リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 ビタミンKには、ふたつのタイプがあり、フィロキノンは、栄養的に最も重要なものと考えられていますが、こフィロキノンは、植物によって生成され、食餌から摂取することができます。

 腸内細菌によって産生されるのが、もう一方のメナキノンですが、これは出血を調整するタンパク質の合成に必要なので、ビタミンKが不足すると、血液を正常に凝固することができません。

 このように、ビタミンKが動物体内で欠乏すると、血液の凝固が遅れますが、その原因は、血漿中にあるプロトロンビンという成分が減少するためで、肝臓におけるプロトロンビンの生成には、ビタミンKが必要と考えられています。

 ビタミンKの腸からの吸収は、胆汁酸によって促進されるので、胆道閉塞症の時は、ビタミンKが欠乏し、血中プロトロンビンが低下して出血性に傾きます。

 ビタミンKは、トマト、キャベツ、緑葉、海藻などに含まれていて、当初は、牧草でもあるアルファルファから、単離されたものをビタミンK1(化学名フィロキノン)、腐敗魚糧から単離されものを、K2と呼んでいましたが、後に、化学構造の簡単なものが人工的に合成されました。
ビタミンK
オオバコは多くのリクガメが高い嗜好性を示す、繊維質が豊富な植物である。
イネ科の植物は繊維質が多く理想的だが、必ずしも高い嗜好性を示すとは限らない。
カタバミなども食べてしまうリクガメもいるので、このような植物には注意したいものである。
見分け易く、入手し易いタンポポは、リクガメに与える野草としては代表的なものである。
 このようにビタミンKは、主に血液を凝固させるために必要なビタミンですが、血液を凝固させるためのフィブリンを生成するのに必要な、酵素であるプロトロンビンを生成します。

 例えば、野草のアルファルファは非常に多く含有されているので、ビタミンKを濃縮した製剤をつくる原料となります。

 食品として見た場合、全ての緑色野菜に含まれているので、通常の給餌内容であればビタミンKもプロトロンビンも、不足することはまずありません。

 しかし、消化機能障害を発症していると、ビタミンKが吸収され難くなり、血液を凝固させる作用に異常が生じる場合もあり、骨の代謝にも関与するものと考えられています。
血液を凝固させるビタミン
the_tortoise108001.jpg
 
 
生物体が生存するため、体外から取り入れる物質を栄養素と言いますが、飼育下のリクガメは何が不足し、何が過剰かを飼育者は把握し、これらをバランス良く調整する必要があります。
栄養素の輪廻
 
 
 
 
 
 
 
 
栄養素の種類と働き
糖質:炭水化物
炭水化物の種類
ビタミン概論
カルシウムの概要
脂質の概要
タンパク質の概要
無機質:ミネラル
 
 
 
 
 
 
 
 
ビタミンAの概要
ビタミンB1/B2
ビタミンB6/B12
ビタミンCの概要
ビタミンDの概要
ビタミンEの概要
ビタミンKの概要
その他のビタミン
 
クエン酸サイクル
 
 
食中毒の種類と原因
 
自然毒食中毒
細菌性食中毒
 
化学性食中毒
 
インフォメーション