【Whisky〜“KNOCKANDO(ノッカンドォ)”】 

 

■生産地■
  スペイサイド

■購入ボトル■
  1984年蒸留・1997年樽詰もの(約4千円)

■感想■
  グレンフィディックほどではないのだけれど,個人的にはだいぶスイートな香りが強い方かなと思います。 まろやかな味わいがするので,少し加水して飲むと女性にも飲みやすいのかもしれないです。 まぁ,きりっとした後味が好きな私としては,大好きな1本とまではいかないんですけれど。 なお,右のボトルの写真の口を塞いでいるのは,自分で買ったやつで,決してこういう初期状態で売られている訳ではないです。

■Note■(「モルト・ウイスキー大全」より)
  「○年熟成」というシステムをとらずに,熟成の完了したウィスキーだけを瓶詰めして出荷。それぞれのボトルに蒸留年と瓶詰年が記載されている。
  熟成は,ほとんどがバーボン樽だけれども,10%程度はシェリー樽を使い,両者をミックスさせ出荷している。

 

 

■ラベル■

KNOCKANDO
PURE SINGLE MALT SCOTCH WHISKY

MAN'S ART
NATURE'S MYSTERY

The distilley of Knockando,which in Gaelic means 'little black hill',lies in the heart of Speyside,renowned at the home of the highest quality Malt Whiskies.

Each bottle of Knokando contains malt whisky distilled during one particular year(or 'Season' as it is called at Knockando distillery). Onlu Knockando waits for Nature to bring the malt whisky to the point ot perfection before bottoling, requiring the highest level of craftsmanship to judge when this moment has been reached. How long this process takes depends on the natural mysteries of maturation, but usually Knokando is between twelve and fifteen years old. Both the Season of distillation and year of bottling are indicated on the gift box and bottle.

Knokando is a completely natural product, the colour is derived purely from the oak casks.

Knokando Single Malt Scotch Whisky possesses the classic elegance and comlexity of the finest Speyside Malts, with a unique delicacy and fruitiness.