ちび酒 by UMITUKI 【Whisky_BAR】

 

  良いショットバーでは,本当にリラックスすることが出来ます。 いろいろな味を楽しみ,いろいろな会話を楽しむことも出来ます。
  私が行ったことのある,お勧めのショットバーを紹介してみました。

 1月 5日 「an」(仙台)を追加。
 

【仙台市】

Knight
   仙台駅に隣接するホテルメトロポリタンのメインバーです。1Fにあるのですが,意外なほどに静かな店内。

 ウィスキーの種類はそれなり,でもビンテージモノや高価なシングルモルトもたまに入れていることもあるらしいです。カクテルも洗練されている味といった感じ。

 ホテルのメインバーというほど敷居は高くありません。チャージも500円だけと良心的なので,ちょっとした時間に1,2杯という活用もありです。

仙台市青葉区一番町

m’s bar [お勧め]
   国分町通りから,ちょっと脇にそれたビルの地下にあるお店。結構,昔からのお店らしいけど,店内は真新しく,とても良い雰囲気。カウンターが7〜8席,ソファーも同じくらいでしょうか。とても静かで良いです。

 ウィスキーおよびカクテルの種類もたくさんあります。ウィスキーに関しては,あまりイレギュラーなものを揃えるという感じではなく,オフィシャルのボトルとレアなんだけど定期的に手に入りそうな感じのボトルがあります。

 お通しには枝についたままの干しぶどう(的なもの)などが適宜,出てきます。特にお腹がすいてなければ,フードの注文はいらないんじゃないでしょうか。ドリンクのオーダーも,こっちが飲み終えて,じゃあ次の一杯を,っていうタイミングできちんとメニューを持ってきてくれたりするのは,流石のサービスレベルです。

仙台市青葉区国分町

The Bar an [お勧め] 
 「バディーズ・バー」の西塚さんが独立して出したお店です。カウンター 6席,ボックス 4〜5人分。

 繁盛してほしいのですが,すぐ一杯になってしまう大きさなので,人には教えたくない。そんなお店の一つです。

仙台市青葉区国分町

バディーズ・バー [お勧め]
 地下にあり,なかなか見落としてしまいがちなお店ですが,ボックス2つに10人くらい座れそうなカウンターがあり,また落ち着いた雰囲気も心地よく,お勧めの一店です。
  
  シングルモルト・ウィスキーの種類も充実しており,またバーテンダーの知識も凄いです。日々,勉強しているようで,いろいろな興味深い話を聞かせてもらったり,ウィスキーのいろんな本なんかも見せてもらいました。
  
  一杯あたりの上限いくら(結構,それも低め),っていう困った客の注文にもきちんと応えてくれました。
   
仙台市青葉区国分町
トニー・ワン
   国分町の賑やかな通りの地下にある店。内装は全て木で統一されており,良き時代のアメリカの雰囲気を持っている店。4人掛けのテーブルが10前後あったでしょうか。

 あつまみは樽に入った落花生を手で掴む,そしてその落花生の殻は,木の床に捨ててOKという一風変わった店。

 ウィスキーの種類はあまりなく,ちょっと良いものになると安くはない(安いウィスキーは安いけど)。カクテルも安いけれど,味はごく普通。まぁ,安くアメリカ気分を味わいたいときには(そして,ちょっと気軽にガヤガヤと楽しみたいときには)良い店かも。

仙台市青葉区国分町

J−ラウンジ 「J-Lounge」
   仙台駅前,アエル脇にあるホテルJALシティ仙台の上にある,ホテル併設のバー。ちょっと国分町からは遠いし,周りにあまり飲み屋も無いし,一見穴場そうで,実は週末にはあっという間に満席になる人気店。カウンターが6,7席で,4人掛けられるテーブル席が4つくらい,その他グループにも対応できるように8人程度は入れそうな別室など,そこそこの広さ。

 あまりウィスキーの種類は無かったように思います。どちらかというと夜景をバックに,静かにカクテルを飲みたいお店。オリジナル・カクテルを常に3種類くらい準備していて,それも定期的に替えている。3人のバーテンのうち,うち2人が女性というせいか,カクテルは全般的に柔らかめ。お酒が弱い人でも美味しくいただけると思います。強いカクテルを希望する人にはちょっと物足りないかもしれませんが,みんなコンクールで入賞の腕前なので,いろいろ対応もしてもらえるのではないのでしょうか。

