双煙・北の大地から

1/12〜14の3連休を利用して、渡道した。久しぶりの北海道。
目的は、釧網本線の蒸気重連だ。しかも川湯温泉までの延長運転。気合いが入る。

北海道での蒸気撮影は、今回が初めて。
高校受験の年、根室本線でC57135のさよなら運転をテレビで見送った。
受験生であるが故に、行けない寂しさ。
無事に合格したその年の夏休み、友人と北海道に訪れる。
小樽築港で見た蒸気の廃車体の山。改めて、現役蒸気に会えなかった悔しさが込上げた。

その後、C62が函館本線で復活したり、留萌本線でC11が走ったりしていたが、
どういうわけか一度も行かなかった。
蒸気への情熱が褪めたわけではないと思うのだが、きっかけが掴めなかった。

そして、今年、ようやく北海道で、それも冬の時期、蒸気に会える。
想いとは裏腹に、出来は...どうやら空回りしていた部分もあったようだ。
来年、機会を作り、再び訪れてみたいと思う。それまでに自分なりのイメージと、撮影技術を磨いて。


1/14

 

暖気中の蒸気に朝日が差し込む
釧路
 EOS-5 EF50mm/F1.8


HOME

NEXT