TopPage


39<Wyoming州(Cheyenne)→Colorado州(Denver)>


フロント山脈の下にあるデンバー向けて下降するMU-2

フロノー山脈をバックに州都デンバー向けて下降をする三菱MU-2。

■山の近くを飛ぶといい気分だな〜

 同じ日に2回も飛ぶのもどうかな…?とおもいつつ、外の天気は?と見れば、曇り空でうっとうしい。それじゃ、もう少し飛んでみようと、まったく説明にもならない衝動で次の州へと飛んでみることにしました。

 2001/08/05(日)15:05、ワイオミング州Cheyenne空港を離陸しました。使う機体は前回に話題にした三菱重工のターボプロップ双発プロペラ機「MU-2」です。このビジネス機はけっこう人気があり、世界で800機前後使われているそうです。この機体をもとにエンジンをジェットエンジンにしたのが「MU-300」で、それをベースにBeechjet 400Aが作られているのではというのが前回疑問を呈した点でした。「MU-2」と「MU-300」は姉妹機にあたるのです。

 今回のフライトは距離も短いため、あえてこの三菱の「MU-2」を使ってみることにしました。実はこの機体はflightsim.comからダウンロードしたばかりで、自動操縦が効くのかどうかも確認せずに飛び立ってしまいました。さらにナビの設定もきちんとしなかったため、大失敗をしてしまいました。「Z」キーを押して自動操縦に切り替えても一向に進行方向が変わらないので「あれ?」とおもっていたら、なんと自動操縦を可能にする設定キーを押すのを忘れていたのです。あわてても仕方がないので、飛びながら再度設定をして自動操縦に切り替えました。しかし、どうにも飛行機の動きが不安定でいまいちしっくりしません。いちおう墜落もしないで飛んでいるので「これでよし」とし、あとは右手に見える山々を見ながらののんびり飛行と決め込みました。

 高度は20000ftくらいまで上がり、速度は260ktsほどです。めざすはコロラド州Denverです。この空港も5480ftという高地にあります。しばらくはのんびり飛んでいたのですが、方向はともかくいつになっても高度が下がりません。ナビのマップ上ではもうDenver空港が近づいてきます。おかしいので、エンジンのスロットルを下げてみましたら、高度が下がりはじめました。つまり、この機体は自動操縦で通常自動的におこなうスロットルの調整が効いていないのです。それではと、すぐに手動(マニュアル)に切り替えました。空港の位置はマップとGPSですぐにわかるので問題はありません。空港が近づいてきて、ギア・フラップを降ろし、着陸態勢に入ります。空港は大きくて滑走路は5本ほど見えます。その中の正面に見える滑走路に着陸することにしました。高度を下げてゆきトリムで微調整します。滑走路が間近にせまり、機首を少し上げて静かに着地。しばらく滑走して停止。15:35無事着陸成功。今回はグッと短時間で30分のフライトでした。毎回これくらいだと疲れなくていいのですが、まだ先には大物が控えています。心して飛ぼうと気をひきしめました。

 そうそう、忘れるところでした。このDenverの近くにはエルバート山(4398m)いう有名な山があります。登ってみたいなー、でもその前にこの体重を何とかしないと…(?_?)

■FSとCFS1&2とのただならぬ関係?

 先月7/9以来、CFS(1&2)をやっていません。というのも、この「アメリカ50州」を時間の取れるうちに何とかゴールにもってゆきたいとかんがえたため、自然にやらなくなってしまったのです。そこで、昨日ひさしぶりにCFS2をやってみたら…驚きました!エース級の相手でも遜色なく戦え、さらには10機、20機くらいは撃墜できた腕前がまったく衰えており、1機を撃墜すると後に疲れた敵機に今度は簡単に打ち落とされてしまったのです。1ヶ月前にはこんなことはなかったのに??。平和なFS2000の世界を飛びつづけているうちに私の戦闘能力は落ちてしまっていたのです。

 よく戦闘機乗りが「3日も訓練しないと使い物にならない」といわれますが、ゲームとはいえまさしくこれと同じようなことがわが身にふりかかってきたのです。何度か練習したのですが、以前の勘の冴えはもどってきませんでした。やはり、半年間もほとんど毎日訓練していたのが効いていたのです。ちょっと油断をして訓練を怠っていたら、この体たらくです。FS2000でも飛びたいし、CFSでも戦いたい。でも、不思議なことに、私の場合、両方を同じようにはできないのです。自分でもわからないのですが、どうも集中力のレベルがちがうようなのです。CFSをすると、相当な集中力を必要とします。そうでなければ、すぐに撃墜されます。FSの世界では墜落はあっても、撃墜はありません。おそらく、こういうことは現実の民間パイロットと戦闘機パイロットの間にもあるようにおもえます。どちらがいいとかの問題ではなく、どういう目的で飛ぶかによってパイロットに求められる集中力のレベルに差があるのでは?とかんがえています。

 あとしばらくはFS2000の世界に取り組む予定なので、CFSはもう少しお休みです。「アメリカ50州…」が終わったとき、果たして私はCFSのあの戦闘シーンについてゆけるだろうか?心配です(ちょっと大げさかな?)。

 2001/08/06 (月) 12:16:04

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ アメリカ・インデックスへ ■ TopPageへ