リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 リクガメは草食動物ですから、カルシウムや食物繊維を多く含む野菜や野草を中心に給餌し、マンネリ化や偏食とならないように、多種多様なメニューを考案する必要があります。

 しかし、緑色の葉っぱなら何でも良いというわけにはいかず、例えば、シュウ酸を多く含むホウレンソウは、適切な食材ではありません。

 市販野菜類はリクガメにとって、一般に栄養価が高すぎる傾向があるので、自然界と異なり飼育下では特にカルシウム不足や、繊維不足に注意する必要があります。

 カルシウム不足は、リクガメの甲羅や骨格の成長に影響しますし、繊維不足は消化管に影響し、下痢や便秘などの胃腸障害を引き起こしたりします。

 基本はダイエット食品のフレーズのようですが、低タンパク低脂肪で、不適切な食餌を与え続けると、甲羅が変形したり軟化したり、また内臓に負担を強いるだけで、まさに「百害あって一利なし」そのものです。

 理想は低タンパク質で繊維質を多く含有し、さらにミネラルやビタミンとカルシウムが豊富なメニューですが、自然下と異なり飼育下で理想どおりに給餌することは困難なものの、試行錯誤を繰り返すのもリクガメ飼育の醍醐味と言えるでしょう。

 またリクガメに与える給餌メニューの参考になるように、野菜の成分表などを参照しながら、給餌メニューを考案するのも、リクガメ飼育の楽しみかも知れません。
リクガメには市販野菜だけでなく、可能な限り野草を主食として給餌することが望ましい。
草食性のリクガメには、多種多様な野草や野菜を給餌するが、メニューが偏らないようにバランスを考慮するとよい。
噛み切れない物は、細かく刻んだりするが、引き千切って摂取した方が、クチバシの伸長防止になる。
嗜好性が高くても、同じものばかりを与える単食給餌は避け、多種多様な野菜や野草を給仕するとよい。
自然下と飼育下の相違点
多種多様な野菜や野草を給餌
 市販野菜であれば、一例として、モロヘイヤ、チンゲン菜、小松菜、サラダ菜、大根やカブの葉、また野草であれば、タンポポ、シロツメクサ、オオバコ、アルファルファなどが利用できます。

 自然界と同様の摂取内容を給餌するのは不可能ですから、飼育者は可能な限り多種多様な市販野菜や野草をメニューとして揃えます。

 その他にも、ウチワサボテンやアロエ等の多肉植物も、食餌のメニューに加えていますが、特に野草を給餌することは、飼育下のリクガメにとって極めて重要なポイントになります。

 飼育下のリクガメに起こり易い便秘なども、繊維質が豊富な野草を摂取していれば、大抵は解決する問題なので、可能な限り野草を給餌メニューに添えたいものです。

 キャベツは繊維質が多くて良いのですが、甲状腺腫誘発物質という成分が含まれているので、多量に摂取すると甲状腺に障害が発生する可能性があります。

 この場合、毎日の食餌がキャベツばかりを単食で与えているという意味であり、メニューの中に副食としてキャベツを加えることは、繊維質が豊富なので望ましいことです。

 適切な葉野菜が限られているのに、リクガメは好き嫌いの傾向があるので悩まされますが、季節に応じた様々な野菜を摂取させることが大切です。

 現在の市販野菜は温室が利用されているので、季節に関係なく様々な野菜が入手できますが、やはり旬の野菜は一味違った味覚があります。

 時にはモロヘイヤやトマトしか食べないといった、非常に頑固な時期があったりするので、飼育者は悩むことがあるかも知れません。

 基本的な食餌の与え方は、数種類の野菜を噛み切れない場合は細かく刻んだり、昼光性動物の基本として午前中に与えますが、選り好みをして、その中の好きなものしか口にしない場合もあるかも知れません。

 ただし、ビルマホシガメのように、夕方になってから活発に活動する種もいるので、再び午後に給餌する必要がある種もいます。

 ケージ内は高温環境なので、野菜は極めて乾燥し易く、野菜を丸ごと与えれば、リクガメは野菜を引き千切って摂取するので、クチバシの伸長防止にも役立ちます。

 動物性タンパク質を含むドッグフードや、九官鳥の餌、また野菜でもインゲンやモヤシなどの豆類は不適切な食餌であり、単独で長期的に与えることは、リクガメの寿命を縮めることになります。

 リクガメには多種多様な草食メニューを組み合わせて、偏った内容にならないように注意し、市販野菜類ばかりに依存することなく、給餌メニューに野草を添えることは非常に重要です。
the_tortoise054001.jpg
 
草食性リクガメの食餌
 
自然界と異なり、人工的な管理下でリクガメを健全に育成させることは意外と難しく、不適切な環境下では甲羅が変形したり、また内臓に疾患を発症させたりして、容易く体調を崩してしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
主食と副食の分類
配合飼料と添加剤
給餌メニューの考案
モロヘイヤの毒成分
鶏卵と貝殻の利用
市販野菜の成分表@
市販野菜の成分表A
市販果実の成分表
有毒植物の種類
温浴と新陳代謝
日光浴の目的
 
クチバシや爪の伸長
インフォメーション