リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 生体に外傷や中毒、あるいは寒冷や伝染病などの刺激である、ストレッサーが加わった際、生体は刺激の種類とは無関係に、一連の個体反応である非特異的反応を示します。

 この現象を系統的な一連の反応系としてとらえ、1936年から、疾病に関するストレス学説を提唱したのが、カナダの生理学者であるハンス・セリエで、内分泌学領域に新分野を開きました。

 現代医学では、ストレスとは、生体に様々な刺激が加わった際、それに対して起こる反応を指し、病気の原因となり得る肉体的、化学的、感情的な緊張と考えています。

 この非特異的反応は、ストレスと呼んでいますびますが、換言すると、生体に対して、何らかの有害になるものをストレッサーといい、このストレッサーが原因で、生体が反応して発生した状態のことをストレスといいます。

 一連の生体反応は、3段階に分類されましたが、最初の反応は第1期で、これは警告反応期とも呼ばれ、体がストレスを認識して、戦うか逃げるか何れかの行動に入る準備段階を指します。

 内分泌腺からホルモンが分泌されると、瞳孔が拡大し、心臓の鼓動と呼吸が早まり、血糖値は上昇し、発汗作用を伴い、消化が遅くなるというものです。

 第2期は抵抗期と呼ばれ、警告反応によって生じた体の状態は、ストレスが消えれば回復しますが、ストレスが続くと、体は警戒態勢のまま、警告反応期の状態は回復しないというものです。

 この状態が続くと、第3期の疲憊期(ひはい:かなり疲れ弱ること)となり、ストレス関連疾患が生じたり、長期間ストレスにさらされと、体のエネルギーが消耗し、死に至る場合もあります。

 このように、非特異的反応であるストレスは、主として内分泌系の脳下垂体、副腎皮質系によるものとし、これを汎適応症候群と呼び、警告反応、抵抗期、疲憊期の3段階に分類しました。
 刺激であるストレッサーを受けた直後は、生体は何の準備もできていないので、受動的な反応を示すだけですが、間もなく脳下垂体が働いて、積極的な防御反応である警告反応に移り、次いで生体は、ストレッサーに順応して、抵抗性を有するようになるのが抵抗期です。

 しかし、さらにストレッサーが続くと、生体は抵抗性を失ってしまい、もはやストレッサーに耐えられない状態となったのが疲憊期です。
 ストレスが原因で起きる病気や、ストレスによって悪化する病気は、現代社会では、身近な疾患ですが、このストレスが心身に影響を及ぼすのは、何も私たちが暮らす社会だけではありません。

 自然界では、常に様々な自然現象や、野生動物などの危険にさらされており、進化の過程において、このような危険に対処していけるように発達し、生き残っていると言えます。

 動物が肉体的な危険に遭遇すると、逃げるか戦うかの二者択一となりますが、この時の状態は、激しい運動をすれば消失するため、実際に戦ったり、逃げることで、体の状態は元に戻ります。

 しかし、危険に対処しようとして体が準備しても、実際には身動きが取れないと、限界を超えてしまうことになり、こうした状況下でストレスの問題は起こります。

 ストレスに関する生体反応に、ホルモン系が影響を与えていることは事実で、何らかの有害因子である、ストレッサーが加わると、脳の間脳視床下部が反応し、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されます。

 これによって、脳の中にある下垂体が刺激を受けて、副腎皮質刺激ホルモンの分泌が活性化されて、腎臓の横にある臓器の副腎皮質が刺激され、副腎皮質ホルモンの分泌が促進されます。

 この副腎皮質ホルモンは、生体の防御反応である、炎症の抑制作用として働く成分を有するので、ホルモン分泌のバランスが崩壊すると、細菌感染を受け易くなり、結果的に感染症を発症したりしてしまいます。

 飼育しているリクガメが、何世代目かの養殖個体であっても、本来が野生動物であるという、資質は失っていないわけですから、リクガメがストレスなく暮らせる環境を提供することは重要です。

  1.不必要にリクガメに触れていないか?

  2.昼は明るく夜は暗くという日中夜のサイクルがつけられているか?

  3.同じケージ内で別種のリクガメと同居させたりしていないか?

  4.その種に求められる適温や適切な照明設備は整っているか?

  5.サイズが極端に異なる個体や過密状態で飼育していないか?

  6.リクガメの頭上に人影が頻繁に入り込んで驚かせていないか?

 これらはほんの一例であって、リクガメのストレスの原因となるストレッサーの要因は多々あるわけですが、意外と日常的な身近な問題に関与したもの、例えば周期的なリズムなども多いようです。




 
ストレスと呼ばれる生体の非特異的な反応
ストレッサーが加わった際、生体は刺激の種類とは無関係にストレスと呼ばれる、非特異的反応を示す。
養殖個体であっても、本来が野生動物であるという資質は失っていないので、リクガメがストレスなく暮らせる環境を提供することは重要である。
生体に対して、何らかの有害因子になるものがストレッサーで、これが原因で生体が反応して発生した状態がストレスである。
リクガメにとって、何がストレッサーとなるのかを理解し、可能な限りストレスを与えないように注意する必要がある。
ストレッサー
間脳視床下部
下垂体
副腎皮質
ストレッサー
警告反応
抵抗期
疲憊期
生体反応とストレス関連疾患
the_tortoise084001.jpg
 
健康な状態とは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リクガメの飼育法は、まだ確立されてなく、爬虫類の診療ができる動物病院は、限られているのが現状です。病気になってからでは手遅れの場合もあり、早期の発見と治療が重要です。
鼻腔からの分泌物
腫瘍の医学的な定義
甲羅の変形
骨軟化症の原因
下痢‐水様性の便
飼育下のストレス
アレルギー性疾患
薬理作用の基礎知識
上皮細胞の剥離
 
 
 
 
 
 
 
血中カルシウム濃度
雌個体の解剖図例
便秘‐便通過遅延
リクガメの眼疾患
リクガメの脱水症
リクガメの寄生虫
熱中症と応急処置
 
 
 
 
 
 
爬虫類の食欲不振
中毒症状と嘔吐
リクガメの尿路結石
異物の誤飲と腸閉塞
放射線医学X線
腎機能障害
 
インフォメーション