TopPage


8<Pennsylvania州(Harrisburg)→New Jersey州(Trenton)>


ペンシルバニア州よりニュージャージー州へ向う

夕暮れ時のフライトで気持ちはあせる。10000ftでようやく雲の上へ。

■ようやくニュージャージー州へ

 もう11月も中旬になってしまっているのに「アメリカ50州ー州都の旅」のほうは、なかなか思うように飛行が進んでおらず、まことに焦っております。実時間で飛んでいるのと、FS2000は自宅のマシンにしか入っていないため、職場で休憩時間に飛ぶということもままならず、時間が取れないというのが実情です。まあ、「根性が入ってない!」といえば、その通りなのですが…f^^;)。

 ひと月近くも前の10月15日(日)夕方の16:25に準備を終えて、ペンシルバニア州ハリスバーグの空港を離陸しました。FS2000の中の時間もそれに近かったせいか、夕暮れ時の飛行になりました。このときは、離陸をしてはじめて「どうも景色がくらいなー」と感じたのですが、そのまま飛ぶことにしました。8000ft近くにかなり雲が多いので、この雲を抜けたところで水平飛行に入ることにしました。ハリスバーグからお隣のニュージャージー州の州都トレントンまではそれほど距離がないため、飛び慣れた「Baron」で飛ぶことにしました。速度は150ktほどで、このペースで行けば、約30分くらいで目的地まで飛ぶことができそうです。

 飛行はちょうどハリスバーグから真東に向います。まっすぐに飛ぶとトレントンがあるので、今回は飛びやすいコースです。ニュージャージー州の州都トレントンはペンシルバニア州の東端にある大都市フィラデルフィアのすぐ北東にあります(地図ではそうなっている)。この一帯はニューヨークのすぐ近くでもあり、都市化されたところのようですが、FS2000ではそこまではわかりません。ぼくがニュージャージー州で知っているのは、この州にプリンストン大学があり、その大学町にはあの有名な物理学者アインシュタインが研究をしていたプリンストン高等研究所があることくらいです。おそらく静かでいいところなのでしょう。いずれは現地に行ってみたいと考えています。

 飛行をはじめて25分ほどたったころ、目指すトレントンが近づいてきました。スロットルをしぼり高度を下げていきます。トレントンの空港はすぐに見つけられたので、あとは慌てずに無事着陸するだけです。もう周囲は夕焼けになっており、日が暮れようとしています。滑走路の表示灯もきれいに見えるので、高度さえ気をつければ着地は大丈夫でしょう。滑走路が正面にまっすぐ見えてきて、高度もどんどん下がってきました。ギアを降ろし、着陸の態勢に入ります。ググーと滑走路が広がってきます。機首を少しあげてススーと着地。無事着陸です。しばらく滑走をしながら減速して、滑走路の途中からターミナルのあるほうへタキシングで移動しました。給油所のあるところまで移動してそこで、静止。ちょうど17:05でした。周囲は夕焼けで黄金色に輝いていてとてもきれいでした。夕暮れ時の飛行もなかなかいいなーと感じた飛行でした。

 2000/11/12 (日) 6:00:16 PM

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ TopPageへ