リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
アレルギーとは何か?
 アレルギー(allergy)という用語は、1906年に初めて提唱された言葉ですが、この概念は人体または動物体が、ある病気にかかってこれを経過するか、または抗原が一度体内に入ると、その生体は抗原に対して異常反応を呈するようになるというものです。

 そしてこの異常反応は、その反応能力がより減弱していて、抗原に対する感受性が少なくなる免疫になる場合と、反応能力がより異常に進行して、いわゆる過敏症状であるアナフィラキシーを呈する場合の2つに区別されていました。

 しかし、今日の現代医学で実際用いられているアレルギーという用語は、反応能力が異常に進行した場合の過敏状態のみを意味しています。

 従って、アレルギーとは正常な生体には全く無害な種々の物質に対して、特定の生体が先天的ないし後天的に、特異な異常反応を呈することを指しています。

 例えば、鶏卵や牛乳などは、我々の食物として正常の人には全く何の害もありませんが、アレルギーのある人が鶏卵や牛乳を飲食すると、ジンマシン、嘔吐、腹痛、下痢を引き起こしたりします。

 また春になって花が咲き始めた時、その花粉を吸うと、枯草熱である花粉アレルギーを引き起こすことは周知の事実で、その他種々の病気にかかると、その病原体の細菌の為に感作されて、その後、この細菌によってアレルギーを引き起こすことがあり、これらは細菌性アレルギーまたは感染性アレルギーとも称されています。
抗原抗体反応
 アレルギー性疾患とは、抗原抗体反応によるアレルギー現象によって起こる病気を指しますが、今日では一般に相当広義に解釈されているのが実情です。

 生体がアレルゲン(抗原)となる外界の物質によって感作されると、このアレルゲンは後にこの生体に対しては「病原」とし作用するので、一定の症状を引き起こすよう
になります。

 しかし、このアレルゲンは、正常なその他の生体に対しては全く何の症状も起こさないか、あるいは全く異なった症状を起こす場合もあります。

 従って、例えば鼻腔から吸入されたりした抗原、即ちアレルゲンによって生体が感作されると、その後はこのアレルゲンが再び体内に入ると、たちまちアレルギー性の症状を起こす病気が「アレルギー性疾患」です。

 このアレルゲン(抗原)と、その生体の体内で生じたレアギン(抗体)とが結合すると「抗原抗体反応」が起こり、その結果起こる病気(症状)を指しています。
今日のアレルギー性疾患
 アレルギー性疾患と称されているものは幾つかありますが、リクガメで最も多いのは「アレルギー性鼻炎」で、これは種々のアレルゲン(抗原)が体内に入った時の一種の鼻炎です。

 このアレルゲン(抗原)となるものは多様で、例えば床材の微細な粉塵、様々な埃、花粉、食物と多々ありますが、残念ながら何が抗原として影響しているのか、明確に特定できない場合の方が多いかも知れません。

 アレルギー性疾患は、アレルギー性素質の遺伝が濃厚と考えられていますが、現実的な予防法は疾患を誘発するアレルゲン(抗原)を除去することが有効な方法となります。

 アレルギー性鼻炎の典型的な症状は、粘性ではなく「水様性の鼻汁」を垂らすことですが、時にはこの症状が慢性化する場合もあり、個体によっては涙目を呈する場合もあります。

 症状が全く同じで、抗原が明らかでないものを「血管運動神経性鼻炎」と称する場合もあり、これは1日のうちでは朝起きて体温が一時的に低下した時に症状が起こり、数時間で治るものもあります。

 また1年のうちでは、季節の変り目や乾燥した冬季に認められるので、俗に言う「感冒」と混同される場合がありますが、これらは感冒とは異なり放置しても肺炎を併発するような事はなく、飼育個体は何の問題もなく成長を遂げますが、慢性化した鼻炎は根治し難い疾患です。
アレルギーとは、正常な生体には全く無害な種々の物質に対して、特定の生体が先天的ないし後天的に特異な異常反応を呈することを指す。
アレルゲン(抗原)となるものは多様で、例えば、床材の微細な粉塵や埃などが影響する場合もある。
アレルゲンによって生体が感作されると、その後は、このアレルゲンが再び体内に入ると、特有の症状を起こす病気がアレルギー性疾患である。
リクガメで最も多いのは、アレルギー性鼻炎で、これは種々のアレルゲン(抗原)が体内に入った時の一種の鼻炎である。
the_tortoise088001.jpg
 
健康な状態とは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リクガメの飼育法は、まだ確立されてなく、爬虫類の診療ができる動物病院は、限られているのが現状です。病気になってからでは手遅れの場合もあり、早期の発見と治療が重要です。
鼻腔からの分泌物
腫瘍の医学的な定義
甲羅の変形
骨軟化症の原因
下痢‐水様性の便
飼育下のストレス
アレルギー性疾患
薬理作用の基礎知識
上皮細胞の剥離
 
 
 
 
 
 
 
血中カルシウム濃度
雌個体の解剖図例
便秘‐便通過遅延
リクガメの眼疾患
リクガメの脱水症
リクガメの寄生虫
熱中症と応急処置
 
 
 
 
 
 
爬虫類の食欲不振
中毒症状と嘔吐
リクガメの尿路結石
異物の誤飲と腸閉塞
放射線医学X線
腎機能障害
 
インフォメーション