【Whisky〜“NORTH PORT(ノース・ポート)”

 

■生産地■
  ハイランド

■購入ボトル■
  レアモルト 20年 (約1万千円)

■感想■
  口に含んでみると,すぐに口の中にピリピリと広がる味わい。ひたすら辛さが口の中に広がっていきます。余韻はそのまま長く長く残り,やがて甘さが感じられるように。
  さらに封が開いて暫くたってからは,最初の頃の辛さの他にオイリーな香りが漂うようになります。味わいも最初よりも甘さが増しているような。
  レアモルトらしい濃厚さも感じられました。さらにさらに(笑),最後の1cmになってからは,まったくアルコールの角が取れて美味しかったです。  

■Note■
  創業は1820年だが,1983年に閉鎖,建物も取り壊されている。オフィシャル・ボトルが販売されたことはないらしく,ボトラーズ物で若干出回っているのみ。シグナトリーやレアモルト・シリーズなど。レアモルト・シリーズでは,19年,20年,23年物があるとのこと。
  もともとはタウンヘッド蒸留所と呼ばれていましたが,後にブレチン蒸留所と改名され,さらに現在のノースポート蒸留所という名前になったようです。
  この蒸留所があったブレチンという都市は,かつては城壁が取り囲む城塞都市であり,名前のポートとは“港”のことではなく,“城門”をさしていたようです。  

■ラベル■

AGED 20 YEARS DISTILLED 1979
NORTH PORT ESTABLISHED 1820
61.2%vol  70cle  BOTTLE NO 3228
   
NORTH PORT Founded in 1820, the now closed North Port distillery took its in the from an old gate to its native cathedr***y ****rechin. To enjoy this bright pale gold 20 year old cask-strength single malt at its best measure one pare whisky to two parts still water at room temperature *ny slight cloudiness is normal in an unifiltered cask-strength malt. Tasting reveals a dry, grassy nose, a light-medium body, hints of tropical fruit on the toasty palate and a brisk, dry finish; characteristics thought to be influenced by the cool underground still-house..