リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
種類
化学物
質の食
品中へ
の不適
正混入
例:
砒素ミ
ルク中
毒PCB
による
米ぬか
油中毒
原因物質と中毒原因
食品の製造や
加工中に生成
する有毒物質
ローダミンB(塩基性赤桃色色素)
甘味料
ズルチン
サイクラミン酸塩(チクロ)
オーラミン(塩基性黄色色素)
人工着色料
保存料・
殺菌料
硼酸
ホルムアルデヒド
抗生物質
ロンガリット
漂白料
発色剤
亜硝酸塩
メタノール
くん煙成分
有機リン剤(パラチオン)
有機塩素剤
(エンドリン、BHC、DDT、PCP)
有機水銀剤
有機フッ素剤
残留農薬
有害性
金属に
よる食
品汚染
例:
水俣病
イタイイ
タイ病
慢性毒性の為食品添加物指定取消:1968年
発癌性を疑われ食品添加物指定取消:1969年
大量使用による中毒死亡例あり(許可外色素)
全身着色、色尿素、浮腫などの腎障害
消化器、中枢神経障害(蓄積性あり)
めまい、嘔吐、チアノーゼ、心衰弱
抗生物質に対する耐性、過敏症
食品にホルムアルデヒド、亜硫酸が残留
不良酒や密造酒での中毒例は多数あり
発がん性のある3・4-ベンツピレンが含まれる
症状
頭痛、嘔吐、発汗、痙攣、縮瞳、重症は窒息死
全身倦怠、頭痛、めまい、神経過敏、痙攣
(BHC、DDTには急性中毒症状はない)
振せん、視野狭搾、言語障害、精神症状
全身違和感、頭重、嘔吐、心障害、血圧下降、
痙攣、昏睡状態(パラチオン同様誤って口に入
れると死亡も)
砒素
アンチモン
亜鉛
カドミウム
砒酸、亜砒酸、砒酸塩/誤用
吐酒石、アンチモン材食器/誤用
硫酸銅、緑青/食器や容器
四エチル鉛、砒酸、ハンダ/誤用
塩化亜鉛、亜鉛、メッキ/誤用
カドミウム引き容器、各種塩類/
食器、器具、誤用
水銀
昇汞、有機水銀剤/誤用、汚染
嘔吐、胃痛、出血、下痢、湿疹性皮膚疾患
嘔吐(その他は砒素に類似)
嘔吐(吐物は青緑色)、めまい、胃痛
腹痛、嘔吐、下痢(慢性中毒もある)
悪心、下痢、嘔吐、腹痛、吸収すれば発熱
悪心、嘔吐、痙攣、下痢、腹痛
(慢性中毒により腎臓障害や骨軟化症)
口渇、流涎、嘔吐、腹痛、水様下痢、痙攣
 化学物質性食中毒とは、メチルアルコールや水銀、ヒ素や鉛などに汚染されている食品を摂取することで起こりますが、残留農薬や食品添加物が不正使用されていたり、容器に有害物質が含まれていたことが原因となるものもあります。

 環境汚染は深刻な問題ですが、汚染された排水が海や川に流出されて生物が汚染され、何も知らずに長期間に及んで摂食してしまうため、化学物質は徐々に体内に蓄積し、大きな障害となる場合があります。
化学物質性食中毒
the_tortoise118001.jpg
 
 
生物体が生存するため、体外から取り入れる物質を栄養素と言いますが、飼育下のリクガメは何が不足し、何が過剰かを飼育者は把握し、これらをバランス良く調整する必要があります。
栄養素の輪廻
 
 
 
 
 
 
 
 
栄養素の種類と働き
糖質:炭水化物
炭水化物の種類
ビタミン概論
カルシウムの概要
脂質の概要
タンパク質の概要
無機質:ミネラル
 
 
 
 
 
 
 
 
ビタミンAの概要
ビタミンB1/B2
ビタミンB6/B12
ビタミンCの概要
ビタミンDの概要
ビタミンEの概要
ビタミンKの概要
その他のビタミン
 
クエン酸サイクル
 
 
食中毒の種類と原因
 
自然毒食中毒
細菌性食中毒
 
化学性食中毒
 
インフォメーション