【Whisky〜“FETTERCAIRN(フェッターケアン)”

 

■生産地■
  ハイランド

■購入ボトル■
  10年もの(約3千円)
  FIOR(フィオール) (値段失念)

■感想■
(10年もの)
  かおり香から,結構,華やかな独特の香りがする。 飲んだ後,一瞬置いた後に,鼻に”むぅー”っとくる香りが面白い。 口に含んでからも,その香りが口一杯に広がり,ノドで楽しむというよりも口の中に広がる香りを楽しむといった感じ。 辛口だと思うんだけれど,残り香にちょっとナッツのような甘味が残るような気もする。 フィニッシュは短くもなく長くもなく。

(’16/FIOR)
  ウィスキーの色は濃い目。しっとりとした珈琲,樽の香りがします。華やかさはないけれど,落ち着いた余韻があります。年数表示はないし,そんなに熟成された訳ではないのでしょうが,上品な余韻。
  なるほど,下のコメントを読むと,15年もの,14年ものの比率も高めで,かつシェリー樽での仕上げ熟成をしているとのこと。香りの仕上がりに納得です。
 
[販売店コメント]
  フィオールはゲール語で真実という意味。原酒は15年ものを60%,14年ものを25%,ピートがきいた5年ものを15%使用。シェリー樽で7〜8ヶ月,仕上げの熟成を行っています。バニラやダークチョコレート,フルーティなニュアンスにスモーキーさがあり,力強く複雑ながらも優しい味わいです。シェリーや熟したパイナップルのニュアンスを感じる長く豊かな余韻を愉しみたい。

■Note■(「モルト・ウイスキー大全」より)
  ポットスチルは初留,再留釜合計4基。 仕込用水は背後のケアンゴルム山の涌水を使用,オフィシャル・ボトルはオールド・フェッターケアンのブランド名で販売されている。

■ラベル■

OLD FETTERCAIRN

 Old Fettercairn 10 Years Old Single Highland Malt fas a subtle peaty flavour which appeals to the discerning traditional malt drinker.
 Distilled in the age old traditional manner at the Fettercair Distillery Which sits snugly at the foot ot the Grampian Mountains in the village of Fettercain on the east coast ot Scotland.

(10年もの) 
     
  
(’16/FIOR)