バス車庫 丸谷交通神川車庫

シーナリー第二弾です。テーマは、バスの車庫。<見たままです。(^^ゞ

先日アップしました「タイムスリップ・グリコ」のおまけの中の一つであるボンネットバスの展示台として、製作しました。プロトタイプは「レイアウト・テクニック」(機芸出版社)に掲載されている駅前車庫(阿部敏幸さん作)です。細部は、若干アレンジしていますが、イメージはそのままに1/150にスケールダウン。ただ、バスが1/150よりも若干大きめなので、車庫に入れると窮屈になってしまいました。それから、車庫左手には、井戸も配置してみました。






ベースサイズは、150mm×100mm。(ちょうど、ハガキサイズですね)
ストラクチャであるバス車庫及び井戸は、エコーモデル製のSTウッドを使った自作品です。屋根の波板は、アルミホイルをKATO製品の波板に押し付けて転写したものを使用しています。なお、木の横に置いてあるバス停は、ボンネットバスに付属していたものです。でも、ちょっと違和感がありますね。(^^ゞ









HOME