リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 湿度とは空気中に含まれる水蒸気量の度合を指しますが、空気中に水蒸気が充満している時の温度に対して、最大限の水蒸気を含んでいる時の水蒸気圧を「飽和水蒸気圧」と言います。

 湿度を表すには、現在の気温に対する飽和水蒸気圧「E」と、現在の空気中の水蒸気圧「e」との比を百分率で表し、「相対湿度」あるいは単に「湿度」と定義して実用しています。

 また飽和状態からの隔たりの度合いを表す際に、「100−R」あるいは「E−e」を「飽差」と呼称する場合もあります。 
加湿器にはスチーム式、ハイブリッド式、気化式と幾つかのタイプがあるが、何れも一長一短がある。室内の結露などを考慮して、最適なタイプを選択したい。
気化式の加湿器は、洗濯物が乾く際に、水分が気体になって放出される状態と同じ原理を用いている。スチーム式のように加湿中の蒸気や霧は見えないが、室内の温度に影響する。
冬季は温度が低く、保温器具が乾燥を助長するので、湿度管理には注意を要する。
リクガメを飼育する際には、温度管理だけではなく、特に乾燥した冬季の湿度管理は、極めて重要である。個体が生活する高さに合わせて、温湿計を設置するとよい。
湿度の表わし方
 これに対し、1立方メートルの容積内に含まれた水蒸気の質量(グラム/g)を「絶対湿度」と言い、絶対湿度「a」と水蒸気圧との関係は以下のようになります。
 同じ空気であっても、その空気の全体の圧力や温度を変えると、「e」や「R」また「a」などは変わるので、従って空気中の乾燥空気と水蒸気の割合を表す量で、圧力や温度変化によって変わらないものが気団分析などでは必要になる場合があります。

 その目的には「混合比」や「比湿」などが使われ、混合比は空気(1+x)kg中に乾燥空気が1kgある時の「x」を指し、比湿は空気1kg中に「s」だけ水蒸気である場合の「s」を指しています。

 普通、この「x」や「s」はグラム単位で表し、「x」や「s」と気圧「p」、水蒸気圧「e」との関係は以下のようになります。
加湿器のタイプと利点と欠点
 現在市販されている加湿器には幾つかの種類があり、これらは気化式、超音波式、スチーム式、あるいはハイブリット式などのタイプに分けることができます。

 スチーム式は水を沸とうさせる原理と同じなので、加熱された蒸気が微細な霧状で噴出し、室温を下げることなく加湿するのが特徴ですが、窓ガラスなどに結露が生じ易いため、カーテンを傷めたり壁のクロスを傷めてしまう場合があります。

 リクガメ飼育に利用した場合、ケージ内は冷え込まないものの、密閉状態に近いとケージ内が濃霧となり、過剰な供給によって、呼吸器系を患わせてしまう場合があります。

 また窓ガラスなどに結露が発生するのと同様に、ケージ内にも水滴が生じたりするので、床材や備品などにカビが発生し易く、管理を怠ると極めて不衛生な環境になってしまいます。

 気化式の加湿器は洗濯物が乾く際、水分が気体化して放出される原理を用いて、乾燥した空気に湿気を持たせて放出しているので、スチーム式のように加湿中の蒸気や霧は見えません。

 気化式の加湿器はスチーム式と異なり、結露が発生し難いのが利点と言えますが、極度に乾燥したケージ内で効果を発揮させるには、相当量の加湿供給が必要となります。

 つまり必然的に加湿器が大型化し、それに伴い風量も増加するので、冬期に冷えた空気を連続供給すると温度が下がり、適温を維持するためにサーモスタットが作動して、保温を行うという悪循環が発生してしまうことさえあります。

 ハイブリッド式の加湿器は、超音波の振動によって水を微細な霧状にして噴出させ、もう一方ではスチーム式と同様に加熱することで、水をお湯にして霧化したものです。

 スチームの出力比率が調整できるタイプは、気温が高い日中はスチームが出力する割合を低くしたり、気温が下がる夜間は、スチームが出力する割合を高める使い方などができます。

 しかし、霧状の粒子が粗い製品は、ケージ内に白い埃を撒き散らしたようになるので、衛生管理を怠ると、雑菌から何から何まで撒き散らしているような状態になるので注意が必要です。

 超音波式の場合、振動で水を霧状にして噴霧しますが、これは製品によって粒子の粗さが異なるので、少量の水でも持続するものもあれば、著しく水量が減ってしまうものもあります。

 少ない水量でも長時間にわたって持続するものは、それだけ微細な粒子に霧化しているので、ケージ内に水滴が溜まったり、床材が濡れることもないので、使い勝手の良いものと言えます。

 このように加湿器のタイプによって各々には利点と欠点のようなものがあるので、住環境に合わせて適切な種類を選択すると、冬季の湿度管理に加湿器は役立ちます。

 一部のリクガメでは高湿度を維持しなくてはならない種もいますが、大抵の種は湿度60%を目安にして、50〜60%の湿度が再現されていれば特に問題ありません。

 冬季における飼育環境は温度管理だけではなく、湿度管理もリクガメ飼育には極めて重要な環境要因なので注意を要します。
 水は「H O」の分子式が示すように、水素2原子と酸素1原子からなる化合物で、分子の液体状態を指しますが、通常の温度で液体、気体、固体の状態となることができる、唯一の物質です。

 雪は固体の水である氷であり、雲にも氷の結晶が含まれていますが、水滴や露は液体の水、霧や蒸気は水の気体である水蒸気で、大気に含まれている水蒸気量は、湿度と呼ばれています。

 このように水蒸気は、気体の状態にある水ですが、水は374℃以上では、水蒸気としてだけ存在し、それ以下の温度では、水蒸気は液体や固体状態の水と共存しています。

 一定体積の空間が含むことができる水蒸気の量、即ち、水蒸気密度には限界があり、この限度は温度が低くなると、急激に減少してしまいます。

 飽和した水蒸気の圧力は、飽和水蒸気圧として知られていますが、これは100℃で1atmに達する性質を持っています。

水蒸気の物理定数

    1.定圧比熱         0.490 cal ・deg-1 ・g-1 (100℃)
    2.定圧比熱/定容比熱 1.33
    3.熱伝導率         4.04×10-5 cal ・cm-1・sec-1・deg-1   (0℃)
                     5.18×10-5 cal ・cm-1・sec-1・deg-1 (100℃)
    4.音波速度         471.5m/sec (100℃)
    5.屈折率          1.000252
    6.飽和状態における水蒸気の圧力と密度
      温度(℃)      圧力 (atm)       密度(g/1000cm3)
        0        0.00603         0.00485
       10        0.01211         0.00940
       20        0.02306         0.01729
       30        0.04186         0.03037
       40        0.0728          0.0512
       60        0.1966          0.1302
       80        0.4674          0.2933
      100        1.0000          0.598
      150        4.697           2.548
      200       15.35            7.86
      250       39.26           19.98
      300       84.8            46.2
      374      218.0           274.0
飽和状態における水蒸気の圧力と密度
2
the_tortoise049001.jpg
 
リクガメを飼育するには、各々の個体が必要としている、最適な環境を提供する必要があります。変温動物で昼光性であることを理解し、自然下と飼育下の相違点を把握する必要があります。
 
木製の飼育ケージ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リクガメの温度管理
相対湿度と絶対湿度
空中サーモスタット
昼光性動物の照明
生体色素の機能
園芸用土と床材
加湿器と湿度管理
飼育器具と関連製品
水は動物の主要成分
人工芝を用いた床材
室内での放し飼い
インフォメーション