リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 無機質はミネラルとも称され、体の構成成分としての役割りと、生理作用を調整する機能を持ち合わせており、特に細胞が正常に機能するためには不可欠で、多量のナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどを必要とします。

 体の構成成分としては、骨や甲羅などの硬成分となる、カルシウム、マグネシウム、リンなどがあり、筋肉や細胞膜、血液などの軟組織となる、鉄、リン、硫黄、カリウムなどがあります。

 生理作用を調節する機能としては、体液の浸透圧を正常に維持したり、あるいは筋肉の働きを正常に保つ作用、また体液のペーハー(pH/水素指数)を保つなどがありますが、無機質は、体内では合成されない類のものですから、食物から摂取しなくてはなりません。

 このように、多量の無機質を必要とするものもあれば、銅、フッ化物、ヨウ素、鉄、亜鉛などのように、微量の無機質で十分なものもありますが、特定の無機質が多すぎても、その反対に少なすぎても、障害を引き起こす原因になります。

 様々な種類の物を摂取していれば、バランスが崩れることは滅多にありませんが、鉄分やヨウ素などの欠乏状態を除けば、栄養障害や、無機質不足による障害は、ほとんどないはずです。

 しかし、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの無機質は、電解質の機能に関与しており、体は電解質を使って筋肉などの機能を調整するので、酸と塩基のバランスを保ち、正常に機能させる必要があります。

 電解質を細胞に出し入れすることで、体は電解質濃度を維持していますから、腎機能によって、血液中の電解質が濾過され、余剰分は尿として排泄することで、体のバランスというものは保たれています。
無機質の概要
 
 名称
 性質
 生理作用
 欠乏症
 カルシウム
 (Ca)
 リン酸塩や炭酸塩として骨や
 甲羅の成分となっている。
 
 残りは血液や筋肉、神経など
 の組織に、イオンや種々の塩
 基として含まれる。 
 骨などの硬組織を形成。
 
 血液をアルカリ性にする。
 
 血液の凝固作用に関係。
 
 心筋の収縮作用を増加。
 発育不全や骨などの硬質組織 
 が脆くなる。
 
 ビタミンDが不足するとカ
 ウムの吸収や利用がくなり、
 欠乏症状を起こ易い。
 リン
 (P)
 リン酸カルシウムやリン酸マ
 グネシウムとして、骨などの
 硬組織を形成する。
 
 筋肉や脳、神経、肝臓、肺臓、
 その他、全ての組織に含まれ
 る。
 骨などの硬組織を形成する。
 
 リン脂質や核酸の成分。
 
 ビタミンB1やB2などと結合し
 て補酵素となる。
 
 糖質代謝を円滑に進める。
 硬質組織が弱くなる。
 
 骨折などを起こし易くなる。
 
 (Fe)
 主に赤血球のヘモグロビンや
 筋肉のミオグロビン及び肝臓
 に含まれ、一部は全身の細
 胞に広く分布している。
 ヘモグロビンの鉄は酸素を
 運 し、ミオグロビンの鉄は
 血中の酸素を細胞に取り入
 れる。
 
 各細胞の鉄は、酸素の生活
 化係 し、栄養素の燃焼
 に役立つ。
 赤血球数が正常であっても、
 ヘモグロビン量が減少する。
 
 発育不全になる場合がある。
 ナトリウム
 (Na)
 食塩、重炭酸塩、リン酸塩と
 して体液中 に含まれる。
 血漿など細胞外液の浸透圧
 が一定に保持するように調
 節される。
 
 体液のアルカリ性を維持。
 長期欠乏の場合、消化液 の
 分泌減退が起こる。
 
 胃酸が減少すると食欲不
 なる場合がある。
 
 カリウム
 (K)
 リン酸塩あるいはタンパク質
 と結合して細胞中にある。
 
 心臓機能や筋肉機能を調節
 する。
 
 細胞内液の浸透圧が一定に
 保たれるように調節する。
 筋力が低下し、筋無力症
 痺状態になる場合がある。
 
 腸が麻痺して腸閉塞症に
 たり、膀胱が麻痺して拡張する
 場合がある。
 
 知覚能力の低下や反射能
 の低下。
 ヨウ素
 (I)
 甲状腺ホルモンであるチロキ
 シンの成分。
 成長期に相当する発育の促
 進や、基礎代謝の活性化。
 甲状腺腫を起こしたり、新
 謝が鈍り発育が鈍る。
 
 マグネシウム
 (Mg)
 大半以上が骨に含まれ、筋肉
 や脳、また神経にも存在する。
 刺激に因る筋肉の興奮性を
 高める。
 
 刺激に因る神経の興奮性を
 低める。
 
 酵素作用を活性化させる。
 血管が拡張して過度に充
 たり、心悸亢進を起こす場合が
 ある。
 マンガン
 (Mn)
 肝臓や膵臓に含まれる。
 骨や肝臓の酵素作用を活性
 化させる。
 
  リン酸カルシウムなど骨の
 生成を促進する。
 血管が拡張して過度に充
 たり、心悸亢進を起こす場合が
 ある。
 銅
 (Cu)
 筋肉や骨また肝臓に多い。
 骨髄でヘモグロビンの生成
 時に鉄の利用を容易くする。
 
 腸管からの鉄の吸収を助長
 する。
 ヘモグロビンの生成が減
 る。
 
 骨折や変形が起こり易い。
 
 亜鉛
 (Zn)
 皮膚や硝子体、前立腺、肝臓、
 腎臓に多い。
 皮膚や骨格の発育や維持。
 
 炭酸脱水酵素や乳酸脱水酵
 素などの成分。
 十分に成長しない。
 
 皮膚障害。
 コバルト
 (Co)
 ビタミンB12の成分として広く
 分布する。
 造血機能に不可欠で赤血球
 や血色素の生成に関係。
 血液の生成障害。
 塩素
 (Cl)
 食塩や塩化カリウムとして、
 細胞内外に含まれ、塩酸とし
 て胃液中に含まれる。
 胃酸の塩酸(HCI)の成分。
 
 血液の酸度や浸透圧の維持。
 胃液の酸度低下や食欲不振
 または消化不良。
 
主な無機質
電解質の濃度は、極めて正確に保つ必要があるので、体は電解質を細胞に出し入れし、腎臓で血液中の電解質を濾過するこで、バランスを保っている。
鉄分やヨウ素を除けば、通常は無機質が不足して、障害が起きるようなことはない。バランスが大切なので、偏らないように摂取することが重要である。
ミネラルは、体の細胞が正常に機能するために必要であり、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、塩化物、リン酸塩を必要としている。
無機質は、電解質として重要であり、体の機能は電解質を用いることによって、神経や筋肉を調整し、酸と塩基のバランスを保っている。
the_tortoise102001.jpg
 
 
生物体が生存するため、体外から取り入れる物質を栄養素と言いますが、飼育下のリクガメは何が不足し、何が過剰かを飼育者は把握し、これらをバランス良く調整する必要があります。
栄養素の輪廻
 
 
 
 
 
 
 
 
栄養素の種類と働き
糖質:炭水化物
炭水化物の種類
ビタミン概論
カルシウムの概要
脂質の概要
タンパク質の概要
無機質:ミネラル
 
 
 
 
 
 
 
 
ビタミンAの概要
ビタミンB1/B2
ビタミンB6/B12
ビタミンCの概要
ビタミンDの概要
ビタミンEの概要
ビタミンKの概要
その他のビタミン
 
クエン酸サイクル
 
 
食中毒の種類と原因
 
自然毒食中毒
細菌性食中毒
 
化学性食中毒
 
インフォメーション