【Whisky〜“GLENBURGIE(グレンバーギ)”

 

■生産地■
  スペイサイド

■購入ボトル■
  土屋コレクション 23年もの(約13千円)

■感想■
  度数も高く,ピリリとくる感じがたまりませんね。 香りは,優しく広がるというよりは,鋭く突き刺してくる感じです。 とはいえ,その度数のせいか,後から広がる香りは,とっても強いです。 力強く,そして切り口の鋭い香り。 

■Note■(「モルト・ウイスキー大全」より)
  バランタイン,アンバサダーの主要原酒モルトで,シングルモルトとして出荷されることは少ない。オフィシャルのシングルモルトはほとんど販売されたこどが無く,瓶詰業者のボトルが手に入るだけ。

■ラベル■

GLENBURGIE-1975
グレンバーギ

エルギン郊外にあるグレンバーギはバランタインの性格を決める重要なキーモルト。そのためシングルモルトとして出まわることはほとんどない。スペイサイドらしい華やかさと爽やかな果物のような香りを持ち,甘くたゆたうようで,それでいて秀逸なキレがある。凛とした気品が漂う,知られざる銘酒。際立った個性を主張しないところがグレンバーギの良さであり,飲めば飲むほど虜になる。加水して魚介類のパスタなどと合わせたら面白いだろう。さすがバランタインのキーモルト。

CASK TYPE................ RELILL HOGSHEAD
YEARS IN CASK.............  23 years
DISTILLERY CASK NUMBER.....  NO.6013
ALCOHOL STRENGTH.........  56.7%
DATE BOTTLED.............  Feb.-99

【注】
アラン・ジャパン社の”シングルカスク・コレクション”を購入。 67/237