【Whisky〜“CRAGGANMORE(クラガンモア)” [お勧め]

 

■生産地■
  スペイサイド

■購入ボトル■
  CADENHEAD'S 1989 10年もの[60.4%](約5千円)

■感想■
  最初の香りは甘いものの,残る香りは少しクセのあるスッとした感じがするかも。口に含んでも,口の中一面に甘い香りが広がっていきます。のどの奥にクワッとくるタイプのものではなく,華やかな香りが口の中に充満し,広がるといったタイプ。いつまでも口の中に香りが残るので,一口で長く余韻が楽しめます。オールド・バーの原酒の一つといわれると,うなづくいてしまう,この一本です。

■Note■(「モルト・ウイスキー大全」より)
  ポットスチルは1964年に2基から4基に増設された。特筆すべきは,2回目の蒸留を施す再留釜が,一般的なスワンネック型ではなく,煙突のようなT字型シェイプをしていること。全蒸留所の中でも,T字型シェイプをしたネックを持つ蒸留器は数えるほどしかない。

■ラベル■

CADENHEAD’S Authentic Collection

  1989 SPEYSIDE
  DISTILLED AT CRAFFANMORE-GLENLIVET DISTILLERY

  BOTTLED.......FEBRUARY 2000
  CASK..........BOURBON BUTT
  NO. OF BOTTLES...348
  DISTILLERY......WORKING