リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 食中毒は食物中毒とも称されるように、飲食物を摂取することで生じる健康障害の状態を指し、嘔吐(おうと)や下痢などが主な症状ですが、自然毒や化学物質あるいは明確な病原体などがあります。

 例えばチフス菌、赤痢菌、寄生虫卵、肝炎ウイルスなどを含む飲食物を摂取して発症した場合、広義には食中毒と言えますが、通常は食中毒という扱いではなく、各々をキノコ中毒、フグ中毒、砒素(ひそ)中毒、鉛中毒、青酸中毒、あるいはチフス、赤痢、回虫症、流行性肝炎などのように分類しています。

 食中毒には様々な原因がありますが、病原菌検索によってサルモネラ属(Salmonella)の菌、ボツリヌス菌、腸球菌などが検出される事が多いのですが、病原菌が不明である場合も多々あります。

 食中毒は病原体そのものの活動によって発症する型(サルモネラ属の他に大腸菌、パラ大腸菌のある種にによる中毒)と、病原体の生死に関係なく、その病原体の産生する毒物によって発症する型(ブドウ球菌、連鎖球菌、ボツリヌス菌などが属します)に分けられます。

 一般に食中毒の主因は細菌ですが、特にサルモネラ属の菌(ゲルトネル菌、ネズミチフス菌、ブタコレラ菌など)によって起こる場合が多く、原因となる食品は、肉、魚、腸詰、卵製品、野菜、サラダ、餡類、アイスクリームなどで、貯蔵不良や生産場所での汚染が原因となり、主として急性胃腸炎を引き起こすものが多く、時にはチフス様症状や炎症性症状を示す場合もあります。

 サルモネラ属の菌は、現在まで100種以上のものが発見されていますが、ネズミチフス菌、ブタコレラ菌、ゲルトネル菌の他は、それぞれ地名を与えられていて、日本にもセンダイやナラシノ、オナリモン、ミカワシマ、ナゴヤなどと呼ばれるサルモネラも現れています。

 食中毒の原因菌は、一般的には微量感染形式ではなく、比較的大量に生活する菌が、飲食物中に含まれている場合にのみ発病力があるので、接触感染とは異なり、サルモネラ食中毒が集団発生しても、原因食物を摂取していない罹患(りかん)、即ち二次性の続発患者は非常に稀なので、この種の中毒を伝染病予防法で取り締まらない理由でもあります。

 原因が細菌性の食中毒の場合、潜伏期の長短は食中毒の診断には重要で、生菌による感染型は、侵入した菌が相当多量であっても、それが大量に発育して病変を引き起こすだけの十分な量が必要なので、潜伏期は長くなります。

 また毒素型の場合、体外で飲食物内発育をする際に産出した、毒素物質(エンテロトキシン)がそのまま摂取されるので、この既成毒素物質の吸収に要する時間だけが必要なので、潜伏期は短くなります。
食中毒細菌の最低発育温度と死滅温度
 
 病原菌
 菌の死滅温度と時間
 最低発育
温度 
毒素産生
最低温度
 その他の特徴 


 型
 
 腸炎ビブリオ
 サルモネラ
 カンピロバクター
 65℃5分
 65℃3分
 65℃1分
 12℃
 5〜7℃
 30℃
 -
 -
 -
 真水に弱く増殖が速い。
 塩を好む。好気性。
 少菌量で発病る。
   パチルス・セレウス(毒素型)
 黄色ブドウ球菌
 ボツリヌス菌(A型・B型)
 ボツリヌス菌(E型)
 65℃10分(120℃60分以上)
 65℃10分
 65℃10分(120℃4分)
 65℃10分(80℃30分)
 10℃
 61℃
 10℃
 33℃
 不明
 18℃
 3.3℃
 毒素の本体が明らか
 れいない。
 毒素は熱強く、100
 30の加熱でも分解しな
 い無酸素のとろで発
 育する。
 
 毒素は熱に弱く、80℃30
 分加熱で分解する。
   病原性大腸菌
 ウェルシュ菌
 60℃1分
 60℃10分(100℃4時間以上)
 4〜6℃
 15℃
 -
 -
 酸素の少ないところで
 育る。
食物中毒とも呼ばれる食中毒
the_tortoise115001.jpg
 
 
生物体が生存するため、体外から取り入れる物質を栄養素と言いますが、飼育下のリクガメは何が不足し、何が過剰かを飼育者は把握し、これらをバランス良く調整する必要があります。
栄養素の輪廻
 
 
 
 
 
 
 
 
栄養素の種類と働き
糖質:炭水化物
炭水化物の種類
ビタミン概論
カルシウムの概要
脂質の概要
タンパク質の概要
無機質:ミネラル
 
 
 
 
 
 
 
 
ビタミンAの概要
ビタミンB1/B2
ビタミンB6/B12
ビタミンCの概要
ビタミンDの概要
ビタミンEの概要
ビタミンKの概要
その他のビタミン
 
クエン酸サイクル
 
 
食中毒の種類と原因
 
自然毒食中毒
細菌性食中毒
 
化学性食中毒
 
インフォメーション