リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 温度は生体の働きを支配する重要な条件の一つであり、外界温度から固有の最適温度を求めて移動しながら生活しています。

 飼育者は、まずリクガメが恒温動物の哺乳類や鳥類と異なる<変温動物>であるという事を理解する必要があります。

 変温動物とは、体温が一定の高さを保っていない動物のことで、環境温度によって体温が変動するので周囲の温度とほぼ等しいのですが、外温が変化すると体温も上下し、生理機能なども強い影響を受けます。

 例えば、冬季に周囲の外界温度が極度に低下し、冬眠という不活動状態に陥って越冬する変温動物が多いというのが典型的な例です。従って、飼育設備には太陽光線中の赤外線の代用として、保温設備が必要になります。

 リクガメ飼育では、飼育温度とか環境温度という言葉を用いて温度を表現していますが、この意味は飼育ケージ内の温度を指しており、飼育個体に合わせて日中や夜間の温度を設定します。

 基本的にリクガメは昼光性動物ですから、昼は明るく夜は暗い状態が基本ですから、保温電球は夜間用のタイプを使用すれば昼夜を兼用できるので、効率よくケージ内の温度を維持できます。

 冬季は周囲の温度が低いので、温度が高い場所と低い場所が再現し易いのですが、ケージが小さかったり、夏季はケージ内の全体の温度が上昇してしまう場合があるので注意を要します。

 また温度管理で最も問題が発生し易いのが、冬季の夜間から明け方にかけて最も冷え込む時期なので、高出力の保温電球を1個だけ設置すると、突然の球切れに対応できません。

 このように夜間用の保温電球は、確実に温度が再現されることと、突然の球切れも想定して、ケージのサイズによりますが保温電球は2個以上で温度管理をした方が賢明でしょう。

 反射板が備わったスポット型の電球は、真下に向けて設置するので、電球直下だけの温度を上昇させる目的で使用しますが、このような場所のセッティングを<ホットスポット>と呼んでおり、飼育個体が必要とする最適な温度に設定し、個体はバスキングによって体温を上昇させます。

 従って、例えば日中の飼育温度が30℃で、ホットスポットの真下の温度が36℃、夜間の飼育温度が28℃という感じで、リクガメの飼育環境を整えます。

 電球の設置場所は、ケージの中央よりも端の方が温度差を作り易いのですが、この環境を再現するには、ある程度広いケージを必要とします。

 リクガメは食後の消化作用を助長する場合など、適温を求めてホットスポット下に移動したりしますが、通常の水槽は冬季の温度管理には適していますが、夏季の場合は設定温度よりも高くなってしまう場合があります。

 現在では通気性に優れた爬虫類専用の飼育ケージも市販されているので、一般の水槽を使用する場合は一長一短を理解し、例えば、小型ファンで空気を循環させるなどの工夫も必要です。
リクガメを飼育するには、適切な温度管理は非常に重要なポイントで、年間を通して確実に再現する必要がある。
保温器具は、空中サーモスタットと連動させて、日中の最高温度や夜間の最低温度を設定する。ただし、サーモスタットが使用できない照明もある。
保温器具は使用しているケージのサイズや構造に合わせて選定し、厳冬期でも確実に適温を維持しなければならない。
パネルヒーターは底面温度を暖める直接保温なので、あくまでも補助器具として使用する。
恒温動物と変温動物の相違点
 保温器具の点灯状態が続けば、温度は上昇する一方なので、空中サーモスタットと連動させて、設定温度になると自動的に切断され、設定した温度以下だと点灯するようにします。

 ここで注意することは、空中サーモスタットのセンサーを設置する場所は、必ずリクガメが生活する高さに合わせた位置にセットすることなので、中途半端な高さでは、最適な温度を再現することができません。

 特にメタルハライドランプなどは、サーモスタットと連動させて温度管理ができない製品もあるので、高温環境を好む個体なのか、あるいは高輝度の眩しい環境が適しているか否かなど、飼育個体に合わせて照明は選択する必要があります。

 保温電球は、赤外領域を効率良く照射するタイプの方が、保温効果は高いのですが、電球の唯一の欠点は、消耗による電球切れが突然発生することと、保温電球は必然的に冬季が最も使用頻度が高くなりますが、普通でも冬季は乾燥していますが、さらに乾燥してしまうことです。

 またリクガメを飼育するには、保温電球は夏場でも使用しますが、季節に応じて、例えば60W、100W、150Wなどと電球を使い分けますが、最近は調整機能を備えた爬虫類専用の保温器具や調光器も市販されているので、1本の電球で年間を通して使用することもできます。

 また底面パネルヒーターは必需品ではなく、いわゆるホットカッペートのようなもので、例えば、体力の乏しい幼体の腹部を冷やさないためとか、初めての越冬時などに使用したりします。

 ただし、リクガメは呼吸することで空気を肺に送り込むわけですから、呼吸する空気そのものが暖かくなければなりません。

 保温で重要なのは、底面温度ではなく、生活環境の空気を暖めることなので、このような直接保温に依存するのではなく、間接保温による環境設定が大切です。

 従って、このようなパネルヒーターは、あくまでも補助的な保温器具であり、必需品として使用するものではありません。

 直接パネルヒーターに触れることで生じる、低温火傷や、この上にシェルターなどを設置すると、個体がシェルター内に閉じこもる場合もあるので、使用法に関しては注意を要します。
サーモスタットと連動して管理する
the_tortoise043001.jpg
 
リクガメを飼育するには、各々の個体が必要としている、最適な環境を提供する必要があります。変温動物で昼光性であることを理解し、自然下と飼育下の相違点を把握する必要があります。
 
木製の飼育ケージ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リクガメの温度管理
相対湿度と絶対湿度
空中サーモスタット
昼光性動物の照明
生体色素の機能
園芸用土と床材
加湿器と湿度管理
飼育器具と関連製品
水は動物の主要成分
人工芝を用いた床材
室内での放し飼い
インフォメーション