岸などは多雨ですが、インダス川の中流から下流域では極端に少なく、乾燥地帯のタール砂漠が広がっています。
インドの植生と動物
 インドは植生が豊かで、気候の違いにより熱帯系、あるいは温帯系植物が地域別に分布していて、乾燥地帯はパキスタンに隣接する、北西部の砂漠地帯とデカン高原中央部にあり、フウチョウボク、タケ、ナツメ、シュロなどが分布しています。

 乾燥地帯でも熱帯に属する地域は、ガンガー流域のヒンドスタン平原、デカン高原の北西部と南端部に広がり、沙羅双樹をはじめとする熱帯常緑樹林が分布しています。

 湿潤熱帯地域のデカン高原東部や、西ガーツ山脈西側は、降水量の最も多い地域で、沙羅双樹、シタン、月桂樹などの熱帯常緑樹林が分布しています。

 北西ヒマラヤの温帯高地では、ヒマラヤスギ、クロマツ、エゾマツなどの針葉樹の他、シャクナゲなどが分布しています。

 インドには多種類の動物が生息しており、現存する哺乳類は約316種で、ヒマラヤ山脈の北東部や、デカン高原の奥深い森には象が生息し、山岳地帯には野生のヤギや羊が生息しています。

 また水牛やイッカクサイ、熊、狼、ジャッカル、各種の鹿や猿、カモシカが生息し、爬虫類ではニシキヘビや毒をもつコブラや、リクガメなど約390種、鳥類ではオウム、クジャク、アオサギなど固有種も含めて約926種が生息しています。
バングラ
ディッシュ
ネパール
パキスタン
アフガニスタン
スリランカ
アラビア海
ベンガル湾
インド洋
ボンベイ
ゴア
ニューデリー
ラジャスタン
ジャンム・カシミール
中国
ベンガル
オリッサ
マハラシュトラ
パンジャブ
ウッタルブラデシュ
ビハール
グジャラート
ケララ
カルナタカ
アンドラ
ブラデシュ
マディヤ
ブラデシュ
the_tortoise038001.jpg
 
 
 
 
活性型ビタミン生成
甲羅の成長線
尿酸の生化学
飼育下では、自然界と同様の環境は再現できませんが、飼育者は食物因子や、春夏秋冬の季節変化に伴う、周期性に関与した問題など、試行錯誤をしながら、様々な工夫する必要があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
草食動物と食物繊維
甲羅のメラニン色素
爪と鱗の組成
雌雄の性別判定
変温動物の体温調整
陸生動物の知覚
リクガメの甲長測定
甲板名称の解説
気候分布の考察
インドの気候
地中海の気候
 
マダガスカルの気候
アフリカ大陸の気候
インフォメーション