【Whisky〜“OBAN (オーバン)”】 

 

■生産地■
  ハイランド

■購入ボトル■
  オフィシャル 14年もの(約4千円)

■感想■
  最初の口当たりはとても柔らかだが,途中から力強い味・香りに変わっていく。 でも,その香りも,優しいもので,初心者がちょっと冒険してみるのに良いくらいじゃないでしょうか。 ノドに染みていくという強さよりは,鼻に薫っていく感じが楽しめるウィスキーでしょう。 結構万人に受けるんじゃないですかね。 個人的には,もうちょっと個性の強いほうが好きですけど。 どうも,あんまり飲んだ気がしないんですよね,おとなしくて。

■Note■(「モルト・ウイスキー大全」より)
  ポットスチルはランタン・ヘッド型のスチルが初留,再留釜合わせて2基のみ。 仕込み用の水は,後の丘の上にあるアードコネルの小さな湖の水を利用している。

■ラベル■

  OBAN
  'Little Bay of Gaves'

  ALONG THE SHORES OF LORN LOES A RECORD OF MAN FAR MORE ANCIENT THAN OT ANY CITY IN THE LAND. THE FIRST SETTLERS ARRIVED ON THE MAINLAND IN 5,000 BC AND SHELTRED IN THE NATURAL CAVES OF THE LAND THEN KNOWN AS 'AN OB' THE 'DISTILLERY CAVE' WAS ONE SUCH SHELTER HIDDEN IN THE CREAG A 'BHARRAIN CLIFFS WHICH RISE DRAMATICALLY ABOVE THE 'OBAN DISTILLERY'.

 

オーバン ケース オーバン ケース裏 オーバン ボトル オーバン ケースのラベル部分