TopPage


5<RordIsland州(Providence)→Connecticut州(Hartford)>


空港はすぐそこだ!頑張れBaron。

迷いながらもようやくHartford空港が見えてきた。あとは着陸だ!

■ロードアイランド州都からコネティカット州都(ハートフォード)へ

 アメリカ50州の中でもっとも小さな州ロードアイランドから、すぐお隣にあるコネティカット州の州都ハートフォードを目指すことにした。これから州の大きさもどんどん大きくなるので、今の内は双発プロペラ機Baronでのんびり飛んでいる。もう次回からは、小型ジェットのCitationに乗るしかない。50州の旅はまだアメリカ東部の州をうろうろしているだけで、まだ広大なアメリカ国土を飛んでいる気分はおきてこない。アメリカ50州については、ぼくはこの旅を計画するまであまりに無知すぎた。本を読んだり、地図を見たりして、さらにFS2000で飛びながら並行して学んでいるような状態である。ある本でアメリカ50州のことを調べることのできるサイトを知ったので、今度あたらしく「アメリカ50州→調べてみる?」ボタンを作ってみた。各州がすごい量の情報を流している(英語ですから、読める人はどーぞ)のがわかります。ぼくの目的は「飛ぶ」ことなので、そちらはおまかせします。サイトが開いたら、州のフォルダをクリックするとそれぞれの州のトップページにアクセスできます。楽しんでみてください。

 さて、肝心の飛行のほう。8/2の9:45ロードアイランド州のプロビデンスの空港より離陸しました。5度方向(北向きを0度として時計右回り方角へ5度の角度)へ離陸したので、すぐに左旋回して西方向へ。高度を4200フィートに上げ、速度155ktで自動操縦に切り替えました。予定では20分ほどの飛行です。今度の目的地コネティカット州のハートフォードは、地図では州のほぼ中央にある。その辺は適当に飛んでゆく。飛行とは関係ないけど、コネティカット州というのは、平均所得が全米一ということで、「金持ちな州」と本に書いてあった。軍需産業と教育に力を入れており、ニューヘブンというところには、有名な「エール大学」がある。…と本で読んで知ったことを書いてみたが、そんなことは飛行機で飛んでいてわかるわけはない。とにかくこのアメリカ東部は目印になるような山も建物もないため、正直なところGPSがないとどこも同じような光景にしか見えない。気がつくことは、あちこちに小さな飛行場があることだ。目的にしているハートフォードの空港(これだって本当は自信がないのだが)と間違えそうになるので、GPSとアメリカ合衆国地図を見合わせながらの飛行である。タオルで汗をふきながら、モニター上で飛行場をチェックしながら飛ぶ。ハートフォードの空港へ30NMの範囲にはいると、自動操縦を解除して手動の操縦に切り替える。今度は操縦桿を握りながらの飛行だ。

 空港が近づいてきたので、前方を確認するが、「空港がない!」。「あれ?」とおもい、GPSを確認すると、何と電波標識にあたるVORと空港を間違えていたのだ。焦った。しかし、高度は十分に落としてあったので、急いで空港の方角へ右旋回。しかし、空港の滑走路がその方角に延びているかは定かではない。少しゆくと、空港が川沿いに見えて、幸運なことに滑走路にそのまま進入できる角度だ。「よーし、かならず1発で決めてやる!」と気合が入る。ギアとフラップを落とし、着陸の態勢へ。より近づいて滑走路を確認すると長さは十分のようだ。スロットルをしぼりながら、高度を落としてゆく。滑走路が大きくなり、センターラインがモニターの奥に延びている。機首を少し上げ、気持ちよくランディング。ブレーキをかけながら、滑走路の途中からターミナルビルのほうへタキシングしてゆく。10:05停止。予定通り20分のフライトでハートフォードに無事着けた。ホッと一息。

 2000/08/08 (火) 9:33:15 AM

■ indexへ ■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ TopPageへ