TopPage


29<Missouri州(Jefferson City)→Arkansas州(Little Rock)>


アーカンソー州へ向けて右旋回中の三菱F-2A

アーカンソー州へ向けて飛行中の次期航空自衛隊戦闘機三菱F-2A

■昨日につづいて

 2001/07/08(日) 今朝も早くに目が覚めてしまい、1時間ほどウォーキングをしてきました。きょうは気温が少し下がったせいか比較的気持ちよく歩けました。夏山へ出発する7月下旬までこの早朝のウォーキングはつづきます。山ではどんなにトレーニングをしてもバテバテになることはわかっているのですが、基本的な鍛錬だけはしておかないとメンバーにも迷惑がかかるので、気負わずつづけています。

 昨日午後にイリノイ州からミズーリ州まで飛行をして、きょうは休もうかなとおもっていたのですが、歩きながら「山に行っている間は飛べないのだから飛べるうちにドンスカ飛んでおこう!」と考え直し、帰宅して朝食をすませ落ち着いたところで飛ぶ準備に入りました。きょうはミズーリ州のJefferson CityからArkansas州の州都Little Rockまでです。けっこう距離もあります。昨日F-14 Tomcatで飛んで気分もよかったせいか、きょうも戦闘機で飛んでみようと機体を探したら、インストールしてからほとんど飛んだことのない三菱のF-2Aがあったので、滑走路に引き出してみました。日本の方が作成された機体ですが、作者のお名前を忘れてしまったので、後日報告ということで、この機体を使わせていただくことにしました(小寺和人氏でした)。素晴らしい出来栄えですよね。この飛行機は航空自衛隊の次期戦闘機に決まったもので、一応三菱製となっていますが、見ておわかりのようにF-16の焼き直しですね。あの名機ゼロ戦を作った会社が今はアメリカ製の飛行機のライセンス生産をしているとおもうとちとかなしいです。実物のF-16は厚木飛行場でデモ飛行を見たことがありいい飛行機だと感じました。

 さて、準備のととのった8:35にスロットルを全開にして加速開始。すごい加速であっという間に離陸。ギアを上げてフラップをもどすとすぐに自動操縦に切り替えます。これだけの距離になるとFS2000についているGPSなどを使っても目的地に飛ぶのは至難の業です。こういうこともあるだろうとFSNavigatorに十分に慣れておいて本当によかったとつくづくおもいます。とくに外国を飛ぶときにはNaviの使いやすさは大切です。国内の飛行でしたら、Naviはそれほど必要でもなくおおよその地形を目視で見ながらでも飛行はできますが、外国ではまず飛べないでしょう。それに、この州都の旅のようにマイナーな飛行場となるとふつうのNaviではまず使えません。FSNavigatorも今ではシェアウェアのソフトになってしまいましたが、まだフリーのソフトのときにダウンロードして使い始めていて今ではとても助かったとおもっています(これは宣伝ではありませんからあしからず)。ちなみに現在この飛行で使っているFSNavigator4.3はちゃんと$30を支払って使っているものです。

 高度は32000ftまで上がったところで速度470ktsで飛んでいます。上のスナップは上昇途中で右旋回をしているときのものです。高度は25000ftくらいだとおもいます。「Shift+Z」と2つのキーを押すと、飛行機の現在地や高度、速度、フレームレートなどがトグルで表示されますから、とても参考になります。この飛行では、コックピット表示でのフレームレートは「80以上」も出ています。機外視点では25〜30くらいですから、とくにカクカクするスワップ現象はでていません。シナリー類を入れれば景色も精細になるのでしょうが、もう十分に懲りているので、これでまずまずだとおもってます(どこからか「現状で満足してはだめだ!」の声が聞こえそうですが…)。

 途中でコーヒーを飲みに1階の今まで行ってきました。なにせきょうのコースは長いのです。パソコンの前の椅子に腰かけているとときどき腰が痛むので、休養も必要です。戻ってきてはF9キーを押してマップ上の飛行機の位置を確認しています。細かなメモはA4サイズのクリップボードの紙に書いています。今までの飛行のようすがメモ書きで残してあります。こうして飛行記録をHP上に載せてしまうとほとんど読み返しはしていません。州都の旅が終わってからゆっくり読み返そうとおもっています。書いたまま載せているため、誤字・脱字・いい間違いなどいろいろあるだろうとおもっていますが、ご指摘いただければ修正しますので、よろしくお願いします。

 そうこうしているうちに、飛行機は目的地に近づいてきて高度も3000ftに下がってきました。目視でも飛行場が確認できたところで、自動操縦を解除してギア・フラップを落として着陸の態勢に入ります。「やけに短い滑走路だな!」とあきれながらも、「成功させよう」と操縦桿をにぎり直します。滑走路を正面に捉えるとあとは静かに降下してゆきます。速度は落としすぎないようにします。失速してしまうからです。滑走路が近づいてきて軽いショック。滑走路をはずれないようにブレーキをかけて、ようやく停止。9:35ちょうどでした。1時間のフライトでした。道理で長いわけです。着陸した空港はLittle Rock Adams空港というところです。短い滑走路が2本ありました。

 2001/07/08 (日) 11:06:44

■前回の「飛行機に魅せられて」について

 5、6年前に書いたと記憶している文章が書きっぱなしのまま残っていたので、少し追加して載せてみました。私たちの世代では「パイロットにあこがれる」というよくあるパタンでしたが、現実はおもったようにはゆくはずもなく自分で読んでもやけに感傷的な文章だな…と躊躇しましたが、この際だからと無理やり載せてしまいました。誰彼に影響のあるものでもなく、自分に宛てた手紙みたいなものですから…などと言い訳をいいつつこれを書いています。あの田舎にいた時代はもう2度と返ってこないし、それはそれでいい思い出だとおもっています。

 故郷「会津」については、もう30年も離れているわけで、もう戻って住みたいとおもう場所ではなくなってしまったというのが現在の気持ちです。同郷の家内とも話すのですが、2人とも「寒いところは嫌だ!神奈川が一番住みやすい」という意見で一致しています。空気がどうのとか、自然がどうのとか、田舎がいいみたいに言う人も多いですが、私は素直に都会が好きです。東京はちと…とおもいますが、神奈川くらいなら天候的にも日本で最高だとおもっています。何といっても冬に太陽がサンサンというのは、もう感激です。私は神奈川の中でも横浜が大好きなので「横浜で飲み会」というとホイホイ出かけていきます。もちろん、関東に大地震がきても、そのあとにしぶとく住みつづけようとおもっています。山の仲間からは「やれ大分に」とか「湯布院もいいぞ」とか「伊豆が最高でしょう」などといろいろ言われますが、私に迷いはありません。横浜で決まりです。

■「アメリカ50州ー州都」の地図をアップしました

 またしても「盗作!」。この「アメリカ50州ー州都の旅」を読んで頂いている方がた(ま、少数でしょうが)は、一体アメリカのどの辺を飛んでいるのかわからんじゃないか!と怒っているのではないでしょう?そこで、いつも50州の情報を参考にさせていただいている「http://www.50states.com/」さんからまったくの無断で地図を頂戴してまいりました。「アメリカ50州ー州都の旅インデックス」に載せておきましたので、参考にして頂ければとおもいます。

 長旅もいよいよ後半へ。今までがのんびりしすぎていたのかわかりませんが、現在少しペースを上げています。急いでいるわけではないのですが、他のページ作りがさっぱりできないので、困っているからです。多才な人を本当にうらやましくおもっている昨今です。

 2001/07/08 (日) 11:50:30

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ TopPageへ