撮影の合間
グリコ ニコンF用三脚

今回の題材もタイムスリップグリコ第二弾のおまけです。
くらしシリーズに含まれているニコンF。ノーマルバージョンは、シルバーボディにフラッシュ付き。
シークレットバージョンには、ブラックボディにレフレックスの望遠レンズが付いているという凝ったもの。
キヤノン派としては悔しい限りですが、出来は素晴しいものです。そこで、展示するための小物として、
三脚を作ってみました。他にも構想があるので、まだ小物を増やす予定ですが、暫定的に公開します。
皆様からの御要望にお応えして、銀箱とダイヤ情報を製作しましたので、写真を差し換えました。(9/23)



 
スケールは大まかに1/5位。φ4mmの真鍮パイプとφ3mmのアルミ棒を使っています。
自由雲台とエレベータのストッパネジは真鍮釘を使用。足の根元と雲台部分は檜材から削り出しています。
完成後、全体をマットブラックで塗装。部分的にシルバーを色入れしています。
また、カメラにはφ0.3mmの洋白線でストラップ環を取り付け、リボンの切れ端で製作したストラップを通してあります。
本来なら、ニコンのコーポレートカラーであるイエローを使うところなんですが、
手元に無かったので、赤になってしまいました。(^^ゞ
追加で製作した銀箱は、発砲スチロールを芯にしてケント紙で外周を覆い、その上からアルミホイルを張り付けました。
表面は丸やすりで凹凸を付けてそれらしくし、ふちは同じくアルミホイルの光沢面を細く裂いて張り付けました。
なお、把手は檜材を使用して製作しました。脇に置いてあるダイヤ情報は、私が持っているものをデジカメで
撮影しプリンタで出力して製作しました。ちなみに、裏表紙も忠実に再現してあります。(^^ゞ
ブロアブラシはグリコに付属していたものです。