【Whisky〜“SCAPA(スキャパ)” 

 

■生産地■
  アイランズ

■購入ボトル■
  キングスバリー 16年[1980] 
(約5千円)
  オフィシャル  “ザ・オーカディアン” 16年
(7500円)

■感想■
(キングスバリー 16年)
  色はごく普通の黄金色。香りをかいでみると,ほんの少し甘いような,そして鮮やかな香りがしてきます。

  口に含んでみると,最初はまろやかで優しい香り。でも,すぐにその後,口の中,全体に辛口だけど優しく,力強い香りが広がっていきます。喉にピリピリというよりは,鼻の上の方に上がっていく感じがします。

  フィニッシュも適度に残り,余韻を楽しむことができるタイプです。特に磯の香りがするわけでもありませんが,楽しめます。

(オフィシャル “ザ・オーカディアン” 16年)
  ツンツンとして若干オイリーな感じのする香り。これを口に含んでみると,塩辛さがガツンと喉の奥にやってきます。そしてその塩辛さが奥の方にとどまります。口の中は蜂蜜のような甘さがある中で,奥の方からふんわりと口先に塩辛さが戻ってきます。
  フィニッシュは,意外とサッとひいていきます。力強い直球勝負といった一本です。
 

■Note■(「モルト・ウイスキー大全」より)
  仕込み用水はリングロ・バーンとその周辺の泉の水を使用。ピート色が濃く,まるでチョコレートのようだが,原料となる大麦麦芽にはピートを焚かない。ポットスチルは初留,再留釜合わせて2基。特筆すべきは初留釜がローモンド・スチルであること。ただし内側にスチームのコイルは無く,外形だけがローモンド・スタイルであるとか。唯一無二,スキャパだけの特殊スチルである。。 

  スキャパは,バランタインの味の決める7つのモルト原酒の一つで,全てをブレンド用にまわしていたため,瓶詰め業者ゴードン&マクファイル社のものしか手に入らなかった。
 

■ラベル■

KINGSBURY'S
SCAPA DISTILLERY AGED 16 YEARS

 Distilled.    2nd May 1980
 Bottled.    June 1996
 Region.     Northern Highland (Island)
 Proprietors.  Allied Domecq
 Cask Type.  Oak - ex-bourbon
 Cask No.    12090

Tasting Notes: Traces of cedarwood and honey boisters the sleepy, malty nose, the lull before the storm. There is a breathtaking explosion on the palate as malt files in all directions around the tastebuds with classic, bitter chocolate to finish. Classic Scapa.


 
SCAPA “the” ORCADIAN Aged [16] years from Isle & Orkney
 Smooth & Full-Bodied single malt 700ml 40%

Inspired by summer's bright, GLOTTERRING SKIES, desvreibed in Old Norse as skiren, this expression is exclusively matured in FIRST-FILL American oak casks for a smooth creamy sweetness with a hint of tropical fruit, citrus and coastal HEATER.