TopPage


19<Tennessee州(Nashvill)→Kentucky州(Frankfort)>


KentuckyへF/A-18Aホーネットで向う

F/A-18AホーネットでFrankfortを目指す。ぼくはこの飛行機がとても好きです。

■久しぶりに戦闘機で…

 FS2000で「アメリカ50州ー州都の旅」をはじめてから、ずーと民間機を利用して飛行を続けてきましたが、今回は本当に久しぶりにアメリカ海軍の「F/A-18Aホーネット」を操縦して州都間を飛んでみることにしました。

 2001/06/02(土)の15:40に離陸の準備を終え、テネシー州Nashvill Intl空港を飛び立ちました。民間機とちがって戦闘機は加速がすごいので、滑走路を少し助走しただけでアッという間に離陸です。しばらく手動での操縦をしてから自動操縦に切り替えました。飛行機はどんどん高度を上げて30000ftほどのところを速度400ktsで水平飛行に入りました。戦闘機ですから速度はもっとでるのですが、マッハを出すのは実際の飛行機の場合でもミサイルの追撃を避けるときとかの場合以外はそうはありません。これくらいの速度が安定して飛べるようです。

 目指すケンタッキー州といえば、何をさておいても「ケンタッキー・フライドキチン」ですね。最近はそれほど食べなくなりましたが、若い頃は好きでしたねえーf^^;)。あの独特のスパイスの匂いがしてくるとつい食べたくなってしまうんですね。キチンとコーラの組み合わせが何とも言えず好きでした。歳をとるにつれて、それほど食べたくなることも少なくなりましたが、それでもときどき近くの店に食べにゆくこともあります。アメリカを感じさせる不思議な食べ物ですね。

 飛行機は順調に飛行をつづけ、ルートでの最高点を過ぎると少しずつ高度を下げて行きました。下層の雲に近づいてきたときに撮ったスナップが上にあるものです。今回は途中のスナップを10枚も撮ってしまいましたが、載せるのは1枚だけ。結局、自分の一番好きな構図のものを載せることにしました。ぼくのパソコンのラックの上にはホーネットのプラモデルが飾ってあります。これを眺めながら飛ぶのは気分がいいですね。

 ケンタッキー州に入り州都Frankfortも近づいてきました。滑走路への進入は南西方向からですが、どうも滑走路の長さが短いようなので要注意です。着地したらすぐに逆噴射をかけて強引に止まるしかないでしょう。空港が見えてきて、短い滑走路が1本だけ確認できました。滑走路を正面にとらえたところで、自動操縦を手動に切り替え、少しずつ高度を下げていきます。16:20無事着陸。そのまま減速して滑走路の先端からターミナルう側路に入り、タキシングでターミナル近くの給油所まで移動して静止しました。

空港の給油所前で停止するホーネット

 こんな感じでいつも給油所まで行って飛行機を停止させるのです。

 次回からはまた民間機にもどって飛行をつづけたいとおもいます。

  2001/06/03 (日) 10:42:49

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ TopPageへ