 それと,ほんとに混むので早い時間の来店をお勧めします。

仙台市青葉区花京院

ル・バール カワゴエ 「LE BAR KAWAGOE」 [お勧め]
    カウンター9席に,ボックスが6〜8席程度だったかな。稲荷横丁通り沿いにあるビルの2F。 こじんまりとして,落とした照明が良い雰囲気をかもし出している。

 シングルモルト・ウィスキーも多数置いてある。 オフィシャルものよりも,樽詰め業者ものが多いのが嬉しい。 オフィシャルでは,あのラフロイグの30年ものも置いてあった(1杯 7000円程度)。 メニューは無いので,好きな銘柄をお願いすることになります。 もちろんカクテルも同じく。 まぁ,一杯目を何か頼んだ後,二杯目はマスターに希望を言って見繕ってもらうのも楽しいかも。

仙台市青葉区国分町2−10−30 FOX−B 2F
п@022−213−2425 

レトワール・ラウンジ
   仙台駅前に建つ,仙台ホテルにあるバー。老舗のホテル内のバーということで,敷居が高そうだけど,全然そんなことはありません。お酒の種類もそろってますし,値段も良心的。なんてったって,あのチャージ料が取られないんですから。

 仙台ということで,ニッカの作並工場で作られているモルトウィスキーなんかもありますよ。これは○。

 40歳以降のビジネスマンが多く,女性一人ではちょっと辛いかもしれませんが,でもバーテンダーも手馴れたものなので,いろいろなお酒の話を聞かせてくれるかもしれません。

ウッディ・ドロップ 「WOODY DROP」
   店に入って左側にカウンターが7席程度,右側に4人座れるテーブルが3つ,奥に区切られたスペースがあり,そこには人くらい入れそうな感じ。

 白壁に木の感じを上手く使っている店内の雰囲気は,そんな照明を落としすぎている感じでもなく,ちょっと小洒落た感じ。店員のズボンもオレンジだったせいか,店内の印象がオレンジっぽかったような気がします。この店で一番落ち着くのはトイレ(笑)。店よりもちょっと照明が落とされていて,トイレの中にある壁掛けCDプレイヤーから鳥の鳴き声や波の音なんかが流れてきます。

 モルト・ウィスキーの品揃えは,ごく普通。決して多くもないし,基本的にはオフィシャルのもの。カクテルはメニューには代表的なものが載せられているだけですが,当然,注文に応じて好みのものを作ってくれます。そして,カクテルに使うジュースは,果実から絞ったものを使用。なかなか美味しかったですね。

仙台市青葉区国分町2−9−29 1F
п@022−268−4430

 

【福島市】

マギー・ノワール [お勧め]
    ビルの地下1階にあるこの店は,いつもクラシックが流れている。 メガネをかけ,髪もきちっとそろえているマスターは,こだわり派なのだろう。 少し薄暗い店内で話す声も淡々とした感じ。 店の人を呼ぶ時も机の上に置いてあるベルをならして。

 シングルモルト・ウィスキーも数種類置いてあるが,メニューには書いていないカスク・ストレングスのものを飲んでみるもの良いかも。 まぁ,一杯目は普通にオーダーして二杯目の時にでも聞いてみると良いでしょう。 ここではショット・グラスではなく深いグラスにウィスキーを注いでくれます。 ブランデーのように味だけではなく,香りを楽しんでください。

 もう一つ。 ここは美味しい紅茶もあります。 夜,バーでこんなにきちんと入れてくれるなんて嬉しいですよね。 行って入れなかったことは無いんですけど,考えてみれば金曜日とか行ったことはなかったのかな(笑)。 結構,広さはあるので余裕はあると思いますが。

山小屋 [お勧め]
    夫婦でやっている店。 ちょっと無愛想そうな(笑)雰囲気に最初は取っ付きにくいかもしれないけれども,実は暖かい雰囲気の店です。 奥に7〜8人座るくらいの机とやはり7〜8人くらいのカウンターになってます。やっぱり座るならカウンターでしょうね。

