リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 ビタミンDは脂溶性ビタミンで、化学名をカルシフェロールと称していますが、栄養素として重要なのは、植物から得られるビタミンD2、即ち、エルゴカルシフェロールと、直射日光を浴びて、皮膚に形成される、ビタミンD3のコレカルシフェロールがあります。

 特に草食性のリクガメと、このビタミンDは密接な関係がありますが、生成されたビタミンDは、主に肝臓に蓄積されますが、さらに肝臓や腎臓で代謝されて、活性型に変換されないと利用できず、活性型となったビタミンDが、腸においてカルシウムやリンの吸収を促進します。

 生体機能が正常に働くためには、無機質を吸収する際、ビタミンDが不可欠となるので、このビタミンDが不足した状態だと、まず血中カルシウム濃度が低下することになります。

 正常でない状態を補正するため、生体機能は、不足しているビタミンDを補うので、この際、副甲状腺ホルモンを増加させて、血中カルシウム濃度を上昇させようとします。

 ビタミンDが欠乏すると、必要以上にカルシウムなどが溶出されてしまうので、俗に言う、くる病が発症したり、成体であっても、骨軟化症に等しい症状があらわれたりします。

 草食性リクガメの場合、食物から摂取するビタミンDは皆無に等しいので、太陽光を十分に利用して生成する必要がありますが、皮膚でつくられるビタミンDは、脂溶性なので微量です。

 不適切な飼育環境が原因で、腎機能や肝機能に障害を引き起こしてしまうと、肝心なビタミンDを利用できる活性型に変換できなくなってしまうので、より発症率が高くなってしまいます。
7-デヒドロコレステリン
骨や甲羅の形成維持に不可欠なビタミン
ビタミンDの生化学
ビタミンDは脂溶性ビタミンで、化学名をカルシフェロール称しているが、リクガメにとって重要なのはビタミンD3である。
給餌内容物のカルシウムとリンの割合が適切でないと、骨や甲羅などの発育に影響を及ぼしてしまう。
プロビタミンDはエルゴステリンや、動物性食品中に含まれるデヒドコレステリンなどを指すが、これらは紫外線に因ってD2やD3に生成される。
ビタミンD3は動物の皮膚に含まれる7-デヒドロコレステリンというプロビタミンが、紫外線の照射によって生成されたものである。 
 プロビタミンDは、キノコの中に多いエルゴステリンや、動物性食品中に含まれる、デヒドコレステリンなどを指しますが、これらは紫外線に因って、それぞれD2やD3に生成されます。

 ビタミンD3は、コレカルシフェロールとも称されますが、これは動物の皮膚のステリンに含まれる、7-デヒドロコレステリンという、ビタミンD前駆体であるプロビタミンが、紫外線の照射によって生成されたものです。

 このようにビタミンDは、正常に骨が形成され、体内にカ
ルシウムとリンを蓄積するために必要なビタミンです。

 動物性食品に含まれ、多くの食品に含まれているステロ
ールが、皮膚の方に移動し、直射日光に当たることで、体
内で生成されます。

 従って、ビタミンDが欠乏して発症するくる病は、日照条
件に恵まれた熱帯地方では、滅多に見られません。

 ビタミンDは、脂溶性という性質なので、長期間にわたっ
て、大量のビタミンDを摂取すると、有害作用が生じるリス
クが高まります。

 血中カルシウム濃度が上昇する、高カルシウム血症など
が典型的なものですが、初期症状は、食欲不振ぐらいで、これといった特徴的なものはありません。

 しかし、この疾患は深刻で、カルシウム濃度が影響して、腎臓や血管にカルシウムが蓄積してしまい、場合によっては、腎機能不全を引き起こしても不思議ではありません。
the_tortoise106001.jpg
 
 
生物体が生存するため、体外から取り入れる物質を栄養素と言いますが、飼育下のリクガメは何が不足し、何が過剰かを飼育者は把握し、これらをバランス良く調整する必要があります。
栄養素の輪廻
 
 
 
 
 
 
 
 
栄養素の種類と働き
糖質:炭水化物
炭水化物の種類
ビタミン概論
カルシウムの概要
脂質の概要
タンパク質の概要
無機質:ミネラル
 
 
 
 
 
 
 
 
ビタミンAの概要
ビタミンB1/B2
ビタミンB6/B12
ビタミンCの概要
ビタミンDの概要
ビタミンEの概要
ビタミンKの概要
その他のビタミン
 
クエン酸サイクル
 
 
食中毒の種類と原因
 
自然毒食中毒
細菌性食中毒
 
化学性食中毒
 
インフォメーション