リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 化学名をチアミン、アノイリンと称し、ビタミンB1の欠乏は<脚気>の主因となることが知られています。

 動物でも鳥(ニワトリ、ハト、ジュウシマツ)、ネズミなどで実験的にビタミンB1欠乏症を観察することができ、神経症状として麻痺と痙攣(けいれん)を起こし、徐脈、体温低下、食欲減退などが著明に現れます。

 ビタミンB1は米の胚芽、酵母、肝臓などに特に多く、またハムやソーセージ、卵黄、モツ、豆類に多く、水溶性でアルカリや熱によって破壊され易い化合物です。

 動物体内では肝臓、心臓、腎臓、脳などはビタミンB1を濃厚に含んでいて、このビタミンB1欠乏症の時は、その濃度が下がりますが、体内のビタミンB1は大部分が結合型となっていて、遊離型はわずかです。

 また一部は糞便や尿中に排泄されますが、尿中に排泄される型は全て<遊離型>です。

 アサリやシジミあるいはハマグリなどの貝類や、魚の内臓、シダ類(ワラビやスギナの芽)などには、ビタミンB1を分解する酵素(チアミナーゼまたはアノイリナーゼ)があります。

 また魚肉中にはほとんどありませんが、腸内に繁殖するバクテリアの中に、アノイリナーゼを出すものがあります(アノイリナーゼ菌)。

 B1の化学的測定量法は、これを酸化してチオクロムにすると蛍光を発するので、その蛍光の強さによって測定を行なったり、ジアゾ化パラアミノアセトフェノンを加えて、呈色させる比色定量法もあります。

 このようにチアミンとも称されるビタミンB1は、
炭水化物の代謝に触媒として働き、ピルビン
酸を吸収させ、炭水化物を分解してエネルギー
となります。

 チアミンは神経の働きを調節する物質の合
成にも関係しています。

 チアミンを最も豊富に含んでいる食品には、
緑色野菜や豆類があります。
 化学名をリボフラビン、ラクトフラビンと称し、このビタミンの欠乏
は成長が止まり、口角炎、口唇炎、舌炎などが起こり、口腔周囲
や鼻腔部にも皮膚炎(脂漏性皮膚炎)が起こります。

 目では角膜の血管新生や、瀰漫性表層角膜炎が起こり、ネズミ
でも成長が止まってしまい、皮膚炎や脱毛症が起こります。

 胚芽、酵母、肝臓の他、牛乳、卵、鳥や魚介肉、モツ、イナゴに多
く、豆類、緑色の野菜、海藻、シイタケなどにも多く、動物体内では
内臓に濃厚に含有され、結合型となっています。

 黄色い色素で、熱に対しては安定していますが、光に晒されると
破壊され作用を失います。

 化学的に定量するには、光を当てて蛍光性のルミフラビンとし、
その蛍光の強さを測定します。

 またビタミンB2とも呼ばれるリボフラビンは、チアミンのように補
酵素として炭水化物や脂肪の代謝に関係します。

 特に細胞内呼吸での補酵素としての働きは重要で、粘膜を正常
に保つ働きもします。
ビタミンB1
ビタミンB2
嗜好性を示すからといって、例えば、高栄養価のモロヘイヤばかりを給餌するのは、リクガメにとって決して好ましくない。
キャベツは誤解されることが多い野菜だが、キャベツに含まれる食物繊維は豊富なので、上手に利用したい市販野菜である。
成長期に相当する個体には、カルシウムが豊富で、栄養価は控えめな植物を給餌して、緩慢に育成させたいものである。
尿酸の排泄量と排泄頻度に注意し、給餌内容のバランスを考案すると一助になる。
the_tortoise109001.jpg
 
 
生物体が生存するため、体外から取り入れる物質を栄養素と言いますが、飼育下のリクガメは何が不足し、何が過剰かを飼育者は把握し、これらをバランス良く調整する必要があります。
栄養素の輪廻
 
 
 
 
 
 
 
 
栄養素の種類と働き
糖質:炭水化物
炭水化物の種類
ビタミン概論
カルシウムの概要
脂質の概要
タンパク質の概要
無機質:ミネラル
 
 
 
 
 
 
 
 
ビタミンAの概要
ビタミンB1/B2
ビタミンB6/B12
ビタミンCの概要
ビタミンDの概要
ビタミンEの概要
ビタミンKの概要
その他のビタミン
 
クエン酸サイクル
 
 
食中毒の種類と原因
 
自然毒食中毒
細菌性食中毒
 
化学性食中毒
 
インフォメーション