リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 色素には、動物色素や植物色素、また植物色素の中には菌類の代謝する色素も含まれ、合成色素の中には、合成染料、塗料、顔料、着色料も含まれ、感光色素なども含まれます。

 これらの物質を化学的にみると、有機物や無機物など構造は多様化していますが、色素の色は、スペクトルの可視光線における、特定の光の波長だけを吸収する選択吸収に起因しています。

 また残余の波長を反射したりする選択反射など、吸収や透過する分子を生物学では、色素と総称しています。

 例えば、植物色素である葉緑素は、スペクトルにおけるパープルとオレンジからレッドの波長領域を吸収し、この光エネルギーを化学エネルギーに変換します。

 従って、スペクトル中のグリーンとイエローの領域を反射するので、結果的に葉緑素はグリーンとして色知覚されます。

 物質の色は、吸収した色の補色として現出しますが、有機化合物の場合、一般に脂肪族化合物は赤外領域に吸収帯を示します。

 可視光領域や紫外領域には少ないのが特徴で、芳香族化合物の場合は紫外領域吸収帯が認められるのが特徴です。
生体組織が一定の色素を吸着する能力によって、生体内では特異性が発揮され、各々の組織は必要とする色素だけを吸着し、一定の生理作用を営んでいる。
生体組織は一定の色素を吸着する能力を持っており、生体内では特異性が発揮され、各々の組織は必要とする色素だけを吸着し、一定の生理作用を営んでいる。
メラニンは動物に多く認められるもので、リクガメの甲羅や皮膚の色の違いもメラニンの含有量に影響される。
リクガメがビタミンAを摂取するには、プロビタミンであるカロテンからビタミンAを得ることになるが、カロテンは小松菜やチンゲン菜などの野菜にも十分に含まれている。
生物学と色素
 動物色素と植物色素を総称して生体色素と称しますが、合成色素に対して天然色素とも呼び、生体に色彩を与えている生体色素の中には、古来から優れた染料がありました。

 色素中には、生理的にも重要な化合物が存在することは、植物の葉緑素であるクロロフィルや、動物の血色素で酸素を運搬するヘモグロビンなどによって、早くから知られています。

 また重要な生理作用を持つ色素の中には、ビタミンA、E、K、B2、B12などは何れも色素であり、生体酸化に不可欠なチトクロームや、黄色酵素などは色素とタンパク質の結合体といえます。

 葉緑素や他の多くの色素は、触媒としての働きをするので、化学反応を加速したり促進するものの、反応前後で変化しないという特徴をもっています。

 カロチノイドは、動植物に広く見られるレッド、オレンジ、イエローの色素ですが、触媒的な要素を多く含んでいます。

 カロチノイドの中には、カロテンまたはカロチンのように、視覚と成長に重要な役割を果たす、ビタミンAを合成する原料物質となるものもあります。

 このように光合成の補助色素として、吸収した光エネルギーを葉緑素に伝達し、化学エネルギーに変換できるので、カロチノイド色素は、全ての緑色植物や多くの菌類や細菌で合成されています。

 生体組織が一定の色素を吸着する能力によって、生体内では特異性が発揮され、各々の組織は必要とする色素だけを吸着して、一定の生理作用を営んでいます。

 従って、生理作用を有する特定の色素が、体内を循環するうちに、組織によって選択的に色素は吸着されているものと換言することができます。

 色素の種類は千差万別で、分布状態も細胞溶液に溶存するものや、結晶状に存在するものなどと一定でなく、溶解性も種類によって異なりますが、最も一般的な形態は配糖体です。
生体色素の重要な機能
保護色としての機能を持つ色素
 化学的に色素は多くの種類に分類されますが、2つに大別されることも多く、1つは窒素含有色素でヘモグロビンや葉緑素、胆汁色素やメラニンと称される黒色色素などが相当します。

 特にメラニンは動物に多く認められるもので、リクガメの甲羅や皮膚の色の違いもメラニンの含有量に影響され、メラニンに近似した植物染料で有名なのが、東南アジア原産のアイ(藍)です。

 もう1つは、非窒素含有色素でカロチノイドの他、植物にとって重要な色素であるフラボノイドが相当し、葉に分布するフラボノイドは、光合成に重要な光の波長を選択して取り込みます。

 また細胞核やタンパク質を破壊する紫外線を遮断したり、フラボノイドは花の色を決定する重要な役割を果たし、特にレッドとブルーの発色に起因しています。

 色素の中には、動植物に保護色となるものもあり、相手を欺き餌食になることを免れる役割を果たし、着色分布によって生物が背景に紛れ込むので、見分けが困難になります。
the_tortoise047001.jpg
 
リクガメを飼育するには、各々の個体が必要としている、最適な環境を提供する必要があります。変温動物で昼光性であることを理解し、自然下と飼育下の相違点を把握する必要があります。
 
木製の飼育ケージ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リクガメの温度管理
相対湿度と絶対湿度
空中サーモスタット
昼光性動物の照明
生体色素の機能
園芸用土と床材
加湿器と湿度管理
飼育器具と関連製品
水は動物の主要成分
人工芝を用いた床材
室内での放し飼い
インフォメーション