【Whisky〜“GLEN KEITH (グレンキース)”】 「ロッホ・ローモンド」ボトル

 

■生産地■
  スペイサイド

■購入ボトル■
  コニッサーズチョイス 1967年 43度(約9千円),

■感想■
  70年代以前のボトルにも関わらず1万円を切っている値段設定。何か問題のあるボトルなのかと恐る恐る飲んでみましたが,,, いや,十分長い年月寝かされてきた,アルコールの枯れを感じることができます。アルコールのつんつんしたところが無くなっています。1967年ということで,3回蒸留を行っていた頃の軽めのモルトだったのかもしれませんが,30年以上の年月を経たことにより,その軽いモルトも美味しく仕上がりました。

  香りは確かにそんなに特徴的なものではなく,きりっとした香りが上がってくる程度です。口に含むと,完熟した果物の香りのような甘い香りがしっとりと広がります。まさにしっとりとしっとりと奥の方へ漂っていく感じです。オイリーさもありますが,そんなに強くはないかな。

■Note■(「モルト・ウイスキー大全」より)
  操業当初は3基のスチルを設置,ハイランドでは稀な3回蒸留を行っていたこともユニークな点だ。シーバス・リーガルなどのブレンド用に,軽めのモルトが求められたからだという。ただし1970年に3回蒸留は中止となり,1基のスチルがはずされ2回蒸留に切り替わった。・・・仕込用水は町の東側,バロックヒルの泉水を利用している。

■ラベル■

  BOTTLED 2002

  CONNOISSEURS CHOICE
  SPEYSIDE
  Single Malt Scotch Whisky
 
  DISTILLED AT GLEN KEITH
  DISTILLERY
  Proprietos : The Chivas Bros,Ltd.
  DISTILLED 1967
  40%