リクガメ飼育の情報サイト-THE TORTOISE
 リクガメ飼育において、唯一、妥協点というものが許容されないのが、温度管理であり、事実、この温度管理が不十分なために、変温動物であるリクガメは体調を崩したり、体力が乏しい幼体は、環境変化に堪えられず落命してしまいます。

 この温度管理と併用して、もうひとつ重要なのが湿度管理で、特に気温が下降する、夜中から明け方にかけて、確実に保温する必要があり、この湿度が低い冬季に保温をすれば、より乾燥が助長されますが、これを解決しなくてはなりません。

 日本の四季を何回も経験したリクガメは、環境に順化したように見えるかも知れませんが、それは、あくまでも環境に耐えられるという意味であり、決して快適な生活環境ではなく、環境変化に不慣れな幼体は、呆気なく落命てしまいます。

 恒温動物と呼ばれる鳥類と哺乳類は、体温調節という能力を持っているので、外界の温度変化に左右されることなく、常にほぼ一定の体温を維持することが可能なので、別名を定温動物、あるいは温血動物と呼ぶことさえあります。

 恒温動物の特徴は、発達した心臓や肺を持っているので、酸素を含んだ血液を末端組織まで巡回することができ、さらに栄養素を分解することで、莫大な熱エネルギーを発生し、体温の放散や汗腺で体温上昇を防げます。

 しかし、全ての無脊椎動物と、脊椎動物の中でも魚類や爬虫類は変温動物なので、外界の温度変化に伴って、体温は変動しますから、体温調節を行う機能はなく、外界温度を積極的に利用して、体温調節を行わなければなりません。

爬虫類であるリクガメは、時に外温動物と表現される場合もありますが、無脊椎動物のように、外温と同一体温を維持しているわけではなく、必要に応じて日陰や日向に移動して、体温を調節する温度移動を繰り返す生物です。

 このように、活動中のリクガメが、一定に保とうとする体温を選好温度と呼び、致死限界に近い選好温度を求める爬虫類もいますが、活動していない時は体温を降下させて、体内の細胞を休息させます。

 この意味は、哺乳類のように常に餌を必要としているわけではないので、微量のエネルギーでも活動することが可能ですから、摂食量が少なくても生存でき、体内で別の熱を発生させて継続する必要がないということです。

 従って、如何なる理由があろうとも、リクガメ飼育では、日中の適正温度と夜間の適正温度を維持し、幼体飼育では、日中と夜間で極端な差を設けることなく、比較的に高温環境を保った方が、無難な場合が多々あります。

 その理由のひとつとして、自然界では、急激に温度が下がるという現象は起こらないので、普通は日が暮れるに従って、徐々に温度降下していきますが、人工環境下では、ホットスポットが切れた途端、温度が下がってしまう場合があります。
完璧を必要とする温度と湿度
 動物は食物を摂取することで、この食物を体の中でタンパク質、炭水化物、そして脂肪にかえますが、その際に発生する熱の産生と、体から熱を逃がす熱の放散によって、体温は調節されて一定の範囲に保たれます。

 しかし、これは恒温動物の場合であり、哺乳類や鳥類を除く動物は、環境温度によって、体温が変化する変温動物ですから、如何に温度管理が重要であるかということを、飼育者は確実に理解する必要があります。

 インドホシガメの幼体であれば、ケージ内の環境温度は、昼夜を問わず28℃〜30℃を下回らないように、高温環境を再現した方が無難で、ホットスポット直下の温度は、40℃近くあっても問題なく、個体は適温を求めて移動するはずです。

 日本の夏季は高温多湿ですから、こうした温度管理や、湿度管理で苦労することはありませんが、冬季は保温だけでなく、加湿器やアクアリウム用の霧発生機などを利用しないと、リクガメにとって適切な環境を提供することは困難です。

 大抵のリクガメは、60%程度の湿度を保った方が望ましいのですが、リクガメの中でも、特にインドホシガメは高湿度の環境を必要とするので、乾燥した冬季であっても、保温をしながら70%〜80%の湿度を維持するべきです。

 湿度は、大気中に含まれている水分量なので、大気は常に水蒸気を含んでいますが、空気に含まれる水蒸気量は、気温によって決定される、飽和水蒸気量という最大値があり、飽和水蒸気量は温度が上昇すると増加します。

 絶対湿度とは、一定体積中の水蒸気の重さを指し、1平方立方メートル中における、水蒸気の質量をグラム単位で表示しますが、一般に用いるのは相対湿度で、大気中に含まれる水蒸気量と、空気中に含まれる水蒸気量を%で表示します。

 従って、温度が上昇しても、水蒸気量が変化しなければ、絶対湿度は変わりませんが、その反対に相対湿度は低下し、気温が降下すれば、相対湿度は上昇するという関係があります。
極めて重要な冬季の環境管理
the_tortoise124001.jpg
 
 
 
 
 
 
リクガメの場合、飼育下における生体の必要条件は、成体も幼体も大差なく、環境温度や湿度、また給餌物にしても、幼体だけが何か特別なものを必要としているわけではありません。
リクガメの幼体飼育
幼体の飼育環境
幼体の温度と湿度
幼体の給餌内容
幼体の複数飼育
 
幼体の屋外飼育
 
冬季の湿度管理
 
幼体飼育の諸問題
 
無難なサイズの選択
 
ワイルドとブリード
 
インフォメーション