TopPage


日本縦断飛行(本州編17)
< 徳島空港 → 高知空港 >


四国山地をすれすれで飛び越えて、ようやく高知湾が見えてきた。もうすぐ高知空港。

■高知へ

 徳島に着き、ようやくどのコースで四国をまわってくるかが決まり、まずは高知へ飛んでみることにしました。途中、四国山地の「剣山」という1900mほどの山がありますが、上空に雲が多いため4500フィートくらいの高度で山すれすれに飛んでいくことになってしまいました。

 徳島空港からの直線距離は58NMほどですから、まあ30分くらいの時間をみておけば着くだろうと、夕方5:00に徳島空港を離陸しました。久しぶりの自宅での飛行なのですが、FSNavigator3.0がまだうまくインストールできないので、「NavicomGPS」をナビゲーションに用いました。おおよその方角は地図でわかりますから、心配はいらないとおもうのですが、念のために使うことにしたのです。

 「GPWS98」は自動的に起動するように設定してあるため、NavicomGPSを自動操縦にセットしても高度は「¥○○」と数字を入力すれば高度は自由に変えられるのです。山すれすれに飛んでいるため、高度の設定を何度か修正しました。

 四国山地を飛び越えて、ようやく太平洋が見えてきたときは少し安心しました。高度を3500フィートほどに落としていき、いったん高知湾にでてそこから方角を陸地の高知空港へ向けてかえ、着陸態勢にはいりました。風で機首が何度かふられましたが、何とか滑走を真正面にとらえた後は微調整をしながら次第に高度を落としていきます。ギアとフラップを下げ、スロットルを少しずつしぼっていくと滑走路がどんどん近づいてきます。きょうは、気合が入っているせいか、操縦もしっかりしているのが自分でもわかりました。5:25きれいに着陸して飛行機のブレーキをかけて静止しました。

 次回は松山空港へ飛び、そこから高松空港へ行き、中国地方へ飛ぶ予定にしました。年内に沖縄まで行ければなーと考えてはいるのですが…。

■パソコンのスピーカーでFS98もすごい迫力!

 きょう、以前からほしいなーと思っていたCreative Labsの「Sound Works FPS2000」という5スピーカーのあるスピーカーシステムを買ってきて「Sound Blaster Live!」のボードに接続しました。接続が終わって慎重に音をだしてみたら、ものすごい音がでてきて(もう我が家のステレオ以上!)、思わず音楽CDを3枚も聴いてしまいました。サラウンド効果がきれいに効いていてもう快感です\(^o^)/。あまりの嬉しさに自宅で疲れて休んでいる友人の佐々木くんに電話をかけてしまいました。まさか、こんないい音がでるとは、思ってもいませんでした。

 これを使ってさっそくFS98を飛ばしてみたら、エンジン音や風の音などがもうリアルで、しかも重低音もしっかり足元から床を響かせ、もう涙がでるほどの音…。パソコンの音など出ればいいや、と少し前まで考えていた自分がウソのようです。このすばらしい音を堪能しながら飛行機を飛ばすと、もう気分は最高です。もし、PC音に興味のない方がおられたら、ぜひ試してみるといいですよ。とにかく音を聴いてみてください。もちろんCFSの音も実にリアルですごい音になりますから、今までのイメージが変わってしまいます。イヤー、参りました。

 Sunday, December 12, 1999 6:17:58 PM

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ TopPageへ