【Whisky〜“GLEN GARIOCH(グレン・ギリー)” [お勧め]

 

■生産地■
  ハイランド

■購入ボトル■
  CADENHEAD’S 9年[60.2%](約5千円)

■感想■
  色は少し薄めな金色ですが,見た目に反してとっても豊潤な麦の香りがします。あまり他のウィスキーには無いタイプの香りです。ちょっと甘めで,まず舌の上に広がり,その後に口の中に優しく広がっていきます。スコッチっぽいというよりも,若干バーボン的な荒々しさもありそうですが,やっぱり洗練されている味わいがバーボンではないですね。

  グレン・ギリーという読み方,ギリーとは知っていないと読めません。ショット・バーとかで,すっと言えると格好良いでしょうね。

■Note■(「モルト・ウイスキー大全」より)
  最近ボトル・デザインを一新し,それにともなって12年ものが出回るようになった。好き嫌いは別にして,たいへん個性的なモルトである。

  グレン・ギリーがユニークな点は,スチールの熱源などに北海油田から産出する天然ガスを使用していることと,モルトの半分を伝統的なフロアモルティングでまかなっていること。

■ラベル■

CADENHEAD’S Authentic Collection

  1990 EAST HIGHLAND
  DISTILLED AT GLENGARIOCH DISTILLERY

  BOTTLED.......JULY 1999
  CASK..........BOURBON BARREL
  NO. OF BOTTLES...318
  DISTILLERY......SILNET