リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 ビタミンB12は、コバラミンとも称され、葉酸と同様に、赤血球の形成や、細胞の遺伝物質である、DNAの合成の際にも必要で、神経機能を正常に保つためにも必要なビタミンです。

 このビタミンB12は、多くの他のビタミンと異なり、相当量が肝臓に蓄積されているビタミンなので、消費するには数年を要する量が、体内に蓄積されているのが特徴です。

 悪性の貧血は、葉酸によって完全に
は治らず、中枢神経の変化に対して作
用します。

 この時に有効な成分が、肝臓にあり
ますが、それはビタミンB12として取り
出されました。

 肝臓の他にも、動物組織に含まれて
いて、動物タンパクが、植物タンパクに
比べて栄養的に勝るのは、アミノ酸の
組成に違いがあり、動物タンパク因子
の1つと考えられています。

 従って、B12は、動物の成長のため
に必要な成分であり、臨床的には悪性
貧血の治療に用いられます。

 一般に、ビタミンB12の欠乏は、吸収
が不十分な場合に起こり、胃で生成され
るタンパク質が、不足していることが主
な原因です。

 小腸で、細菌などが増殖してしまうと、
ビタミンB12の吸収作用が低下します
が、肝機能が正常でないと、ビタミンB
12は、蓄積することができません。

 このようにビタミンB12は、成熟した血
球細胞を生成するのに必要なので、この
ビタミンが不足すると、貧血や神経作用
に影響を及ぼしたりします。
 
 化学名をアデルミン、ピリドキシンと称し、ビタミンB6欠乏はぺラグラのような皮膚炎を起こす他、癲癇(てんかん)のような痙攣発作を起こし、胸腺の萎縮や免疫体を産生する能力の低下をきたします。

 またイヌ、ブタ、キツネなどでも癲癇のような発作と脂肪肝と貧血とが起こり、人間や爬虫類の欠乏症は知られていませんが、ビタミンB6は種々の皮膚炎の治療に用いられています。

 ビタミンB6も酵母、胚芽、モツ(肝臓その他)に含まれていて、尿へは酸化されて<ピリドキシン酸>という形になって排泄されます。

 微生物の増殖促進作用で測定するか、またはギブス試薬(2,6-ジクロルキノンクロルイミド)と反応させて生じる青色の濃度を測定します。

 またビタミンB6はピリドキシンとも呼ばれ、アミノ酸の合成と代謝
にも必要で、体内の脂肪を利用時や赤血球を形成する際にも関係
した物質です。

 ピリドキシンの多い食品には、アボカド、ホウレンソウ、緑色の豆、
バナナなどに多く含まれますが、タンパク質を多く摂取するとピリド
キシンの必要量も増加します。
ビタミンB6
ビタミンB12
リクガメがカルシウムを吸収するためには、紫外線を含む人工光源で代用するか、太陽光による日光浴が不可欠である。
食べて、寝て、運動し、日光浴をする。当たり前のように何気ないことだが、これがリクガメ飼育の基本中の基本とも言える。
リクガメは果実類に対して高い嗜好性を示すが、これが原因で偏食となる場合が多いことを十分に考慮したいものである。
野草が入手し難い冬季は、主に市販野菜に依存することになるので、調整感覚でカルシウム剤を使用するとよい。
the_tortoise110001.jpg
 
 
生物体が生存するため、体外から取り入れる物質を栄養素と言いますが、飼育下のリクガメは何が不足し、何が過剰かを飼育者は把握し、これらをバランス良く調整する必要があります。
栄養素の輪廻
 
 
 
 
 
 
 
 
栄養素の種類と働き
糖質:炭水化物
炭水化物の種類
ビタミン概論
カルシウムの概要
脂質の概要
タンパク質の概要
無機質:ミネラル
 
 
 
 
 
 
 
 
ビタミンAの概要
ビタミンB1/B2
ビタミンB6/B12
ビタミンCの概要
ビタミンDの概要
ビタミンEの概要
ビタミンKの概要
その他のビタミン
 
クエン酸サイクル
 
 
食中毒の種類と原因
 
自然毒食中毒
細菌性食中毒
 
化学性食中毒
 
インフォメーション