HomePage


日本縦断飛行一休み
< 富士山一周飛行>


富士山に向かいこれより右旋回で一周に入る前のところ。富士山の後方は南アルプスの山々。

■ ひさしぶりで富士山まで

 FS98の飛行訓練にはいつも厚木基地を使っています。本物も自宅から近いですし、もう10年以上も厚木から飛び立つ飛行機を眺めつづけてきましたから、とても身近に感じています。新婚当時は厚木基地から飛び立つ飛行機の飛行コースの真下に住んでいましたから、騒音もすごいものでした。飛行機が大好きな私にはあまり苦痛はなかったのですが、生まれて間もない息子などはその音でひきつけを起こすほどでした。現在は、基地からは少し離れたところに住んでいますから、いろいろな飛行機が離着陸するのをのんびり眺めていることが多くなりました。勤務している高校の物理準備室(ほとんど私一人で使っている)からは、目の前に座間キャンプが、そしてその上空を右旋回して厚木基地に着陸態勢に入る自衛隊のP3Cオライオンや米海軍のF/A18・F-14などを頻繁に見ることができます。

 さて、ひさしぶりに訓練飛行の足をのばして、富士山まで飛んでみようと思い、F-14Tomcatで一気に向かってみました。この辺までの飛行では富士山がとてもよい目印になるため、有視界で飛んでも厚木基地へはいつでも安全にもどることができます。上のスナップはマッハ1近くの高速で富士に近づき、これから速度を落としてゆっくりと右旋回で富士山を一周しようとする直前のものです。今回は「PrintScreen」でクリップボードにコピーを取った後、MS-Office97に付属している「Fhotoエディター」というのを使ってJPG形式で保存してみました。同じものをGIF形式でも保存してみましたが、どうもGIF形式の方が画像が粗くなってしまうようです。富士山がリアルに、そして背後の南アルプスも「Tex98」(姫路工大の鈴木道隆先生作)の効果によって非常に軽くそしてリアルに再現されているのがわかります。

 富士山を一周した帰りは、箱根を越えて一旦相模湾に出て高度を下げて、江ノ島上空で約3000フィートになるようにもって行き、そこからほぼ真北に向かうように高度を下げながら着陸態勢に入ります。いつも練習に使っている厚木基地には安心して着陸できるので、気分がいいです。富士山もたまにはいいなーと思いなおした飛行でした。

■ FS98などでの3Dグラフィックボードはどんなものがいいのでしょうか?

 先日、クリエイティブメディアの「Graphics Blaster RIVA TNT 16M PCI」という3Dグラフィックボードを購入して差し替えました。当初の予定では「3D Blaster Banshee PCI」か「Voodoo3 2000 PCI」のどちらかを購入しようと考えて、買い出しに出かけたのですが、あいにく両方ともなくてPCIで使えるただ1種のものが上記のものだったのです。

 FS98やCFS(コンバットFS)などでは、RIVA TNTチップを使った3Dグラフィックボードで十分にその効果のほどを体験できます。しかし、他のフライトシミュレータソフトでは、ほとんどのものが「Voodoo対応」になっています。性能的にみてもやはり「Voodoo2・3」は他のものに比べてかなり優れていることはまちがいないようです。今度作る予定にしている自作機3号では「Voodoo3 3000」のボードを入れる予定にしています。まだ、出たばかりで値段的に高価なので、今しばらくはようすを見てということになりそうです。それにしても、3Dのカードはもう販売店ではほとんどが「AGP対応」になってしまい、AGPスロットをもたないマザーボードでは手を出せなくなってしまっています。自作機2号を作った1年ほど前には予想していなかったことで、今回PCI対応のボードを探すにあたっては相当に選択の幅が限られてしまったことがわかりました。自作機は拡張が効くと考えられがちですが、マザーボードから換えるとなると、ほとんど最初から作るのとほとんど変わらなくなってしまします。こんなことから、現在PC/AT互換機の世界でも規格がどんどん変化しているため、「使えるのは筐体(きょうたい=箱)だけ」というような感じになっているのは、なんとも納得のいかないことです。

 FSの世界に足を突っ込んでしまったために、思わぬ「泥沼」に引きづり込まれた感もしないではないのですが、この世界を知ることによって得られたものも想像以上のものがあり、「まあ、好きな飛行機のことだから…」と自分でもあきらめているのが現在の気持ちです。このあと、どれくらいの年月「FS」に付き合っていくのか自分でもわかりませんが、もう生活の一部になってしまっていて「これなしでは生きていけない」状態になっているので、本当に怖いソフトだなーと思いつつもパソコンに向かえる内は続けているじゃないかなと思います。

 今日もこの後、夕食を食べて厚木基地での訓練が待っています。

  1999/07/11

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ HomePageへ