TopPage


9<New Jersey州(Trenton)→Delaware州(Dover)>


もうすぐ目指すDoverだ!

前方に見えるデラウェア湾の向こうに目指すDoverがある

■飛んだのはだいぶ前だけれど…

 もうこの飛行をして15日も経ってしまいました。この間、忘年会や成績処理・会議などに追われ、家に帰ると寝るだけの生活が続いており、飛行日記も更新できないまま時が過ぎてしまいました。「師走」とはよく言ったもので、本当に職場の中で走りまわっていたのです。もう冬休みには入っているのですが、明日はまた「日直」の仕事で1日職場に張り付かねばなりません。1日ボーっと職員室で過ごすのも気が重いです。この時期になると、もう学校などへお客さんがくることもないのですが、当番ではグチを言っても仕方ありませんね。

 さて、飛行の話。12月10日(日)の午後、「そろそろ飛んでおかないと、年が越してしまうぞ」という内面からの焦りもあって隣の州まで飛んでみることにしました。15:40にNew Jersey州都トレントンの空港をBaronで離陸しました。地図での直線距離から時間はおよそ30分前後と予想しました。目指すはお隣Delaware州の州都ドーバーです。大きく入りこんだデラウェア湾の近くに州都ドーバーはあります。5000ftの辺りに雲が垂れ込めているので、そのすぐ下の4700ftで高度を保持して雲の下を飛ぶことにしました。速度はおよそ170ktです。GPSで空港は確認できるので、周りの景色を眺めながらのんびりと飛んで行きました。前方にデラウェア湾が見えると、その向こうには目指す空港があるはずです。注意深く前方をみていると、見えてきました。高度は高くないので、ゆっくり下降してゆけば、静かに着陸できるでしょう。空港の滑走路は短いようなので、十分に速度は落としておく必要があります。

 空港が近づいてきたので、いつものようにギアとフラップを下げて、滑走路を真正面に見る位置に飛行機を少しずつコントロールします。速度も少しずつ落として失速しないようにします。滑走路が近づいてきて、まもなく着地。軽くバウンドして無事着地。そのままスピードを落としながら滑走をつづけ、そのまま滑走路の途中からタキシングで空港ターミナルの脇にある給油所のところまでゆき、そこで停止。16:12無事ドーバーへ。ホッと一息。

■勘違いメールがこのところ来ます。

 「アメリカ50ー州都の旅」などというまぎらわしい名称がいけなかったのか、ときどき「勘違いメール」が届くようになりました。どうやって検索して見つけるのかは私にはわかりませんが、このところメールが来ます。それも内容はほぼ似ていて「アメリカ50州を飛行機で旅するなんてすごいですね…」というような感想です。よく読んでみると、どうも私が実際にアメリカ50州を飛行していると勘違いしているのが、文章の内容からわかります。FSになじんでいる人には不思議でもなんでもないのでしょうが、FSについて全く認識のない人にFSの内容を伝え、そのソフトを使ってバーチャル的にアメリカを飛行していることを説明するのはけっこうシンドイものです。でも、親切にもメールを頂いた方にはていねいに返信メールをだすようにしています。

 それにしても、私がそういうときにいつも感心するのは、検索を使ってよくもまあ私のようなマイナーなHPを見つけて見にきてくれたことです。自分ならまずやらないであろうことを、平気でやる人がかなりいるのですね。私がインターネットを利用する時間はメールの送受信と決まったHPを見るのと、FS関係のソフトのダウンロードくらいですからたかが知れています。ちょこっと接続して用が済んだらすぐに切ってしまいます。これでは、インターネットの本当の楽しみはいつまでもわからないのかも知れませんが、私にはFSを飛ばすことや読書をすることなどのほうに時間を使いたいと考えているため、ネットサーフィンはほとんど興味がありません。自分のHPも更新したときにうまく表示されるかチェックするために覗くくらいです。先日も「5555」番目の訪問者の方からその画面のハードコピーが添えられたメールを頂くまで、そんな人数になっていることは知りませんでした。その方は「ぞろ目」ということで、記念にとメールを下さったのです。これはとても嬉しいメールでした。このページができて、アップしたときにどんな人数になっているのか楽しみです。

 2000/12/25 (月) 5:47:16 PM

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ TopPageへ