 ここにはメニューがありません。 でもシングルモルト・ウィスキーがいっぱいあるのはカウンターに座ると見えます。 決して知ったかぶりなんかせずに,「辛口でちょっと塩の香りがするようなやつ」とかって感じで頼みます。 お勧めのものを紹介してくれます。 何本か匂いを嗅いで,これって感じで選んだり。 もちろんカスクのものなんかもいろいろ置いてますし。

 カクテルもお勧めです。 きちんとマスターが作ってくれます。 やっぱり美味しいです。 カルバドスで作ったサイドカーなんかが私のお勧めでしょうか。 それとここの水は美味しいです。 ゆっくり味わって飲むには,やっぱり水を飲み飲み,確かめながら。 マスターも自慢の高かったという浄水器をつかっているそうなんですが,やっぱり言うだけはありますね。

レカルトクラブ
   福島の店の中では,結構基本の店に入るんじゃないでしょうか。 「マギーノワール」や「山小屋」は知らない人でも,ここは知っているんじゃないでしょうか。 カウンターで8名前後,奥に14,5名が座れるスペースと,手前に4人掛のテーブルが4つか5つくらいあったかと思います。 4人以上になる時や,当たり障りがなく飲みたい時はここに行ってました。

 ひととおりのカクテルと,メジャーなところのマッカランあたりのモルトウィスキーは揃ってます。 バーにしては,結構しっかりとした料理も期待でき,空腹時でも使えますね。

 値段もそんなに高くなく,店の雰囲気も少し照明を落し気味で,ちょっと凝ってる感じの内装でもあります。 万人向けのバーといった感じでしょうか。
  

パイプのけむり
   本店と支店とがありますが,支店のほうは「レカルトクラブ」以上に一般向けの店です。 結構店内も広く,カウンターで14,5名,席は40〜50くらい(あるいはもっと)座れるスペースがあります。 とはいえ,やはり支店よりは本店の方でしょう。 本店はカウンターで10名くらい,4名掛のテーブルが4つか5つくらい。 ただ,お客がいなくて小人数であれば,カウンターに座ってくださいと言われます。 (すぐ,カクテルなんかも作れますしね)

 本店が他の店と違うのは,まず,その酒の種類の多さでしょう。 カウンター越に見えるボトルの数は大したものです。 メニューを見ても選ぶのに時間がかかりそうですね。 もちろん,カクテルの種類もオリジナルを初め沢山です。

 また,会計の仕方も一風変わっています。 注文するたびに精算するキャッシュオンデリバリー方式を取っており,ちょっと他の店では味わえない雰囲気です。

 個人的に残念なのは,大体,マスターがカウンター内の端の方に陣取っており,機嫌が良い時(笑)はカウンターに座った客に対して,いろいろ教えてくれるのですが,マスター自身がシェイカーを振る事は無いんですよね。 やっぱり,一番腕がたつはずのマスターがいながら,作らないっていうのはどうなんでしょうかね。
   

【銀座】

ルパン
     歴史のあるお店。昔はあの太宰治もこの店に来ていたそうで,奥の席に座っているところを撮った写真が店内にあります。 
  ここは,シングルモルト・ウィスキーを飲むところではありませんでした。昔からのウィスキーといった感じで,ちょっと前の定番といった感じの銘柄が数本置いているだけです。カクテルも繊細な味わいを目指しているというより,“粋”に作ろうといった感じでしょうか。
  カクテルを頼んで飲んだのですが,この店の使い方は,安いウィスキーをくっと1〜2杯,ひっかけて帰るのが良いでしょうね。そういう飲み方をすれば,歴史のあるお店を安く楽しめます。
BAR オーパ!  [お勧め]
  銀座1丁目の有名店。大槻さんのお店です。奥にテーブル席はありましたが,後はカウンターと2人座りのテーブルがあるのみ。馴染みのお客も沢山出入りしていましたが,一見さんの私にもきちんと対応してくれました。
  スタンダードなカクテルはもちろんのこと,オリジナルの「フォーシーズン」もジンがベースであることを感じさせない仕上がりで飲みやすかったです。また,フルーツを使ったカクテルも美味。チャージも高くなく,味・サービスも流石。

東京都中央区銀座1-4-8 光明ビルB1
Tel.03-3535-0208 18:00〜3:00(土〜0:00) 日祝休  チャージ¥500 

この感想は訪問当時の私の印象によるものです。もし内容に問題がありましたら連絡をください。