TopPage


日本縦断飛行(九州編4)
< 宮崎空港 → 鹿児島空港 >


もうすぐ鹿児島空港だ!桜島と錦江湾が目の前に見える。

■九州の旅も終わりに近づく

 宮崎空港で15分ほどの休憩をとったあと、再度滑走路までタキシングして飛行機を運びました。いよいよ九州の旅の最後になる鹿児島空港までの飛行のはじまりです。今回は桜島という大きな目印があるので、ナビは使わずに有視界飛行で飛ぶことにしました。天気は良好です。上空にも雲は少ないようでこれならゆっくりと最後の飛行を楽しむことができるでしょう。1/13(木)13:15宮崎空港を離陸しました。高度を5000フィートまであげてそこからは水平飛行に入りました。速度は160ktほど。しばらく西方向へ飛んでいるともう桜島がその存在を誇示するように錦江湾(鹿児島湾)上に大きくその山容を現しました。これなら、ナビは必要ありません。しばらくは桜島を目指して飛べばいいのです。「懐かしいなー」23年ほど前、屋久島の宮之浦岳を登りにゆくとき、寝台特急で横浜から終点西鹿児島に着いたのが24時間後の夕方6時ごろ。そのときちょうど「ドドーン」と音がしたので何かと思ったら、それが桜島の噴火の音でした。あまりのタイミングのよさに「こりゃ、祝砲だな。これでぼくらの登山もバッチリだ」などと調子に乗っていたら、そのあとに大騒動発生!(興味のあるかたはこちらを)。

 というようなわけで、鹿児島は思い出深い土地でもあります。思い出にひたっているうちにも飛行機はどんどん桜島に近づいていきます。目的地は桜島ではありません。鹿児島空港なのです。鹿児島空港は鹿児島市内から少し北に離れたところにあります。この天気なら目視でも十分に探し出すことができます。錦江湾から北上して市内を飛び越してゆくと小さな山の向こうに飛行場が見えてきました。まちがいありません、それが鹿児島空港です。高度は低くしてあるので、あとはギアとフラップを下げて着陸の態勢に入ります。

 滑走路がはっきりと見えてきて、九州最後の目的地ももうまもなくです。気をゆるめることなく、慎重に飛行機をコントロールしていきます。滑走路が大きくなり「キュルル」という音とともに着地した感触がジョイスティックに伝わってきました。スピードを落としながらそのまま滑走路からターミナルに向ってそのままタキシングして行きます。13:40飛行機停止。無事鹿児島まで飛んでくることができました。稚内を飛び立ってもう1年近くになろうとしています。「残るは、奄美・沖縄か…」としばらく感慨にふけりました。

■飛行時間は実際の時間と同じ?

 もうこの日本縦断飛行もかなりの長さになってきました。最初の頃はあまり飛行時間について正確に記録していなかったのですが、続けている間に「FS98で飛んでいる時間は、本物が飛んでいる時間と同じなのだろうか?」という疑問がときおり起こるようになってきました。今回の飛行時間は25分ほどですが、これは私の時計(いつも飛ぶときは腕からはずして、キーボードのそばにおいておく)で測ったものです。FSの時間スケールも1倍ですから、パソコンの時間設定がまちがっていないかぎりは、時計の時間と同じはずです。実際に飛んでいるときは、パソコンの前に同じ時間いることが多いです。もちろん、1時間ほどかかるときは、自動操縦にしている間はトイレに行ったりお茶を飲んだりなどしますが、記録しているのと同じ時間はパソコンに向っていることは事実です。ですから、この日本縦断飛行に要する時間も最終目的地の石垣島に着いた段階で出てくるでしょう。飛ぶだけでそれだけの時間がかかることになるわけです。

 そのあと、このように飛行のようすを簡単にレポートするのですが、これも1回分を仕上げるのにおおよそ40分ほどはかかります。大体パタンが決まっていますから、スナップを貼り付けたりとかの時間などはほとんどかかりません。レポートを書くのにやはり時間がかかります。このページを作るのには大体1時間ほどかけているというのが実態です。こんなレポートを読んでいる人もほとんどいないと思うのですが、何のためにやっているのかは自分でもよくわかりません。FSが大好きなのと日本をずーと飛んでみたいという思いと、あとは自己満足のためかなと思えます。私の日常生活でかなり時間をかけていることは確かです。おそらく、石垣島まで飛んでいったときに、おぼろげながらその意味も見えてくるのかなと今は考えています。

 日本縦断飛行も残すところ、奄美・沖縄編だけになってきました。いつ飛べるかわかりませんが、時間ができたら一気に飛んでゆきたいな、と思っています。コースはもう決めました。鹿児島→屋久島→奄美大島→那覇→石垣島です。これを順番に飛んでいこうと予定しています。目標達成まであとわずかです。

 2000/01/16 (日) 8:55:50 PM

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ TopPageへ