「昭和の想い出」その後
(タイムスリップグリコ 展示台)

昨年製作したタイムスリップグリコの展示台である4畳半の居間に増築してみました。
今回は、居間に続く台所という設定です。障子を開けると、そこは板の間の台所。
石の流しの脇に冷蔵庫が置かれ、奥には買ったばかりの洗濯機。その洗濯機で洗濯
しながら掃除も始めようと掃除機も置かれています。そんな忙しい朝のワンシーンを
再現してみました。




台所の窓側から見たところです。窓下に伸びているのは、水道管。雑巾も干してあります。


増築部分は、このように分解できます。


増築部分の作り方も前回同様、7mm厚の糊付きのスチレンボード。
その表面に、壁色のアート紙を張り付け、外側には檜材で下見板を表現。
板の間は木の薄板を貼付けてあります。流し部分は檜材とスチレンボードで製作。
障子も檜材で組み、半紙を貼って表現してます。水道の蛇口は、2mmのアルミ棒
とプラモデルのランナーを使ったフルスクラッチ。雑巾はティッシュを使ってます。


台所に置いてあるポットとお茶入れはおもひで温泉から流用。リンゴは子供が持っていた
シルバニアのものを置いてます。リンゴを乗せているお皿と団扇はリーメントの食玩です。





もうすぐ、タイムスリップグリコの第四弾が発売されますが、どんなものがラインナップされるか
今から非常に楽しみです。さて、その中のアイテムを使って、何ができるかな...?